+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ボディーガード年収を詳しく解説

ボディーガードの年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

ボディーガードの画像

ボディーガードの年収は、760万円でした。(地方公務員給与実態調査結果の概要や口コミ調べ)

ボディーガードの年収の平均は、760万円でした。(地方公務員給与実態調査結果の概要や口コミ調べ)
平均年収推移は740万円~820万円となっています。

お給料(月収):約47万円
最大年収:1000万円以上

ボディーガードにも大きく分類すると警視庁に所属して首相や大臣などの政府の要人などを警備するSPと呼ばれるセキュリティポリスと、世界中の100以上の国々にボディーガードのネットワークを持つIBA(International・Bodyguard・Association)のような民間企業とあります。

SPの場合は地方公務員なので総務省が公表している地方公務員給与実態調査結果の概要によると、警察官の平均年収813万円とほぼ同じ年収と推測されます。
参照:警察官は813万円が平均年収でした!

また日本ではボディーガードは警備業法と呼ばれる法律に基づいて行われ、各都道府県の公安委員会から警備業認定を受けた警備会社が、主に個人や法人から依頼を受けてボディーガードを行っています。
ただIBAのような民間のボディーガードは相当な訓練や技術を習得する必要があり、普通の警備員が簡単になれるものではなく年収も一般のサラリーマンの平均年収よりもはるかに高いと言えます。

ボディーガードの職種別年収

ボディーガードの職種別年収を予測してみると、

SP(セキュリティポリス):820万円~860万円
皇宮警護官:660万円~730万円
民間ボディーガード:440万円~650万円

SPは警視庁の警備部警護課に所属し首相や大臣などの政府の要人などを警備する警察官のことで、警備隊員や身辺警戒員などと呼ばれる各道府県の警察警備部警備課に所属する警察官とは区別されます。
SPは国内の政府の要人の他にも海外から来日する要人の身辺警護が主な職務ですが、SPだからと言って他の警察官と比べて特に年収が高いわけではありません。
そのためSPの平均年収は他の警察官の、平均年収813万円とほぼ同じ年収と推測されます。

皇宮護衛官は警察官ではなく警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属する国家公務員で、皇居や御所や御用邸などで天皇陛下や皇族の方々の護衛や警衛をすることが主な職務です。
そのため皇宮護衛官の平均年収は他の国家公務員の、平均年収662万円とほぼ同じ年収と推測されます。

アルソックなどの民間のボディーガードの場合は一般の警備員が、主に法人からの依頼で会社や社長や重役などの警備を行っています。
そのため一般の企業のサラリーマンの平均年収とほぼ変わりませんが世界中の100以上の国々にボディーガードのネットワークを持つ、IBAの日本支部に勤務するボディーガードの平均年収は一般の民間のボディーガードよりも少し高いようです。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

ボディーガードの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が919.296万円となりました。
またボディーガードで働き盛りの30代の年収はおよそ681.8112万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 610万円 38万円
25~29歳 525万円~575万円 36万円
30~34歳 559万円~659万円 41万円
35~39歳 578万円~682万円 43万円
40~44歳 645万円~766万円 48万円
45~49歳 736万円~858万円 54万円
50~54歳 809万円~919万円 57万円
55~59歳 802万円~912万円 57万円
60~65歳 521万円~912万円 39万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

ボディーガードの30代・40代・50代の年代別年収

ボディーガードの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約659万円~(推定)
40代で766万円~(推定)
50代で919万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約263万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

ボディーガードの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定32,941万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,988万円なので、平均生涯賃金からの増減は15,073万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

ボディーガードの仕事内容

ボディーガードの仕事内容は政府や民間企業などからの依頼で、政府の要人やセレブなどの有名人や企業の警護を行うことです。
ただボディーガードの仕事は依頼された人の身体や命を守るだけでなくセレブなどの有名人が身に付けている、高価な時計やネックレスや宝石などを警護するのもボディーガードの役割の一つです。

なかには数千万円もするような時計やネックレスや宝石もあり、依頼人が控え室や更衣室でこれらの貴重品が盗まれないようにするのもボディーガードの仕事の範疇です。
特に日本だけでなく外国の政府の要人の場合は命を狙られることも多く、時にはボディーガードが盾となって体を張って依頼人を警護することもある危険な仕事です。

ボディーガードで高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには?

ボディーガードも警視庁の警備部警護課に所属するSPと皇宮警察本部に所属する皇宮護衛官などの公務員と、世界中の100以上の国々にボディーガードのネットワークを持つIBAのような民間企業の警備会社に勤務するボディーガードと大きく二つに分類されます。

SPも皇宮護衛官も公務員なので年収が1000万円以上になることはまずなく国内の民間企業の警備会社に勤務するボディーガードも、年収は一般の企業に勤務するサラリーマンの平均年収とほぼ変わりません。
ただ世界中のボディーガードのなかには有名な俳優や歌手のボディーガードとして、月に100万円以上の給料を稼ぐ高年収のボディーガードも少なくないようです。

ボディーガードになるには?【資格難易度・合格率倍率】

ボディーガードもSPや皇宮護衛官などの公務員のボディーガードと、民間企業の警備会社に勤務するボディーガードとあります。
もしSPや皇宮護衛官になりたいのであれば公務員試験を受験して合格する必要があります。ただ全ての警察官がSPや皇宮護衛官になれるわけではなく例えばSPの場合であれば身長が173cm以上で、柔道か剣道が3段以上で拳銃の射撃が上級者で英会話ができることが条件です。

さらにこれらの条件だけでなくSPとしての適性を認められ、上司からSPの候補者としての推薦がいります。SPの候補者として推薦されたならば警察学校でSPの訓練を受け、過酷な訓練に耐えてはじめてSPとして任命されます。
民間の警備会社でボディーガードになるのであれば直近5年以内に警護員としての実務経験が3年以上必要ですが国家資格の警備員指導教育責任者を受験するか、世界最大の国際ボディーガード組織IBAの日本支部でもボディーガードの教育や訓練を行っています。

ボディーガードの年収の本音

実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。

20代 警備会社

年収355万円
民間の警備会社で警護員として実務経験を積み、昨年に国家資格の警備員指導教育責任者を受験して合格しました。
IBAの日本支部に転職してボディーガードとして、いずれは世界中で有名人などの警護を行いたいと思っています。

30代 民間のボディーガード会社

年収670万円
日本の自衛隊から海外にある民間のボディーガード会社に就職し、ボディーガードとして要人の警備をしています。
ボディーガードという仕事は常に危険と隣り合わせで、これまでも何回かヒヤッとした経験が何回かあります。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る