個人タクシー年収を詳しく解説

個人タクシーの平収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

個人タクシーの画像

個人タクシーの年収は全国平均で342万円

個人タクシーの年収はどのくらいなのか、全国ハイヤータクシー連合会では、平均年収が342万円とうたっております。
個人タクシーの年収は地域により格差がでてくるので、一概に342万円が平均とはいいがたいかもしれません。
個人タクシーの平均年収の範囲はおよそ350~600万円

平均給料:30万円~41万円
最大年収:1000万円以上

東京都では、年収は500万円以上の個人タクシーも多く、顧客を持っていれば、年収が800万円という人もいるようです。
全産業男性労働者の年収推定額が554万となっており、個人タクシーの平均年収は水準よりも若干低い計算となります。

個人タクシーの業種別年収

個人タクシーは全国の都道府県のどこでも開業でます。そこでいくつかの都道府県でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

東京都:750万円
富山県:560万円
愛知県:540万円
埼玉県:535万円


個人タクシーになるには新規の許可を受ける方法と、すでに個人タクシーの許可を受けている事業者から、事業の譲渡を受ける2つの方法があります。
個人タクシーの許可を受けるために必要となる主な資格は申請日現在の年齢が65歳未満であることと、年齢が35歳未満の場合は申請日までの10年間は無事故無違反であるなどいくつかの条件があります。
タクシー会社に勤務するタクシー運転手の場合は給料は歩合制が普通で、 歩合率は約60%から65%程度に設定されているので、仮に歩合率が60%で1日の売上が3万円で1ヵ月に20日働いたとすれば、月収は3万円×20日×0.6%=36万円になります。
しかし実際にはタクシー会社に勤務するタクシー運転手の平均年収は約275万円と決して高くありません。
それに対して個人タクシーの場合は個人経営なので、ガソリン代や車検や修理代も自費ですが、タクシー会社のタクシー運転手より年収ははるかに上です。

個人タクシーの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が410.4万円となりました。
また個人タクシーで働き盛りの30代の年収はおよそ304.38万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 195万円 12万円
25~29歳 193万円~243万円 15万円
30~34歳 167万円~267万円 17万円
35~39歳 200万円~304万円 19万円
40~44歳 221万円~342万円 21万円
45~49歳 261万円~383万円 24万円
50~54歳 300万円~410万円 26万円
55~59歳 297万円~407万円 25万円
60~65歳 177万円~407万円 17万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

個人タクシーの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。個人タクシーの平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 308万円
青森 274万円
岩手 308万円
宮城 342万円
秋田 274万円
山形 308万円
福島 308万円
茨城 342万円
栃木 342万円
群馬 342万円
埼玉 308万円
千葉 342万円
東京 479万円
神奈川 376万円
新潟 308万円
富山 308万円
石川 342万円
福井 342万円
山梨 308万円
長野 342万円
岐阜 308万円
静岡 342万円
愛知 376万円
三重 342万円
滋賀 342万円
京都 342万円
大阪 410万円
兵庫 342万円
奈良 342万円
和歌山 308万円
鳥取 308万円
島根 308万円
岡山 342万円
広島 342万円
山口 342万円
徳島 342万円
香川 308万円
愛媛 308万円
高知 308万円
福岡 342万円
佐賀 274万円
長崎 308万円
熊本 308万円
大分 308万円
宮崎 274万円
鹿児島 308万円
沖縄 274万円

比較してみると、一番年収が高い東京都の個人タクシーの年収が、およそ479万円。
一番低い沖縄県の年収が274万円 となり0万円の年収差ができています。

個人タクシーで年収1000万円を目指す方法

個人タクシーの年収は地域によりかなり格差があります。
個人タクシーで年収1000万円以上稼ぐにはやはり、タクシーの利用者が多い都内で開業できれば可能性があります。
ただ都内で個人タクシーを個人タクシーすれば、誰でも年収1000万円以上稼ぐことができるかと言えば、そうでもないようです。
どうやったら客を効率よく拾えるのか常に考えるような個人タクシーが勝ち組になっているようです。(取材口コミ)
言い換えると何の努力もしない運転手は、たとえ個人タクシーでも多く稼ぐのは難しいようです。

その他、個人タクシー協会によると、観光地での個人タクシーを使った観光案内などもすすめています。
特に観光タクシーが盛んなのは、北海道、沖縄です。
個人タクシー運転手が地元の観光名所のガイドを兼ね、観光名所をまわるようです。
その他、大企業でのお得意様を顧客とする方法なども年収UPにつながります。
勤務時間は個人の裁量で決めることができますが、やはり働けば働く分年収もUPします。
タクシー業界は、労働時間が長い超過勤務で色々と問題になっていますが、月に約200時間~220時間ぐらいの勤務時間だそうです。

個人タクシーの男女別平均年収

個人タクシーにも男性女性の運転手がいますが、平成19年度版では、男性タクシー運転者は、給料が平均は、26万円、年収は、約342万円。
女性タクシー運転者の年収は、約315万円という統計がでております。
女性にとっては製造産業の平均年収257万円よりも若干上回っています。

個人タクシーの生涯年収

東京都内の個人タクシーの推定生涯年収を計算してみました。
東京都内の個人タクシーでは平均の年収が約500万円です。
大学卒業後からはじめたとして、年収500万円×38年=1億9000万円
生涯年収の平均は約1億9000万円となります。

個人タクシーを開業するための資格はあるの?

タクシー事業の許可基準は道路運送法第6条第1項に規定しているほか、国土交通省の通達「一般旅客自動車運送事業(1人1車制個人タクシーに限る)の申請に対する処分に関する処理方針」に基づき、各地方運輸局では具体的な「一般乗用旅客自動車運送事業(1人1車制個人タクシーに限る)の許可および譲渡譲受認可申請事案の審査基準」を公示しています。
経営するための資格は、
・申請日現在の年齢が65歳未満であること。
・有効な第二種運転免許(普通免許又は大型免許に限る。)を有していること。
その他年齢別による運転経歴、法令遵守状況、営業所、設備資金、健康状態、法令及び地理に関する知識と広範囲にわたり資格取得の制限があります。
参考例
・年齢が35歳未満の者では、申請日以前継続して10年以上同一のタクシー又はハイヤー事業者に運転者として雇用されていること。
・10年間無事故無違反
・運転経歴のうちタクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が5年以上であること。
・申請する営業区域においてタクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が申請日以前継続して3年以上であること。
・公的医療機関等の医療提供施設において、胸部疾患、心臓疾患及び血圧等に係る診断を受け、個人タクシーの営業に支障がない健康状態にあること。
・運転資金は、原則として70万円以上あること。
などです。
全国個人タクシー協会のHPに資格についての情報が掲載されてます。

個人タクシーの年収の本音

実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。

30代 男性 東京都

個人一年目680万円でした。

30代後半 男性 東京都

都内養成一ヶ月目です。実働約240時間、月収が48万円です。

40代後半 男性 東京都

都内で年収200~500万だと思います。全体の約1割が700万円以上稼ぐことができるのではないでしょうか。

40代 男性 東京都

顧客専門の個人タクシーです。稼動22日180時間で月収75万円でした。

30代後半 男性 東京都

朝7時から24時間労働の月12勤務で約650万円です。

30代後半 男性 東京都

深夜だけの勤務で一日5万円。勤務20日で月収100万円、差っぴいて月収70万円。都内です。

30代後半 男性 北海道

北海道。観光タクシーやりつつ年収360万円。

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る