総合格闘家(UFC,MMA,Rizin,朝倉未来)の年収はどのくらい?

総合格闘家(UFC,MMA,Rizin,朝倉未来)の年収まとめ

ファイトマネーが高い団体 UFC
ファイトマネーが高い団体(日本) RIZIN
総合格闘家年収ランキング(日本) 朝倉未来
チャット左画像

アイミ

最近総合格闘技がすごい盛り上がってますね。youtuberでいうと朝倉未来選手がabemaでストリートファイト企画を行ったりとますます格闘技が盛り上がっています。
チャット左画像

ミナミ

ケガは当たり前の世界。そして選手としての寿命も短い世界といわれています。そんなストイックな世界で活躍している格闘家は年収やファイトマネーはどのくらいなのでしょうか
チャット右画像

マリン

世界の格闘技団体のファイトマネーやネットで話題になっている賞金ランキングなどを参考にまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

総合格闘家全般の年収はどのくらい?

総合格闘家とはその名の通り総合的な格闘技です。様々な武術や格闘技の猛者たちが同じリングで闘うことのできる格闘技ファンからすれば夢のような舞台です。
ただその収入となればそう甘いものではありません。
総合格闘家ならだいたいこのぐらいという平均年収はありません。
実力と人気で収入があがっていく世界です。
一部の格闘家を除いて総合格闘技を主な収入源にするのは厳しい世界のようです。 総合格闘家の年収は数万円から数億円とかなり幅広くなってしまいます。
そこで世界には格闘家の団体がたくさんあります。そこから収入を導き出してみたいとおもいます。

総合格闘家のファイトマネーは団体によって違うの?(UFC K-1 RIZIN等)

総合格闘技には様々な団体が存在しています。
大きな団体に所属すれば1試合出る時にもらえるファイトマネーも高くなりますし、小さな団体ですとファイトマネーも少なくなります。
小さな団体ではトップファイターもアルバイト生活を辞められない、なんてことも。 必然的に大きな団体には実力ある選手が集まってきます。
小さな団体で優勝するぐらいの人が、大きな団体に移籍した途端全く勝てないといったこともよく起こります。

階級によっても違うのか?賞金の仕組み

総合格闘技にも、ほかの格闘技と同様体重別に階級が存在し、同じ階級同士で闘います。
例えばよく耳にするRIZINではライトヘビー級、ライト級、フェザー級、バンダム級、女子スーパーアトム級があります。

ただ階級でファイトマネーや賞金が変わるといったルールはどうやらないようです。
団体によっては人気の階級の賞金を高く設定することはあります。
一般的にはファイトマネーや賞金は強さ、人気、注目度などで決められているのです。つまり、同じ団体、同じ階級に属していてもファイトマネーは全く違うのです。
KO賞や勝利賞金などファイトマネーにプラスして貰える分もあります。賞金をたくさん稼ぐにはとにかく勝っていくしかないということです。

ファイトマネーが高い団体ランキング【世界編】

団体によってファイトマネーが違うとなればどの団体が高いのか気になりますよね。
ファイトマネーが高い団体ベスト3(世界)を調べてみました。

1位 UFC

世界中の最強ファイターが集まるUFCの1試合あたりのファイトマネーはトップレベルの選手だと3000万円から4000万円!
勝利すればファイトマネーと同額もらうこともできますし、活躍によってはボーナスが出たりします。億単位のお金が動く選手もいます。

2位 ベラトームMMA

日本人では堀口恭二が所属しています。
トップ選手だとファイトマネーは1000万円から2000万円ほど。
ファイトマネーではUFCに劣りますが、勝利ボーナス1億円の大会を開催することもあります。

3位 ONE

シンガポールが本拠地のアジア人選手が多く存在する団体。
トップの選手であれば500万円ほどのファイトマネー。ただ人気選手のオファーに数千万円を提示したとの話もあります。

UFCのファイトマネーランキングベスト100

公表されているUFCのファイトマネーからランキングを作ってみました。上位7名が1試合で億単位。100位でも1000万円のファイトマネーを受け取れています。 上位100人の平均ファイトマネーが1113万円。最低でも1試合100万円~となっていました。それではUFCのファイトマネーをご覧ください

