江戸時代の給料ってどうなってるの?物価や平均給与を計算してみた

江戸時代年収まとめ

武士の平均年収 約500万円
農民の平均年収 約200万円
職人の平均年収 約250万円
チャット左画像

アイミ

江戸時代の平均年収って今のお金に直したらいくら位かしら?
チャット左画像

ミナミ

う~ん、物価を考えることである程度の換算は可能だけど江戸時代を通して貨幣や貨幣価値は一定ではないのでざっくりした数字になってしまうわ。
チャット右画像

マリン

ふふ、ざっくりした数字でよければ算出してみたので解説するわね。

江戸時代年収についての画像

江戸時代の貨幣価値(1両や分、1朱)を日本円にすると?

江戸時代は貨幣の価値は年々変化していましたので一概に言えません。
現代のお金の専門家と言えば日本銀行が挙げられますが、日本銀行の見解も江戸時代の貨幣価値を現代の貨幣価値に換算することは簡単ではないと答えています。
そんな中でも日本銀行は米の値段から計算した金1両の価値を江戸時代初期では10万円としています。
本記事でもこの数字を採用して以降は1両=10万円として解説いたします。

金1両の小判は銀子や銅貨と交換可能であり、今でいう1万円札と千円札、百円玉のような関係になっています。
しかし、金のようなそれ単体で価値のある素材と銅という比較的安価な金属で作った銅貨とでは素材の価値が異なりますので常に同じ枚数で交換できるとは限りません。
このため、同じ江戸時代でも交換枚数は都度異なっており、当時の貨幣価値を現代の貨幣価値に換算することを難しくしています。
さらに金1両は小判1枚と定められていますが、この小判は時代によって重さが異なっており貨幣の換算をより難しくしています。

金で出来ている小判は銀と交換可能ですが、銀の場合は銀の重さによって交換されました。
一例として、江戸初期では小判1枚は銀50匁(もんめ)と交換されており、1匁は3.75gでしたので187.5gの銀となります。
因みに、花いちもんめは花一匁と書き、花を1匁で買う際のやり取りを言っていますが、まけて悔しい花いちもんめとは勝負の勝ち負けではなく花の値段を安くしすぎて悔しいという意味にもなり、もう一方は安く買えて嬉しいという店主と客とのやり取りを指しています。
江戸時代初期の1匁は2000円ですので店主はかなり儲けている気もしますが、大量の花を買ったのでしょう。
銅銭と交換する際は重さではなく銅銭の枚数で交換されました。
銅銭の場合は江戸初期では1両は4000文、つまり銅銭4000枚と交換されていましたので、1両10万円で計算すると銅銭1文は25円となります。

金は小判の他にもより小さな金貨があり、両の下には分と朱という単位に細分化されていました。
分は両の四分の一であり、朱は分の四分の一となります。
つまり、16朱=4分=1両、1朱=6250円、1分=25000円、1両=10万円という関係となりますが、時代劇などでは両がよく使われているので現代人にとっては両という単位が最もなじみがあるかと思います。

現代の日本のようにお札の価値を日本政府が保証しているなら別なのですが、昔は米や金などそれだけで価値がある物がお金として用いられていました。
このため、重さを測り適切なレートで交換するための商売、すなわち両替商がありました。
両替商は商売が上手くいくと豪商と呼ばれるような大規模な商売となりました。
この流れは現代まで残っており、江戸時代の両替商を源流に持つ企業に鴻池や三井、住友グループなどがあります。

江戸時代の金額 現代換算
1両 10万円
1分 25000円
1朱 6250円
1匁 2000円
1文 25円

日本銀行

品物の物価は?(油やごはんなど日用品)

江戸時代では日常に必要な物は現代とは大きく異なります。
例えば、夜に明かりをともすための油やロウソク、そしてご飯を作るときに必要な炭などは必須の日用品でした。
一方で、スマホやパソコンなど現代の必需品などは無かったので、電話代やネット接続料金などはもちろんありません。
日用品などは現代の大量生産で作られた高品質で安価なものではなく一つ一つが手作りでしたのでその分値段が高く、耐久性も低かったので定期的に買いなおす必要があります。
買うと高いので一つのモノをなるべく長く使おうとしたため、もったいないの精神が根づいていて現代まで受け継がれています。

そんな江戸時代ですが、現代にも共通して存在しているモノの値段を江戸時代と現代で比較してみたいと思います。
以下がそのリストですが、ざっと見てみても現代よりちょっと割高だけど高級品ならそのくらいの値段かも?と思える程度で桁が違うということはありません。

