+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

バスガイドの年収を詳しく解説

バスガイドの年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

バスガイドの画像

バスガイドの年収は(厚生労働省調査賃金構造基本統計調査)

バスガイドの年収の平均は、288万円でした。(厚生労働省調査賃金構造基本統計調査)

平均年収推移は265万円~320万円となっています。
お給料(月収):約18万円
最大年収:500万円程度

バスガイドの多くは観光バス会社に勤めていますが初任給も、16万円前後から17万円前後と他の業種と比べても決して高くはありません。
昇給や昇格も他の業界のようにはあまり期待できないので、バスガイドの年収もある程度のところで頭打ちになるようです。
それでも正社員の場合はバスガイドとして経験を積んでいけば少しづつですが給料も上がっていきますが、派遣社員やアルバイトやフリーランスのバスガイドの場合は、日給制なので経験によっても年収もある程度の差があります。

バスガイドの業種別(正社員・派遣社員)年収

バスガイドは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

正社員のバスガイドの年収:280万円~380万円
派遣社員のバスガイドの年収:260万円~340万円
アルバイトのバスガイドの年収:160万円~240万円
フリーランスのバスガイドの年収:220万円~420万円


男性のバスガイドもいますがバスガイドのほとんどは女性で平均年齢も25歳前後と若く、平均勤続年数も6年程度で転職も多いのが特徴です。
それでもベテランのバスガイドがなれば年収も380万円程度は貰っているようですが、転職も多い業界なので派遣社員のバスガイドやアルバイトやフリーランスのバスガイドも多いようです。

派遣社員のバスガイドの場合は日給制で経験によって、1万円前後から1万5000円前後が相場ようです。
アルバイトのバスガイドの場合も時給よりも日給が多く、バスガイド経験者が土日祝日などにアルバイトするケースがほとんどです。
フリーランスのバスガイドの場合は観光バス会社を退社したベテランも多く、正社員よりも年収が高いバスガイドもいるようです。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

バスガイドの男性女性別での平均年収

バスガイドの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 249万円 12万円
女性の平均年収 188万円 9万円

バスガイドの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が271.6416万円となりました。
またバスガイドで働き盛りの30代の年収はおよそ201.46752万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 231万円 14万円
25~29歳 120万円~170万円 11万円
30~34歳 95万円~195万円 12万円
35~39歳 97万円~201万円 13万円
40~44歳 105万円~226万円 14万円
45~49歳 132万円~254万円 16万円
50~54歳 162万円~272万円 17万円
55~59歳 159万円~269万円 17万円
60~65歳 83万円~269万円 11万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

バスガイドの30代・40代・50代の年代別年収

バスガイドの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約195万円~(推定)
40代で226万円~(推定)
50代で272万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約60万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

バスガイドの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。バスガイドの平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 259万円
青森 245万円
岩手 268万円
宮城 288万円
秋田 236万円
山形 265万円
福島 259万円
茨城 288万円
栃木 288万円
群馬 288万円
埼玉 259万円
千葉 288万円
東京 403万円
神奈川 317万円
新潟 259万円
富山 259万円
石川 288万円
福井 288万円
山梨 259万円
長野 288万円
岐阜 259万円
静岡 288万円
愛知 317万円
三重 288万円
滋賀 288万円
京都 288万円
大阪 346万円
兵庫 288万円
奈良 288万円
和歌山 259万円
鳥取 259万円
島根 259万円
岡山 288万円
広島 288万円
山口 288万円
徳島 288万円
香川 259万円
愛媛 259万円
高知 259万円
福岡 288万円
佐賀 230万円
長崎 259万円
熊本 259万円
大分 259万円
宮崎 230万円
鹿児島 259万円
沖縄 230万円

比較してみると、一番年収が高い東京都のバスガイドの年収が、およそ403万円。
一番低い沖縄県の年収が230万円 となり173万円の年収差ができています。

バスガイドの大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働くバスガイドの年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ独自の予想を算出してみました。

規模 年収
大企業のバスガイド 263万円
中企業のバスガイド 217万円
小企業のバスガイド 197万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

【バスガイドの仕事内容】
バスガイドの仕事内容は観光バスや貸切バスに乗車してバスの中で目的地の、観光名所の歴史や歴史上の人物に関する話を紹介したりすることです。
時にはバスの中から見える景色を説明したり、自慢の歌声を披露したりゲームやクイズなどで、お客さんを退屈させないようにすることも仕事の一つです。

目的地に到着した後は乗客を観光案内しますが名所や旧跡では歴史や神話などの解説を行うので、バスガイドは常に歴史や神話などの勉強も欠かせません。
さらによくバスガイドさんが笛を吹いて観光バスや、貸切バスを駐車場など誘導する姿を見かけますが、これもバスガイドの大事な仕事の一つです。

またバスの安全だけでなくお客さまの体調管理や、旅の時間の調整や管理を行うのもバスガイドの仕事です。

バスガイドで高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには?