ランキング 選手名 ファイトマネー(万円)
1位 ハビブ・ヌルマゴメドフ 6億7800万円
2位 コナー・マクレガー 5億6500万円
3位 ダニエル・コーミエ 4億5200万円
4位 ロンダ・ラウジー 3億3900万円
5位 ブロック・レスナー 2億8250万円
6位 ダスティン・ポイエー 1億1300万円
7位 アリスター・オーフレイム 9605万円
8位 スティペ・ミオシッチ 8475万円
9位 マーク・ハント 8475万円
10位 アンデウソン・シウバ 6780万円
11位 ダン・ヘンダーソン 6780万円
12位 フランシス・ガヌー 6780万円
13位 ロバート・ウィテカー 6780万円
14位 CMパンク 5650万円
15位 アレクサンダー・グスタフソン 5650万円
16位 アンソニー・ジョンソン 5650万円
17位 イスラエル・アデサニヤ 5650万円
18位 カマル・ウスマン 5650万円
19位 クリス・サイボーグ 5650万円
20位 コルビー・コビントン 5650万円
21位 ジョン・ジョーンズ 5650万円
22位 シリル・ガーヌ 5650万円
23位 チャック・リデル 5650万円
24位 チャド・メンデス 5650万円
25位 デリック・ルイス 5650万円
26位 トニー・ファーガソン 5650万円
27位 ニック・ディアス 5650万円
28位 ミーシャ・テイト 5650万円
29位 ロビー・ローラー 5650万円
30位 ルーク・ロックホールド 5424万円
31位 ケイン・ヴェラスケス 5085万円
32位 ティト・オーティズ 5085万円
33位 ジュニオール・ドス・サントス 4520万円
34位 ジョゼ・アルド 4520万円
35位 ジョルジュ・サンピエール 4520万円
36位 スティーブン・トンプソン 4294万円
37位 デメトリアス・ジョンソン 4294万円
38位 TJ・ディラショー 3955万円
39位 アマンダ・ヌネス 3955万円
40位 アンソニー・スミス 3955万円
41位 ヴォルカン・オーズデミア 3955万円
42位 カン・リー 3955万円
43位 ジャスティン・ゲイジー 3955万円
44位 チアゴ・サントス 3955万円
45位 ヘンリー・セフード 3955万円
46位 マービン・ヴェットーリ 3955万円
47位 マックス・ホロウェイ 3955万円
48位 ヨエル・ロメロ 3955万円
49位 カーロス・コンディット 3560万円
50位 ハファエル・ドス・アンジョス 3503万円
51位 アンドレイ・アルロフスキー 3390万円
52位 ドミニク・クルーズ 3390万円
53位 ビトー・ベウフォート 3390万円
54位 ラシャド・エヴァンス 3390万円
55位 クリス・ワイドマン 3108万円
56位 マイケル・ビスピン 3108万円
57位 アレックス・ヴォルカノフスキー 2825万円
58位 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 2825万円
59位 クイントン・ランペイジ・ジャクソン 2825万円
60位 ケビン・リー 2825万円
61位 ネイト・ディアス 2825万円
62位 ブライアン・オルテガ 2825万円
63位 ユライア・フェイバー 2825万円
64位 ランディ・クートゥア 2825万円
65位 デイブソン・フィゲイレード 2373万円
66位 ベン・アスクレン 2373万円
67位 ホナウド・ジャカレイ 2373万円
68位 ヴァンダレイ・シウバ 2260万円
69位 ギルバート・メレンデス 2260万円
70位 タイロン・ウッドリー 2260万円
71位 ドナルド・セラーニ 2260万円
72位 フランク・ミア 2260万円
73位 ブランドン・モレノ 2260万円
74位 リョート・マチダ 2260万円
75位 ジョセフ・ベナビデス 2204万円
76位 フランク・エドガー 2204万円
77位 マウリシオ・ショーグン 2204万円
78位 ビセンテ・ルーケ 2034万円
79位 デミアン・マイア 1978万円
80位 ジョシュ・バーネット 1921万円
81位 アンソニー・ペティス 1752万円
82位 エディ・アルバレス 1695万円
83位 ケルヴィン・ガステラム 1695万円
84位 ジョニー・ヘンドリックス 1695万円
85位 BJ・ペン 1695万円
86位 ホリー・ホルム 1695万円
87位 コーディ・ガーブラント 1469万円
88位 フェリシア・スペンサー 1413万円
89位 フォレスト・グリフィン 1413万円
90位 ジミ・マヌワ 1356万円
91位 トラヴィス・ブラウン 1356万円
92位 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 1288万円
93位 ダン・フッカー 1243万円
94位 ベンソン・ヘンダーソン 1243万円
95位 レオン・エドワーズ 1243万円
96位 ヨアンナ・イェンドジェイチェク 1198万円
97位 グローバー・テイシェイラ 1187万円
98位 ジム・ミラー 1175万円
99位 ディエゴ・サンチェス 1164万円
100位 キャット・ジンガノ 1130万円