団子や饅頭は現代でもコンビニで100円位で売っているので、この辺は物価的にはあまり変わっていないと思われます。
豆腐や油揚げ、卵は現代よりも割高に感じ、この値段から豆腐など手間のかかる食品は当時では高級品で庶民にとってはたまにしか食べられないご馳走だったと思われます。
下級武士や浪人の内職の代名詞として連想される傘ですが、こちらは現代価値で6250円とかなり高く現代でいうとブランド品レベルの値段ですので一度買うと大事に使用したと思われます。
お酒の値段は高く、1升(約1.8L)でなんと5000円です。
お酒に強い人にとっては1升は2日で飲んでしまう程度の量ですので、それなりの稼ぎが無ければ毎日飲み続けることは難しいです。

品物 単位 江戸時代の値段 現代換算
団子 1本 4文 100円
饅頭 1個 3文 75円
豆腐 1丁 24文 600円
1個 7文 175円
油揚げ 1枚 4文 100円
1本 250文 6250円
長いも 1本 108文 2700円
椎茸 10個 45文 1125円
ゆず 1個 16文 400円
こんにゃく 1丁 8文 200円
醤油 1升 83文 2075円
1つ 8文 200円
熊手 1本 35文 875円
草履 1足 12文 300円
髪結 1回 16文 400円
蓮根 1本 78文 1950円
鰹節 1本 124文 3100円
1個 6文 150円
1升 200文 5000円
1升 124文 3100円
ろうそく 60本 100文 2500円
1本 250文 6250円
日傘 1本 188文 4700円
1石 4000文 10万円

平均給与はどのくらい?

現代社会では大量生産を行いますので必然的に値段は低下し、江戸時代よりも食品や日用品が安価に入手できますので江戸時代よりも生活費は低くなります。
逆に江戸時代では現代よりも生活費がかかるというわけですが、その分江戸時代の給料は高いということになるのでしょうか?
次に江戸時代の給料を見てみましょう。

江戸時代は1両あれば1か月暮らせると言われており、1両を10万円とすると現代でも通じる価値と言えますので、最低でも1両の月給を貰えれば長屋に住むなど独立して生活が出来たと思われます。
また、平均年収.JP独自の調査では、大工など職人さんの平均月収は20万円前後であると推測されます。
職人は今でいう個人事業主ですので働いた分だけ給料が得られます。

一方で、商人の世界は特殊で、丁稚奉公から初め番頭へと出世し、最終的には暖簾分けとなり自分の店を持つことができる場合があります。
脱落者続出の中で丁稚奉公から最終的に残るのは20人に1人とも言われており非常に厳しい世界と言えます。
商人の場合は一人前になるまで店が面倒を見て給料など雀の涙程度ですが、自分で商売を始めると現代と同様に商才次第で稼げます。
また、石高のように税収のデータがあれば平均年収を出すことは可能なのですが、税収のデータが無いために平均年収を出すことは非常に困難となっています。

一方で農民や商人、武士は差が激しく、庄屋や豪商、上級武士ともなれば月収は莫大な年収になります。
最も多い人口は農民ですので、平均年収は農民の年収によることが大きいです。
農民は年貢を納めるために米を生産しますが、一方で野菜や残った藁で草鞋などを作って売っていますので、農繁期以外には多少の収入があったと思われます。
以下にその他の身分の平均年収を見てみましょう。

武士

武士の年収は俸禄としてほぼ決まっています。
俸禄は仕えている主君から頂く給料ですが、江戸時代は基本的に米で支払われていました。
米の単位は石(こく)が良く用いられ、約150kgです。
1石は成人1人が一年間に食べる量とほぼ同じですので便利な単位として使用されました。
1石の値段は1両程度ですので、10万円となります。

お金で支払われる場合ももちろんあり、最下級の武士の年間に支払われる金額は3両1分となっていました。
3両1分は約30万ですので生活していける年収ではなく、ここから相手を見下して使用するサンピンという俗語が誕生したとも言われています。

一方で家老ともなると藩内でも屈指の年収となり、大きな藩ともなると1万石と大名並みの俸禄が支給される場合がありました。
つまり、年間に10億円ほどの収入があることになりますが、このような大きな家には使用人や家臣が多く仕えていました。
大名の年収は高そうですが、このように家臣の俸禄を支払った後に残る米と知行地からの税収が収入となりますので収入を上げるために生産高に限界がある米以外の特産品に力を入れていきました。

例えば加賀100万石として有名な加賀藩は明治時代の調査では16000人ほどいたとされています。
つまり、単純に考えると100万石という米の生産高から年貢として納められた米の収入を16000人で割ると平均年収に近くなります。
年貢の割合が5公5民の場合では50万石の収入、つまり500億円に相当しますので、加賀藩においては武士1人当たりの平均年収は313万円となります。
江戸時代では武家の女性は基本的に働くことは難しいので、男性のみの金額となります。
この他にも経済活動に伴う様々な税収があったために年収はこれよりも多く、一般的に江戸時代の武士の平均年収は500万円程度と言われています。

