+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ファンドマネージャーの年収を詳しく解説

ファンドマネージャーの年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

ファンドマネージャーの画像

ファンドマネージャーの年収は925万円が平均です!(口コミ調べ)

ファンドマネージャーの年収の平均は、925万円でした。(口コミ調べ)
お給料(月収):約70万円(推定)

ファンドマネージャーの平均年収の範囲はおよそ760~1300万円
最大年収:約2000万円以上

【ファンドマネージャーの仕事内容とは?】
ファンドマネージャーは投資家の資産を預かり、管理しながらそれを上手く増やす、または継続させていく職業となっています。
いわゆる資産運用を委託され、投資のプロとしてその業務を行うということですが、そのためには、最新の株価や金融市場などを把握し、分析、アナリストとの連携も取れていなくてはなりません。
まさに、情報と分析を兼ね備えた職業といえます。
・世界にいる総ファンドマネージャー数:不明
・平均勤続年数:不明

【有名なファンドマネージャー】
ジョン・ポールソン(ポールソン&カンパニー):4,200億円
レイモンド・ダリオ(ブリッジウォーター・アソシエイツ):2,700億円
ジェームズ・シモンズ(ルネサンス・テクノロジー):2,200億円
デービッド・テッパー(アパルーサ・マネジメント):1,900億円
スティーブ・コーエン(SACキャピタル・アドバイザーズ):1,200億円

ファンドマネージャーの業種別年収

ファンドマネージャーは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

投資信託委託会社:800万円以上~
投資顧問会社:900万円以上~
生命保険会社(日本生命):850万円以上~
損害保険会社:850万円~
外資系保険会社:1000万円~


ファンドマネージャー投資家から預かった資金の運用計画を立てて、それを金融マーケットで運用して利益を上げるのが仕事で、ファンドマネージャーの主な就職先と活躍の場は投資信託委託会社・投資顧問会社・生命保険会社・損害保険会社です。
ファンドマネージャーはアナリスト・エコノミスト・ディーラーなどと協働して、数億円から時には数百億円という莫大な資金を運用して確実に結果を出すことが求められます。
転職サイトの平均年収ランキングによると、ファンドマネジャー・ディーラー・アナリストの平均年収は687万円でした。
この平均年収にはディーラーやアナリストの平均年収も含まれていますが、ファンドマネージャーだけの平均年収は980万円と推測され、年収2000万円以上のファンドマネージャーも存在しているようです。

企業別年収は、
日本生命の年収を参照ください。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

ファンドマネージャーの男性女性別での平均年収

ファンドマネージャーの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 1,402万円 121万円
女性の平均年収 1,058万円 91万円

ファンドマネージャーの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が1529.58万円となりました。
またファンドマネージャーで働き盛りの30代の年収はおよそ1134.4385万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 743万円 46万円
25~29歳 906万円~956万円 60万円
30~34歳 996万円~1,096万円 69万円
35~39歳 1,030万円~1,134万円 71万円
40~44歳 1,154万円~1,275万円 80万円
45~49歳 1,306万円~1,428万円 89万円
50~54歳 1,420万円~1,530万円 96万円
55~59歳 1,407万円~1,517万円 95万円
60~65歳 932万円~1,517万円 65万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

ファンドマネージャーの30代・40代・50代の年代別年収

ファンドマネージャーの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約1,096万円~(推定)
40代で1,275万円~(推定)
50代で1,530万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約597万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

ファンドマネージャーの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。ファンドマネージャーの平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 833万円
青森 786万円
岩手 860万円
宮城 925万円
秋田 759万円
山形 851万円
福島 833万円
茨城 925万円
栃木 925万円
群馬 925万円
埼玉 833万円
千葉 925万円
東京 1,295万円
神奈川 1,018万円
新潟 833万円
富山 833万円
石川 925万円
福井 925万円
山梨 833万円
長野 925万円
岐阜 833万円
静岡 925万円
愛知 1,018万円
三重 925万円
滋賀 925万円
京都 925万円
大阪 1,110万円
兵庫 925万円
奈良 925万円
和歌山 833万円
鳥取 833万円
島根 833万円
岡山 925万円
広島 925万円
山口 925万円
徳島 925万円
香川 833万円
愛媛 833万円
高知 833万円
福岡 925万円
佐賀 740万円
長崎 833万円
熊本 833万円
大分 833万円
宮崎 740万円
鹿児島 833万円
沖縄 740万円

