+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

気象予報士の平均年収

気象予報士の平均年収に興味がある方のための基礎知識

気象予報士の画像

平均年収

平均年収:550万円

気象予報士の平均年収の範囲はおよそ400~650万円
最大年収:約800万円

平均月収給料

平均給料:34万円~45万円
初任給20~30万

気象予報士の業種別年収

気象予報士は様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

・民間の気象サービス会社・派遣会社:350~550万円
・民間のシンクタンク:480万円
・気象庁:550万円
・テレビ局やラジオ局(nhk)などのマスメディア:650万円


気象予報士の年収は勤務が民間の気象会社なのかマスメディアなのか、気象庁や自衛隊などの公務員なのかによっても異なってきます。
テレビ局やラジオ局などマスメディアのお天気キャスターも、気象予報士の資格を持っている場合もありますが、マスメディアで働く実際の気象予報士は裏方として気象庁からの気象情報を分析するなど、お天気キャスターのサポートをしています。
マスメディアの気象予報士の年収は他の社員の年収と大差はありませんが、マスメディアの平均年収が高いので必然的に年収も高めになります。
また気象庁や自衛隊などの気象予報士は国家公務員になるので、民間の年収とは違い棒給表によって年収が定められています。

気象予報士で年収1000万円以上稼ぐには?【お天気キャスターの年収】

テレビ局やラジオ局などのマスメディアのお天気キャスターは、一般的には年俸制で局によっても異なってきますが、300万円から600万円程度が相場です。
またテレビ局の場合は番組改編で番組内の天気予報コーナーが消滅したりすることがあるので、お天気キャスターとは長期契約ではなく1年ごとの契約を更新するケースがほとんどです。
さらにお天気キャスターでも気象予報士の資格を持っていないことも多いのですが、逆に気象予報士の資格を持っているお天気キャスターが番組内で人気が出ることがあります。
人気が出ると気象予報士として講演会の依頼や、なかにはお天気に関する本を出版するなどで、副収入が増え年収1000万円以上も可能なようです。

ただこれは気象予報士の実力というよりは、マスメディアの影響力が大きいからだとも言えます。

仕事内容

気象庁から提供される数値予報結果や、気象衛星、気象レーダー、アメダスといった観測データを総合的に分析し、気象予報を行う専門家。
天候が売り上げを左右するリゾート施設や小売業などへの情報提供も重要な仕事。
このほか、天気番組の作成、船舶の最適航路予測、地域に密着したピンポイント天気予報などを手がける。

平均年収が高い仕事内容

民間の気象予報会社に入社するほかにも、公務員として気象庁で働く方法があり、公務員の気象予報士が気象予報士の存在が平均年収を引き上げる要因のひとつになっています。

雇用状況

アナウンサーならお天気キャスターなどの職業がありますが、一般の人はなかなか仕事に結びつく事は少ない。
仮に国家公務員試験に合格し、気象庁などに勤めた場合は、 気象情報は365日24時間必要であるため公務員では珍しく休みの日が不定期になる事も。

利点

お天気キャスターになれる可能性もあり、フジでも有名なアマタツさんなどにも。
テレビに出れるようになれば収入も一気にUPします。

気象予報士の仕事に就くには?

大学などで気象学を学んだ人でなくても、気象予報士の国家試験はクリアできる。
まずは国家試験合格をめざして勉強に力を注ごう。
試験の受験資格は不問。
国家試験合格後、気象庁長官に資格登録をする。
気象予報士試験は気象の予想を適確に行う為に必要な能力があるかを認定する試験。
気象予報士の資格を取得すれば、予報業務における現象の予想に関する専門家として、予報業務許可事業者において、現象の予想を担当することが認められます。
ちなみに、お天気キャスターになるためには気象予報士の資格は必要ありません。
気象の予報業務を行う為には気象予報士の資格が必要ですが、お天気キャスターのように天気の解説だけならば資格は必要ありません。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る