ファイトマネーが高い団体ランキング【日本編】

ファイトマネーが高い団体ベスト3を調べてみました。

1位 RIZIN

ファイトマネーについては守秘義務があるらしく公には発表されていませんが、youtberのシバター氏によると、朝倉選手などの超有名選手で1000万円~。
KO報酬などを含めるとだいたい300万円から500万円が平均ファイトマネーと予想されます。シバター氏は100~150万円あたり。

同率2位 DEEP パンクラス 修斗

ここらへんになると優勝しても生活できるかどうか…です。
ファイトマネーは数十万円ほど。優勝賞金が一番高くて100万円ほど。
多くのトップファイターはジムのトレーナーやYouTubeで稼ぐなど副業を行っています。

日本で稼いでいる総合格闘家年収ランキング

夢がないと言われる総合格闘家ですが稼いでいる人はちゃんといます。しかも桁違いです。

1位 朝倉未来

年収は10憶近いと予想されます。RIZIN1試合で3000万円ほどもらえると自身の動画で名言しています。
さらにはYouTubeでは登録者数200万人を超えていて、アパレルビジネスも成功しています。 格闘家としては年収1億ほどですが、自身で稼ぐのがとても上手な人のようです。
格闘家を辞めても収入の心配はしなくてよさそう。

2位  那須川天心

年収は1億円越えと言われています。RIZINもファイトマネーも2000万円以上はもらっているようです。
YouTubeでは登録者数80万人をこえていて、テレビでも度々お目にかかるほどの人気ぶり。
子どもたちからも人気があるようです。

3位  朝倉海

朝倉未来さんの弟です。
年収は7000万円ほどと予想されます。
YouTubeでは登録者数100万人越えで、企業案件でも稼いでいるようです。ファイトマネーは1000万円以上もらっているのではないかということです。

世界で稼いでいる総合格闘家年収ランキング

では、世界では総合格闘家はどのくらい稼いでいるのでしょうか?ランキング3位を発表します。

1位 コナー・マクレガー

年収約200憶円越え!2020年5月~2021年5月までで世界で一番稼いだスポーツ選手になりました。
サッカー選手や野球選手を抑えて堂々一位。
高額賞金のUFCの試合に勝ったことや自身のウイスキーブランドを売却したことが大きいようです。

2位 ハビブ・ヌルマゴメドフ

UFCを引退してしまいましたが、年収は12億~20億円と予想されます。
ファイトマネーだけで約10憶。プラス「Reebok」や「トヨタ」との契約もあり年収を増やしています。

3位 アリスター・オ-フレイム

年収は約11億円と予想されます。日本でも「PRIDE」などで活躍していた選手です。
UFCでもファイト・オブ・ザ・ナイトという敢闘賞のようなものも獲得しています。

格闘家+YOUTUBEなど複合技で稼ぐのが主流

RIZINの出現により、少しずつ日本でも総合格闘技人気はあがってきているので、人気とともに格闘家の皆さんの収入もあがるはず。
格闘家単体だと厳しい現実は変わらないかもしれませんが 人気になりyotubeや動画サイト,SNSなどを組み合わせてビジネスを展開すれば爆発的な収入を得ることも可能です。
最近は、格闘家とは逆で、youtuberが格闘技に参戦するなどで話題になったりもしています。
本来の格闘家としての仕事も大事ですが日本ではなかなか単体だと厳しいでしょう。

チャット右画像

マリン

元プロボクサーの竹原、プロレスラーなども裏話を交えた動画チャンネルを作って収益を上げています。格闘単体ではなくひとつの人気バロメーターのために使う人も今後増えそうですね。

年収や月収などのコラム

▲このページのトップへ戻る