+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

10代の平均年収

10代の平均年収

10代の平均年収:160万円~

10代のサラリーマンと言えば就職1年目の人がほとんどですね。
高校を卒業して18~19歳の人がだいたいこのあたりに該当するのではないでしょうか。
高校にいかず就職をする方もいらっしゃいます。
この年代の平均年収は初任給の指標でもあります。
10代というとお給料はあまり高いイメージはありません。
日本は現在も多くの企業が年功序列制とはいえ、給与のみですべてをカバーするのは難しく、多くの場合不足分をローンで工面することになります。
18歳だと平均年収は160万程度
男女でも20万ほどの差があるようです。
19歳だと男性では平均年収が180万ぐらい。
女性では140万ぐらいとなっております。
平均年収なのでアルバイトをしてる方だと年収90万と半額の人もいれば、ちょっと高い仕事をすれば300万などもいるようです。

大学生のアルバイトの平均年収

東京都内で考えれば平均時給が1000円ぐらいとなります。
多く働けば15~20万ほどの月収を手に入れることができますが学業もあるのでだいたいアルバイトをして10万前後ぐらいではないでしょうか。
業種はサービス業等の居酒屋やレストランなどが多いようです。

10代で年収1000万円いってる人って存在するの?

嘘みたいな話ですが日本では存在していなくて、アメリカには事実として18歳で若手起業家として活躍し、その後も継続して収益を上げる人が過去にいます。
2012年の時点で18歳ですから現在は20代です。
それでもかなりの年収を稼ぎだしています。
AlexManginiという少年ですがフリーのブログシステム用のフレームワークを使用して、WEB開発で様々な分野に進出。
インターネットビジネスとしては、開発領域で大きな成果を上げ、現在に至っています。
最初は、フリーランスで、Wordpress用のテンプレートや、プログラムを書いてそれを売ってアルバイトのようなものをしていました。
その収入を減らす代わりに、今度はWordpress様に、フォーラムを通じて自分のサイトテーマを売り込み、それが最初の年は月5万円だったのが、月40万円の収益を得られそれが上って最終的に年収1,000万円になったというわけですね。

ちなみに、日本では僅か7歳の少女が、LINE用スタンプを自筆で書き母親がそれを画像ソフトで加工し実際にネットで販売して月に10数万くらいになった例があります。
1,000万円とまではいきませんが、10歳未満で月に10万円以上というのは、非常に驚きですよね。

10代で結婚するなら年収はどのくらいあればいい?

世間では「年収600万円以上」というのがひとつの目安になっています。【40代50代になったときのおよその目安年収】
これは、結婚してお子さんの学費(大学卒業)の総額が約1,300万円以上は必要といった予測から来ています。

10代での就職は、中卒では土木作業・職人が多いようです。
給与でいえば12万円以下です。
20代で結婚するときの最低年収は270万円と言われています。
18歳の平均年収は約160万円~180万円ですので、月8万円以上(8×12=96万)の仕事以外のアルバイトが必要になります。
計算:180万円+96万=276万円

ただ、地方自治には助成金や補助金支給がありますから、月額1万程度は毎月あるので、年間ではアルバイトは5万円ぐらいでもいいかもしれません。
しかし10代で結婚するのは非常に大きなメリットがあります。
・働き盛りの収入が増える40代の時に子供を大学卒業まで出してやれるので収入的にも比較的楽になるかもしれません。
・老後の蓄えに、子育てが終わっても20年はそのまま働けるので貯金も多くなるといった傾向があるそうです。
短く高収入か、長期に渡って貯蓄期間を確保できるかの違いですね。
逆にデメリットもあります。
・10代での結婚は離婚率が高い
勢いで結婚することや授かり婚などが多い、またまだ10代というと若いです。大人と比べても考え方も違います。
そのため離婚率は高いという結果も出てます。
メリットとデメリット、年収を考えて結婚を考える必要がありますね。

▲このページのトップへ戻る