比較してみると、一番年収が高い東京都のファンドマネージャーの年収が、およそ1,295万円。
一番低い沖縄県の年収が740万円 となり555万円の年収差ができています。

ファンドマネージャーの大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働くファンドマネージャーの年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ独自の予想を算出してみました。

規模 年収
大企業のファンドマネージャー 1,479万円
中企業のファンドマネージャー 1,224万円
小企業のファンドマネージャー 1,109万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

ファンドマネージャーの主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 1,662万円
係長 1,876万円
課長 2,479万円
部長 2,740万円

※平均年収jp独自に取得しているデータとファンドマネージャーの平均年収と掛け合わせて算出しました。

ファンドマネージャーで年収1000万円以上稼ぐには?

ファンドマネージャーが年収1000万円以上を稼ぐのは、数億円から時には数百億円という莫大な資金を運用して利益を出すからで、その利益に対してインセンティブやボーナスが支払われるからです。 つまり言い換えると結果を出すことができないファンドマネージャーにはインセンティブやボーナスも支払われることはなく、ディーラーやアナリストの平均年収と同じかそれ以下の年収しかもらえません。 年収1000万円以上を稼ぐと聞くだけで凄いと思ってしまいますが、世界のトップクラスのファンドマネージャーの年収は2200億円というから驚きです。 もちろん誰でも簡単にファンドマネージャーになれるわけではありませんが、憧れの職業であることは間違いありません。

ファンドマネージャーの推定生涯年収を解説!

ファンドマネージャーの中には年収で1千億円稼ぐ人もいます。
一般的なファンドマネージャーの生涯推定年収は平均年収から算出すると3億9775万円と推定できますが、日本国内のファンドマネージャーの平均は更に高く、1000万円以上といわれています。
そこから生涯年収を推定すると、4億3000万円以上となり、まさに高年収の職種といえます。

ファンドマネージャーの年収をUPするための方法

ファンドマネージャーとして年収を上げるには、やはり実績を上げる事が何よりも重要になってくるそうですが、実際に高年収のファンドマネージャーにはどういった特徴があるのかを調べてみました。
そこで、ポイントとされていたのは、ファンドマネージャーとして仕事をする前に、証券アナリストとして仕事をして実務経験を積む事です。
証券投資の分野で活躍する証券アナリストは分析やその為の知識などが豊富なので、ファンドマネージャーとしての仕事に活かせるだけでなく、業績も残せるといわれています。
その他、富裕層の顧客を持つことが一番早いといわれてます。

ファンドマネージャーなるには?

ファンドマネージャーになる為には必須の学校はなく、大学や短大、専門学校などで、経済学部や商学部、経理やその他の資格を取る事で、有利になります。
さらに、ファンドマネージャーとして働くためには、投資調査や分析、運用に携わり、経験のある人がファンドマネージャーになれます。
また、先ほども説明したように、証券アナリストとしての経験を積むことがファンドマネージャーとして働くだけでなく、高年収を得る可能性が高くなってきます。

ファンドマネージャーになるための資格

ファンドマネージャーになる為に、持っておいた方が良い資格というのは、経済学系、商学系の大学、短大、専門学校を卒業しておくのも大切ですが、その他に、簿記検定(日商)2級以上、ファイナンシャルプランナーや証券アナリストがあると有利だといわれています。
また、英語力も重要になってくる職業なので、英語検定やTOEICにも挑戦してみるのも良いかもしれません。
2級以上、または高得点が取れると、より広い分析が出来ると思います。

ファンドマネージャーの年収の本音

ファンドマネージャーの口コミ年収を紹介します

30代 ファンドマネージャー

年収1109万円
ゆったりとしていて、労働環境は恵まれていると思います。産休明けに職場復帰する人も多いので、女性には働きやすい職場です。

30代 ファンドマネージャー

年収816万円
業績連動の査定を導入し始めたのですが、増額幅は小さい為、ボーナスにはほぼ反映されない。外資的な報酬体系では無い為、大幅に上がっていく形ではない。

ファンド系の年収一覧

▲このページのトップへ戻る