+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

アストラゼネカ(AstraZeneca)の平均年収

アストラゼネカが気になるための人のための基礎知識

アストラゼネカの年収

平均年収:1150万円でした。(海外求人サイト調べ)
平均給料:71万円~95万円

アストラゼネカの平均年収の範囲はおよそ500~1800万円
最大年収:2000万円以上

アストラゼネカの役職・職種別年収

アストラゼネカは様々な役職職種があります。その中でも有名な役職職種の年収を算出してみました。

【役職】
部長クラス:2000万円~2200万円
所長:1200万円~1400万円
課長クラス(営業):900万円~1000万円


【職種】
マーケティング:年収550万円~720万円
mr:年収500万円~900万円

アストラゼネカの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が1380万円となりました。
またアストラゼネカで働き盛りの30代の年収はおよそ1023.5万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 656万円 41万円
25~29歳 767万円~817万円 51万円
30~34歳 797万円~897万円 56万円
35~39歳 920万円~1,024万円 64万円
40~44歳 1,029万円~1,150万円 72万円
45~49歳 1,166万円~1,288万円 81万円
50~54歳 1,270万円~1,380万円 86万円
55~59歳 1,259万円~1,369万円 86万円
60~65歳 832万円~1,369万円 58万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

外資系企業の転職画像

アストラゼネカの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定49,450万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は31,605万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

アストラゼネカの30代・40代・50代の年代別年収

アストラゼネカの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約897万円~(推定)
40代で1,150万円~(推定)
50代で1,380万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約483万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

アストラゼネカは、外資系の製薬メーカーとして最近有名です。
イギリスに本社をおき、世界の製薬会社として売上げ世界7位です。
1989年にゼネカとアストラが合併してできた会社で、日本では、大阪府北区の梅田に本社。東京に東京支社をおいています。
アストラゼネカの主な事業部門は
●プライマリー(消化器系疾患の薬、呼吸器系疾患の薬)
●オンコロジー(抗がん剤専門。イレッサは有名ですね)
●麻酔(キシロカイン、マーカイン、ディプリバン等の麻酔科系の薬)です
とくに抗がん剤が有名です。
その他には気管支喘息治療薬のパルミコート、パルミコートタービュヘイラー、高コレステロール血症治療薬のクレストールなど有名製品を有しています。

アストラゼネカの年収の特徴

アストラゼネカに限らず、外資は能力がないとすぐにリストラされるというリスクがあります。
でも能力が認められれば年収もかなり高くなります。
外資の特徴としては、短期勤務でがっぽり稼いで転職というのが多いようです。
日本にある企業の全体平均年収ランキングでも20位以内に入ってます。
労働時間は外資でも長いほうで、平均で月230時間程度の勤務時間となります。
土日祝日のお休みで一般企業と変わりません。
医療専門職、研究分野の職員え850万~の平均年収となってます。
特に男女関係なく能力があれば女性でも800万以上もらっている職員も多いそうです。

アストラゼネカへの転職

売上高世界3位のグローバルカンパニーですが日本での知名度はあまり高くないのでねらい目の企業であるかもしれません。
といっても実力社会です。

事業全体のチームプレイもみる会社であるので、個人プレーよりも全体のチームワークがよければそれなりの成績をあげることが できるかもしれません。
待遇は、高待遇で、住宅手当、車、などが支給されます。
でも仕事はかなりハードなので覚悟をしてもいいかもしれません。
就職面接は
グループディスカッション(約15分)とグループ面接。
問題の解決策を提案するというものなどが過去にでたようです。
それ以外に、人事担当者に逆面接をする面接などもあるようです。
製薬会社志望の方はぜひとも受けてみてほしい企業です。

元アストラゼネカ社員の年収の口コミ

元社員の年収の口コミを取り上げています。

30代

年収1500万
6年働いて転職。
激務ですがかなり稼げるのと将来的にここでやってたことは箔になります。

20代

年収は1000万円程度です。
福利厚生はすごいいいです。もちろんお給料も。
外資特有の年功序列などはないため完全実力主義。
体がもつ限り稼ぎまくるのがいいと思います。

40代

年収は1000万円。
クライアントから相談がいきなりあるため帰りが遅いのはざらです。
でもその分しっかり給料面に反映されるので問題ありません。

20代

年収は1000万円。
報酬に対する不満は能力世界なのでまったくありません。
上司、部長に気に入られることが非常に大事。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

おすすめ外資会社

外資系企業一覧

外資系の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る