+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

商社年収を詳しく解説

商社の年収や給料に興味がある方のための役立つ情報を紹介

商社の画像

商社の上位10位の平均年収は1,137万円!

商社、上位10位の平均年収は1,137万円となっており、生涯推定年収は5億円近く、更に年収の推移も上昇傾向にある企業も多いとされています。
また、業界全体の平均年収も1000万円以上となっており、その年収の高さから、業界としても人気があります。
商社が年収1000万円以上稼げる理由は、
・活動の舞台がグローバルのため、取引が国内、国外への輸出・輸入など世界を舞台にできる。
・メーカーと小売・流通業をつなぐ中間的な役割をしている。
・経営規模が極めて大きい

など、大きな金額が動く理由から収益も相当高いものとなっているためです。

商社の年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 598万円~648万円 41万円 162万円
25~29歳 757万円~807万円 50万円 202万円
30~34歳 787万円~887万円 55万円 222万円
35~39歳 908万円~1,012万円 63万円 253万円
40~44歳 1,016万円~1,137万円 71万円 284万円
45~49歳 1,151万円~1,273万円 80万円 318万円
50~54歳 1,254万円~1,364万円 85万円 341万円
55~59歳 1,243万円~1,353万円 85万円 338万円
60~65歳 821万円~921万円 58万円 230万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

商社の主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職 年収 月額給与 ボーナス
主任 976万円 61万円 244万円
係長 1,214万円 76万円 304万円
課長 1,605万円 100万円 401万円
部長 1,774万円 111万円 443万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査の比率から独自で算出した結果になっております。

商社の総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 1,592万円 99万円 398万円
技術職 1,114万円 70万円 279万円
一般職 1,137万円 71万円 284万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

商社の大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 1,706万円
短大卒 1,283万円
高卒 1,092万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

30歳40歳の時ってだいたいどのくらいの年収が商社マンだともらえそうなの?

商社マンといえば高給取りというイメージがありますが、実際そのとおりだそうです。
伊藤忠商事の場合、やっと一人前になった30代の平均年収は1100万円。
一番脂の乗った40代ではなんと1500万円も得ることができるそうです。

商社の業種別年収

商社は様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

総合商社:1350万円
専門商社:590万円
独立系の専門商社:580万円
地域商社:570万円


商社にも三菱商事・伊藤忠商事・丸紅・三井物産・住友商事・豊田通商・双日の7社を総合商社と呼び、特定の商材を取り扱う専門商社と独立系の専門商社に、国分北海道・住友商事九州・双日九州の地域商社に区分されます。
総合商社の平均年収は伊藤忠商事、三菱商事は1000万円を超えていて、同じ商社でも総合商社であれば20代で年収500万円から800万円で、30代で年収1000万円に届くのが普通です。
それに対して専門商社の平均年収は592万円と総合商社のおよそ半分と、年収にかなりの格差があることが分かります。

商社マンの仕事内容ってどんなことをするの?

商社という業種ですが、具体的に行っていることは、商品を流通させるという業務です。
ある国で流行っている商品を、日本で販売するという契約を結び、それを実際に日本で販売する会社と契約を結び、そのマージンをとって利益を創出しているのだそうです。
実際にものを売っているわけではなく、その仲介をしてあげることが商社の独特な業態なのです。
その取り扱いする商品の種類は非常に多種多様で、昔はラーメンからミサイルまで取り扱うという冗談めいた言葉が語られていましたが、実際に取り扱っていた範疇であったのですから驚きです。
ちなみに、商社という業種は、日本特有のものであるといい、海外では類を見られないのだそうです。

商社の有名企業を年収ランキングを比較してみました!