農民

こちらも加賀藩を例にとりますと、加賀藩の15歳以上の農民の人口は60万人から70万人でした。
このうち約半数が男性です。
つまり、この農民たちが100万石の米を生産しました。
年貢として納められた後の残りが農民たちの収入ですので、簡単に5公5民とすると、500億円が農民全体の収入となります。
従って、500億円を65万人で割ると77万円となりますので、この金額が農民1人当たりの平均年収に近くなります。
農民はこの他にも内職を行っていたり、水田以外の田畑で野菜を作り売っていたりとその他の収入がありますので、農民夫婦合わせて200万円ほどの平均年収であったと推測されます。

江戸時代職業給料ランキング

江戸時代の記録は現代にあまり残されていないので、詳細なデータはなく推測になってしまわざるを得ません。
しかし、そんな中でも古き良き時代である江戸時代を考えてみるのもまた一興ということで、何となくですが分かっている江戸時代の高給取りの職業ランキングをやってみたいと思います。

第5位:有名医師

医師は最上位の将軍様や大名に仕えた御典医から、医療と称して祈祷で治療を行う今でいう怪しげな医師なども存在しました。
江戸時代の医術は仁術ともよばれ、仁、つまり他者を思いやる優しさを持って患者に接するという医療哲学が発展していました。
健康保険などは無いので高額になってしまいますが、命の値段となれば大金をはたいて薬を購入しました。

肝心の医療に関しては江戸時代の後期になれば西洋から解剖書などとともに以上技術が流入し、麻酔が出来、外科手術が出来るようになりつつありましたが医療技術は現在よりもはるかに低かったです。
ですので、医師は医療行為でお金を稼ぐというよりも薬を調合して販売することで儲けていました。
いい薬を作れる売れっ子医師になると薬の値段が跳ね上がりますので年収も上がり、5000万円以上稼いでいたと言われています。

第4位:大奥女中

大奥は江戸城で将軍様と正室、側室が暮らす場所ですが、男性は将軍だけで他は皆女性でした。
その大奥で働く女性は奥女中と呼ばれており、将軍の生活を支えていました。
この奥女中がなぜ儲かるかというと、正規の給料ではなくわいろなど袖の下を貰うことで高収入となっていたというわけです。
大奥は将軍が住む場所ですので上級の女中ともなれば将軍と接することも多くなりますので、口添えのお願いがしやすくなるという訳です。
将軍様に口添えをしてもらえるということですので、大名クラスにとっても将軍と話すことができる奥女中は重要な存在となります。
このため、奥女中の中には年収が1億円を超える人も出てきたと言われています。

第3位:千両役者

千両役者の千両は文字通りの千両で、1億円稼ぐ役者という意味になります。
映画もテレビもない江戸時代の庶民の主な娯楽は落語や芝居などですので現代の芸能界と同様に当然人気役者ともなると稼げます。

第2位:最上級武士

最上位の武士とは大名や1万石以上の俸禄の家臣たちを指しています。
1万石以上の俸禄があれば10億円以上の年収となります。
このような最上級武士の多くは明治維新後には貴族に叙せられており、男爵などとなっています。

第1位:将軍

第1位はやっぱり徳川の将軍様で、8代将軍吉宗の年収は1200億円以上あったと言われています。
天下を取った徳川家ですので、日本全国には徳川家の親戚及び古くから仕えていた大名が多くいました。
本多家や井伊家など徳川家康の天下統一を支えた重臣たちの末裔も大名家となりました。
しかし、意外に重臣たちの知行地の石高は10万石前後と低く、重臣たちと言えども高すぎる石高は将来的なリスクと見たのか、領地を決めた家康の熟慮が見て取れます。

順位 職業 金額
第1位 八代将軍吉宗 1294億円
第2位 最上級武士 10億円
第3位 千両役者 1億円
第4位 大奥女中 1億円
第5位 有名医師 5000万円

農民は貧乏だったのか?

農民は生かさず殺さずという言葉があるように農民は全体的に貧乏でした。
学問がいらないとされてきましたので多くの子供は寺子屋などには行かずに労働力となっていました。
そして、家族総出で農作業をして得られる年収が200万円ほどです。
自分の土地を持っていればいいのですが、持っていなければ庄屋、いわゆる地主から土地を借り無ければなりません。
このため、土地を持たない百姓は年貢と土地代を支払うと生きていくことがやっとの生活になってしまいました。
小作人や水呑百姓などと呼ばれていてコメ豊作でしたらまだ良いのですが、不作だと餓死者が出ていました。

チャット右画像

マリン

江戸時代は安定した時代でしたので、比較的年収も安定していたと考えられます。

年収や月収などのコラム

▲このページのトップへ戻る