+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

にじさんじで話題のANYCOLORの年収

ANYCOLORの年収まとめ

平均年収 年収457万円
所属VTUBERの年収(推定) 200~3000万円(所属vtuber104人の売上から算出)
社長の年収 3000万円~
チャット左画像

アイミ

最近上場を果たしたanycolor にじさんじでもかなり有名な企業となりました。
チャット左画像

ミナミ

時価総額は200億を超えるグロース市場での化け物とまで言われてますね。上場後も連日ストップ高をつけてる人気銘柄。
チャット右画像

マリン

そんなにじさんじのanycolorは社員やvtuberはどのくらいの年収なのか徹底解説します

ANYCOLORの平均年収

ANYCOLOR株式会社は2022年6月8日にグロース市場に上場を果たしています。
2022年4月28日に提出された同社の有価証券報告書によれば、2022年3月31日時点の平均給与は年間457万円です。
同時点で216人の従業員が在籍しており、パートやアルバイトなどの臨時雇用者は25人です。
社員の平均年齢は30.2歳で、平均の勤続年数は1. 6年となっています。

ANYCOLORとは?どんな事業をやってる?

ANYCOLORの主力事業は「にじさんじ」と呼ばれるプロジェクトです。
「にじさんじ」とは、ANYCOLORが運営するVTuberグループ(バーチャルライバーグループ)を指します。
VTuberとは、2Dや3Dのキャラクターをアバターとして使用して、活動するバーチャル世界のYouTuberです。
ライブ配信を通じて、ファンの方と双方向のコミュニケーションを取って、ファンコミュニティを形成しています。また、VTuberによるイベントの開催や商品の販売なども行っています。
ANYCOLORは以下の4つの事業領域を持っています。
①ライブストリーミング領域(2022年4月期第3四半期売上高:22億2,660万円)
Tuberグループ「にじさんじ」の運営を中心に、VTuberとファンの双方向のコミュニケーションを実現
収益は主に。GoogleAdSense収益、SuperChat収益、そしてYouTubeメンバーシップ収益

②コマース(コンテンツ)領域(2022年4月期第3四半期売上高:47億8,973万円)
オリジナルのグッズやVTuberの音声を録音したデジタル商品を販売

③コマース(イベント)領域(2022年4月期第3四半期売上高:7億3,322万円)
VTuberが出演する、音楽祭などのイベント
収益は主にチケット収入とVTuberが制作した楽曲の販売収入

④プロモーション領域(2022年4月期第3四半期売上高:18億3,547万円)
タイアップ広告(顧客企業の商品やサービスを動画等によりVTuberがプロモーション)
IPライセンス(VTuberに関するIPを顧客企業の商品やサービスに使用許諾を行う)
メディア出演(VTuberがテレビ、ラジオ、雑誌、インターネット配信その他の顧客企業のメディアに出演する)

所属VTuberの推定年収

ANYCOLOR株式会社に所属するVTuberの年収を推定してみましょう。
ANYCOLOR株式会社は所属するVTuberが配信する動画の総再生回数を公表しています。
2022年6月14日時点の上位5人の総再生回数は以下のとおりです。

葛葉 Kuzuha Channel…474,459,498回
にじさんじ公式 にじさんじ…458,046,212回
叶(かなえ) Kanae Channel…322,245,045回
月ノ美兎 月ノ美兎…225,700,055回
本間ひまわり 本間ひまわり…196,445,99 回

1動画再生あたり0.1円の広告収入が得られると仮定して、収入を計算してみましょう。

葛葉 Kuzuha Channel…4,744万円÷Vtuber歴4年=1,186万円
にじさんじ公式 にじさんじ…4,580万円÷Vtuber歴不明=不明
叶(かなえ) Kanae Channel…3,222万円÷Vtuber歴4年=805万円
月ノ美兎 月ノ美兎…2,257万円÷Vtuber歴不明=不明
本間ひまわり 本間ひまわり…1,964万円÷Vtuber歴4年=491万円

単純に動画再生だけだと収入は少なそうに見えますが、上記以外にライブストリーミング配信があるので投げ銭を含めたり、動画単価が0.1円よりも高単価など他のこともいれると、所属vtuberで稼ぎだした売上は
22億2,660万円となります。
所属vtuberの中でも上位5位の動画再生割合や人気の比率から計算すると、年収は数千万から1億を超えているといっても過言ではないかもしれません。
このようにトップ5のVTuberであっても総再生回数や平均年収には大きな差があるようです。

職種別年収

ANYCOLOR株式会社には、VTuberの他にも様々な職種の社員が働いています。
職種別の年収について見ていきましょう。 会社の人件費ともいわれる販管費を見てみると17億でした。

職種 推定年収
VTuber 200〜3000万円(anycolorへのマージン考え)
デザイナー 300〜550万円
番組制作ディレクター 360〜580万円
広告営業 360〜500万円
営業 360〜1080万円
経営企画 300〜1,000万円
配信エンジニア 360〜550万円
法務 300〜500万円
タレントマネージャー 324〜588万円
営業企画 360〜500万円
事務スタッフ 300〜400万円
大学生アルバイト 時給1041円

VTuberや営業、経営企画の職種では、年収レンジが大きいようです。
年収は、年齢やスキル・経験等に応じて決定されるので、同じ職種でも年収が異なるようです。

社長の推定資産

ANYCOLOR株式会社の代表取締役CEOは田角陸氏です。

田角陸氏は早稲田大学在学中に同社を設立した創業者でもあります。

ANYCOLOR株式会社の有価証券報告書によれば、田角陸氏は発行済株式総数の内、14,031,810株を保有しています。
2021年4月期のANYCOLOR株式会社の純資産額は35億2,567万円、発行済株式総数は29,943,200株です。
したがって、田角陸氏が保有している分の資産価値は以下のとおりです。

35億2,567万円÷29,943,200株×14,031,810株=16億5,218万円

つまり田角陸氏は自社株だけで16億5,218万円を保有しています。

また、取締役として年間3,492万円の報酬を受け取っています。

チャット右画像

マリン

ANYCOLORは上場後グロース市場で一気に上位銘柄として躍り出るぐらいの時価総額になっています。 今後この期待に応えられる売上を出し続けることができるのか、そのあたりが今後の成長になりそうですね。
執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

年収や月収などのコラム

▲このページのトップへ戻る