警備員の年収を詳しく解説

警備員の年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

警備員の画像

警備員の年収は(賃金構造基本統計調査調べ)

平均年収は301万円となっています。
お給料(月収):約23万円

警備員の平均年収の範囲はおよそ240~420万円
最大年収:約500万円

警備員の雇用形態別・階級別【管理職・隊長】年収推移

警備員は様々な雇用形態でも活躍します。そこでいくつかの雇用形態で
どのくらい年収が違うのか調査してみました。

正社員の警備員:340万円
契約社員の警備員:320万円
派遣会社の警備員:300万円
アルバイトの警備員:240万円

【階級別年収】
一般警備の年収:230万円~
副隊長警備の年収:250万円~
隊長警備の年収:300万円~
管理職:年収340万~

警備員の年収も警備会社で正社員として働く正規雇用の場合と、警備会社と契約を交わしている契約社員の年収とでは違いますが、この他にも人材派遣会社から派遣されている警備員やアルバイトの警備員もいます。
正社員の場合でも平均年収は340万円程度と一般のサラリーマンの平均年収よりも低く、契約社員や派遣会社の警備員の年収はさらに低いのが普通です。
アルバイトの警備員は時給で警備会社の規模や勤務する地域にもよりますが、平均的な時給は900円から1200円程度が相場のようです。
そのためアルバイトの場合は仮に時給1000円で、1日に8時間の勤務だと25日間で月収20万円になります。

アルバイトなのでボーナスもないとすれば、アルバイトの警備員の年収は240万円になります。

関連:アルソック(alsok)の年収

警備員の男性女性別での平均年収

警備員の年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 364万円 25万円
女性の平均年収 275万円 19万円

警備員の年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が397.32万円となりました。
また警備員で働き盛りの30代の年収はおよそ294.679万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 242万円 15万円
25~29歳 198万円~248万円 16万円
30~34歳 185万円~285万円 18万円
35~39歳 191万円~295万円 18万円
40~44歳 210万円~331万円 21万円
45~49歳 249万円~371万円 23万円
50~54歳 287万円~397万円 25万円
55~59歳 284万円~394万円 25万円
60~65歳 168万円~394万円 17万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

警備員の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。警備員の平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 271万円
青森 256万円
岩手 280万円
宮城 301万円
秋田 247万円
山形 277万円
福島 271万円
茨城 301万円
栃木 301万円
群馬 301万円
埼玉 271万円
千葉 301万円
東京 421万円
神奈川 331万円
新潟 271万円
富山 271万円
石川 301万円
福井 301万円
山梨 271万円
長野 301万円
岐阜 271万円
静岡 301万円
愛知 331万円
三重 301万円
滋賀 301万円
京都 301万円
大阪 361万円
兵庫 301万円
奈良 301万円
和歌山 271万円
鳥取 271万円
島根 271万円
岡山 301万円
広島 301万円
山口 301万円
徳島 301万円
香川 271万円
愛媛 271万円
高知 271万円
福岡 301万円
佐賀 241万円
長崎 271万円
熊本 271万円
大分 271万円
宮崎 241万円
鹿児島 271万円
沖縄 241万円

比較してみると、一番年収が高い東京都の警備員の年収が、およそ421万円。
一番低い沖縄県の年収が241万円 となり181万円の年収差ができています。

警備員の仕事内容・面白さ・種類

【警備員の仕事内容】
警備員の仕事はその名のとおり、警備をすることです。
警備をするということは、容易なことではなく、常に集中し続けなければなりません。
また、警備員がいないと、この世の中における秩序はやはり著しく減退してしまうでしょう。
そういったことから、大変社会的貢献度の高い仕事であると考えられます。

【警備員の仕事の面白さ】
一般的に地味なイメージが選考してしまう警備員の仕事ですが、実はやりがいにあふれているのだといいます。
先ほども申し上げたとおり、警備員といっても様々な仕事があり、ステレオタイプな警備だけが業務ではありません。
特に輸送警備などの仕事では資格が必須であり、そういった観点ではキャリアアップをすることのできる環境であるということができます。
ただし、確かにずっと同じところにいるだけではキャリアアップは望めないので、能動的に自身のキャリアプランを考えていくことが重要です。
また、気持ちいい警備を心がけると、お客様からの笑顔がうれしいといいます。

【警備員の種類】
警備員といって想像される仕事はどのようなものでしょうか。
ショッピングモールや銀行の中で監視している警備員、道路工事の際に交通誘導をしている警備員など、様々な仕事をイメージするかもしれません。
しかし、今挙げたそれぞれの警備員には明確な基準によって分類されているのです。
その基準とは警備業法という名の法律であり、警備員の仕事に合わせて4種類にまで分類することが可能です。
1号警備と呼ばれているものが、先ほども申し上げたショッピングモールなどで警備を担当している人のことです。
商業施設に限らず、それこそ銀行や駅、企業などを警備する任に当たります。
続く2号警備と呼ばれているのが交通誘導、雑踏警備をする警備員です。
交通誘導はイメージがつきやすいかと思いますが、雑踏警備のほうを説明すると、これはイベント等で一時的にある場所が混雑する場合に、その場に秩序を与えることが目的の警備です。
3号警備では現金輸送などで見かける機会が多い、輸送警備です。
時には放射性物質や毒などといった危険物質を輸送することもあるので、大変リスクの高い警備です。
最後の4号警備では、身辺警備を担当していくこととなります。
一般的にイメージされるのが、芸能人などのSPです。

警備員で年収1000万円以上稼ぐには?