有名企業の商社を年収で比較してみると、ランキングは以下のようになっていました。

1位 三菱商事
2位 三井物産
3位 住友商事
4位 伊藤忠商事
5位 丸紅
6位 双日
7位 豊田通商
8位 バイタルケーエスケー・ホールディングス
9位 OUGホールディングス
10位 三洋貿易
比較してみると、
三菱商事は資源・エネルギー分野に重点をおいた投資を大幅に拡大しています。
住友商事は食品流通へ重点を置く。
豊田通商は、金属・機械・自動車事業に、エレクトロニクスと化学品事業を参入し自動車関連へ重点を置く。
それぞれ商社によって、戦略が違いますが、年収は相当高いです。

商社の激務度を解説!

商社の激務度を口コミから取り上げてみると部署によってかなり差があるようです。
トレードや管理を行う事業部ではそんなに残業になることもないようです。
もっとも忙しいときの残業時間でも約200時間という口コミもありました。
タイミングや繁忙期などが一緒になると、相当残業をする傾向があるという口コミもありました。
商社の性質から販売成績の良し悪しが好循環や悪循環を分けるためずっと前進する必要があり、沢山の仕事を常に持ち続ける必要があるということもあります。
特に若手は仕事になれないなどで残業が多くなることがあるようですが、中堅やベテランクラスになると、仕事の効率化をはかり激務とはいえない仕事のさばき方を覚えるようです。

商社マンになるには?どんな性格の人が向いてる?

一般的に商社といって想像されるのは総合商社ではないでしょうか。
日本には5大商社と呼ばれる巨大な企業が存在し、それぞれは三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅と認識されています。
そんな商社マンになるためには、言わずもがな商社に入社しなければなりません。
しかし、先ほど挙げた5大商社というものは、日本の流通の中枢を担う、トップレベルの企業ですから、早々入社できるものではありません。
ただし、日本には先ほど上げた総合商社だけではなく、専門商社というものも存在するのです。
専門商社は、それぞれ専門に特化した商社であるため、先ほどの総合商社に比べれば規模は小さいものの、その特化した一点だけを見れば総合商社にも勝るほどの利益を創出している会社もあるといいます。
もし、総合商社の面接を受けて、すべて落ちてしまったとしても、商社マンになる夢はあきらめてはいけません。
また、商社というものはきわめて激務であることで知られています。
当然商社マンになるからには、それらの労働に耐えうるだけの前向きさをもっていなければならず、海外転勤も日常茶飯事であるため、環境の移り変わりにすぐ適応することのできる性格の持ち主が有利であるといえます。

商社で働くには英語は必要なの?

大手の商社では、十分な英語能力が求められる事が多く、TOEICでは750点(ネイティブとしての能力)以上を目指す企業がほとんどだといわれています。
また、会話力の面ではTOEFLも評価の対象とされており、全般的な英語力が必要となってくるようです。

受験資格・難易度・過去問例

応募資格は、各商社の募集要項によりけりで、中途新卒どちらも採用活動をしている場合もあれば、中途のみの募集であることもあり、その状況がどうなっているかは、具体的に求人票を見なければわかりません。
しかし、大手になればなるほど、新卒採用を行っている可能性が高く、募集人数も多くなっていくことでしょう。

また、それらの企業は常にいずれかの部署で中途募集を行っているというケースが多いので、もし入社を希望している会社があるのであれば、今すぐにでも企業サイトをチェックするべきでしょう。
入社に関する難易度ですが、これも一概に言えるものではありません。
しかし、通常の会社よりもコミュニケーション能力は要求されるため、面接ではうまい対応をしていく必要があるでしょう。
また、海外勤務も多いため、英語はもとより、その他の言語をしゃべることができるのであれば、アドバンテージとなるはずです。

商社の年収の本音

商社の口コミ年収を紹介します

30代 経理

年収960万円
報酬には満足しています。残業管理の精度もしっかりしていて、残業代もしっかりと出ます。また、ボーナスは年二回、夏のボーナスが多くもらえます。

30代 海外営業

年収1500万円
基本としては年功序列なので、一般職なら誰でも年収1,300万円程にはなる。ただ、定年が速く、50代以降は居場所がないといった感じになる。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る