結論から言えばバスガイドで年収1000万円以上を稼ぐ高年収を目指すのは無理で、バスガイドの多くは観光バス会社に勤めていますが仮にバスガイドから管理職に就いても、観光バス会社の管理職で年収1000万円以上の社員はほとんど皆無だからです。
それでもベテランのバスガイドのなかにはあえて正社員としてではなくフリーランスのバスガイドになり、正社員の時よりも高年収になるというバスガイドも少なくないようです。

バスガイドの初任給

参考例にバス会社の初任給は下記となっておりました。
・名鉄観光バス株式会  初任給18万6960円~19万8360円
・阪急観光バス株式会社 初任給900円(時給)
・帝産観光バス株式会社 初任給16万円程度


名鉄観光バスは愛知県・岐阜県・三重県で貸切バスを運行している、名鉄グループのバス会社で名鉄観光バスではバスガイドを募集しています。
雇用期間は4ヶ月以上で12ヶ月ですが契約更新の可能性のあり、日給制で日給8200円~8,700円です。
阪急観光バスは阪急バスの貸切バス部門を切り離し設立した子会社で、阪急阪神ホールディングスの連結子会社です。
帝産観光バス株式会社は東京の品川区に本社がある観光バスで、東京都以外にも愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県にも支店があります。
株式会社さくら観光は福島県の白河市に本社がある会社で、バス会社である桜交通の子会社です。

バスガイドと添乗員の違いって?

ツアーコンダクターとも呼ばれる添乗員の主な仕事は旅行の行程を管理することで一人で添乗を行うためには、国内旅程管理主任者や総合旅程管理主任者の資格が必要となります。
添乗員に対してバスガイドの場合は特別な資格が必要でないので、バスガイドが添乗員の仕事を兼任していることがほとんどです。
またバスガイドの主な仕事はバスの中や観光地などでお客さまのガイドを行いますが、添乗員の場合は観光地でもお客さまのガイドなどは行いません。
添乗員の主な仕事は観光地でのスケジュール管理をすることで、ホテルなどの施設と連絡や調整を行うことです。

バスガイドになるには?【資格難易度・倍率・合格率】

バスガイドになるには学歴や特別な資格も必要なく、観光バス会社にバスガイドとして採用されればバスガイドになれます。
観光バス会社に入社後はバスガイドとして必要な知識や、スキルは研修で学ぶことができます。

大卒などの学歴制限はほとんどありませんが、高卒以上を応募条件にしているバス会社が多いようです。
またバスガイドになるには特に資格などは必要ありませんが、観光系の専門学校を卒業していれば採用の際に有利です。
観光バス会社の求人を探さなくても派遣会社に登録すれば、観光シーズンの繁忙期などはバスガイドの需要があるので派遣のバスガイドとして働く方法もあります。

バスガイドの年収の本音

実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。

10代正社員バスガイドの口コミ年収

年収188万円
旅行をすることや人と接することが好きで、高校を卒業してバスガイドとして観光バス会社で働き始めました。
バスガイドとして働き始めて最初はお客さまが、きちんと説明を聞いてくれなかったり大変でしたが、今では仕事にも慣れて楽しくやっています。

20代派遣社員のバスガイドの口コミ年収

年収245万円
学校を卒業して観光バスのバスガイドをしていましたが、結婚を機に退社していました。
子供も保育園に預けることができたので、また派遣社員のバスガイドとして働き始めました。
派遣社員の方が正社員よりも、いろいろな面で融通が利くので働き易いです。

30代アルバイトのバスガイドの口コミ年収

年収120万円
結婚をしているのでアルバイトか、家事に支障がないパートの仕事を探していました。
そんなときにバスガイドのアルバイトの求人を見つけ、応募したら採用されました。
以前に2年だけバスガイドとして働いた経験があり、研修を受けて土日だけ働いています。

30代フリーランスのバスガイドの口コミ年収

年収412万円
短大を卒業して観光バス会社で、約10年ほどバスガイドをしていました。
観光バス会社は退職しましたが以前の会社から仕事の依頼があり、今はフリーランスのバスガイドとして働いています。
観光バス会社で働いていた時よりも、今の方が収入は増えました。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る