アルバイトの警備員の場合は年収をアップさせるには、労働時間を増すしか方法がありませんがそれにも限界があります。
正社員に関しては最近では警備会社でも、新卒採用を積極的に行っており、年俸制などを導入する企業も増えています。
そのため警備員でも国家資格の警備業務検定や、警備員指導教育責任者の資格を取得すればキャリアアップや年収アップにもつながります。

ただそれでも警備員で年収1000万円以上を稼ぐのは容易なことではなく、可能性があるとすれば多角経営を行っている警備会社も多いので、新規事業を提案してその立ち上げに関わり会社に貢献することです。
そうして実績を積み会社の発展と共に年収をアップさせていけば、例え転職してもそれだけのキャリアと実績があれば年収1000万円以上も夢ではありません。

警備員の30代・40代・50代の年代別年収

警備員の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約285万円~(推定)
40代で331万円~(推定)
50代で397万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約124万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

警備員の生涯年収を詳しく解説!

警備員の生涯年収を単純計算で算出してみると、およそ1億1400万円となりました。
給与水準は他の仕事に比べてあまりよくないですが、キャリアアップなどをして管理職へと回ることができたらより高い水準での給与を期待することができるでしょう。

警備員の年収をUPするための方法

年収をUPさせるためにはやはり、先ほどからも述べているようにキャリアアップをしていくことが重要です。
しかし、そのキャリアアップの仕方ですがいったいどうすればいいのでしょうか?
警備員でのキャリアアップにはまず資格が第一です。

資格のない警備員はほとんど決まった業務しかすることができず、単調なものになりがちです。
ところが、資格を持てば担当できる業務の幅も広がり、より高度な仕事をすることができます。
そうすることによって、次第に自身のキャリアを形成することができるのです。

まずはじめにとっておきたいのが、交通誘導検定です。

この資格はしばしば道端で交通整備をしている警備員が取得している資格であり、これがなければ交通整備を行うことは許されません。
これは警備員にとってのファーストライセンスであるといえるでしょう。
続いてとるべきは自身のキャリアプランにあわせて、考えて見ましょう。

警備員の取得できる資格は17種類もあるので、自身の好む資格を取っていくのがベストです。
そもそも、警備は法によって決められている「配置基準」というものにのっとって行わなければなりません。
その配置に関して、「どこどこには何々の資格を持った人員が何人必要」と厳密に定められているのだそうで、会社自体もたくさんの資格を持った人材は欲し続けているのだといいます。

つまり、資格の数が自身の価値に直結するわけなので、いくらとっても損はないでしょう。
そして現場での知識を十分につけたと感じられたら、管理職になるべく警備員指導教育責任者資格の取得に尽力していきましょう。
他の警備員を教育していく立場にある職員になることができるので、それなりの給料UPが期待できるでしょう。
ここからは、営業活動などをしっかりと行うことが求められる資質となってきます。

自身の名前を周囲に売り、人脈を次々と作っていくことで、仕事を得られる機会がどんどんと増えていくからです。
警備会社で成り上がるには、このようなルートを取るのが一般的であるといわれているため、働き始めの給料が低いことを嘆いてばかりいる暇はありません。
警備員の業界であってもきちんとキャリアアップを考えさえすれば、どんどん成り上がる機会はあるのです。

警備員になるには?(資格)

警備員になるには、それほど難しいステップを必要としません。
中途採用の場合は、転職サイトなどを用いて求人を探せばすぐに募集をかけている企業を見つけ出すことが可能です。
近年需要も高まってきているといわれているので、門戸はかなり広めに設定されています。
しかし、なってからのキャリアアップなどが大変な業界なので、その後どう過ごすかによって今後の人生が大きく変わってくることでしょう。
また、新卒の場合も同じく就活サイトを用いて求人を探していきましょう。
ただし新卒の場合キャリアアップは簡単で、現場を体験した後に幹部候補生としての道を歩むといいます。

警備員の求人や募集はどこで探せばいい?

就活サイト、もしくは転職者向けのサイトで求人募集を見つけることは簡単です。
また、ハローワークなどの施設を用いることで募集を見かけることもできますし、タウンワーク等の求人情報誌にも多く載っているため、常に目を光らせておく必要です。

警備員になる人の性格はどんな性格が適正?

こういってはなんですが、警備員をやっている方にはあまり向上心がないようで、それほど高い志を持って行っているというわけではないようです。
ですが、その中に向上心を持った人材が舞い降りたらどうでしょう。
その人はそれだけで評価されるようになり、資格等を取り始めたらそれこそ企業があなたに持つイメージは最高潮に達します。
向上心の見られない職場だからこそ、向上心を持った性格の人材は評価されていくことでしょう。

警備員の年収の本音

実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。

30代 業種 警備 年収400万円

すべての業務が楽に感じる。
給料は残業で稼いでいる。

40代 業種 警備 年収300万円

会社はきちんと選んだほうがいい。年をとると日差しがきつく感じることが多くなった

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る