+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

日本中央競馬会の年収を詳しく解説

日本中央競馬会に興味がある方のための役立つ情報を紹介

日本中央競馬会の年収

日本中央競馬会の年収は、816万円でした!

日本中央競馬会の年収

日本中央競馬会の年収の平均は、816万円でした。
※日本中央競馬会(JRA)は農林水産大臣の監督の下、日本国政府が資本金の全額を出資する特殊法人なので、株式などの有価証券は有していません。

【職員平均給与】
事務・技術:859万円
研修職種:816万円
開催専門職種:1,217万円
獣医職種:1,057万円
装蹄職種:882万円
競馬学校教育職種:1,181万円
乗馬指導職種:713万円
技能職種:539万円
指定職:1,543万円

(平成25年度)

ここ数年での年収推移は650万円(最低)~1,200万円(最高)となっています。

給料:約68万円
日本中央競馬会とは:競馬法という法律に従って競馬を行う特殊法人です。
監督する省庁は農林水産省で、生産局畜産部競馬監督課が監督部局です。

本社所在地:東京都港区六本木6-11-1
日本中央競馬会の設立時期:1954年9月

日本中央競馬会の男性女性別での平均年収

日本中央競馬会の年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 947万円 59万円
女性の平均年収 677万円 42万円

日本中央競馬会の年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が979.2万円となりました。
また日本中央競馬会で働き盛りの30代の年収はおよそ726.24万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 465万円 29万円
25~29歳 529万円~579万円 36万円
30~34歳 536万円~636万円 40万円
35~39歳 622万円~726万円 45万円
40~44歳 695万円~816万円 51万円
45~49歳 792万円~914万円 57万円
50~54歳 869万円~979万円 61万円
55~59歳 861万円~971万円 61万円
60~65歳 561万円~971万円 41万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

日本中央競馬会の年代別年収

日本中央競馬会の30代・40代・50代の年代別年収

日本中央競馬会の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約636万円~(推定)
40代で816万円~(推定)
50代で979万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約343万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

日本中央競馬会の主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 700万円
係長 871万円
課長 1,152万円
部長 1,273万円

※平均年収jp独自に取得しているデータと日本中央競馬会の平均年収と掛け合わせて算出しました。

日本中央競馬会の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定35,088万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は17,243万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

仕事内容

日本中央競馬会の業務内容

競馬場の運営、馬券の販売、馬の改良、増殖そのほかの畜産への寄与など。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは62で、他グループ(他企業)では64(トヨタ自動車)、60(日本生命)、59(双日)などがありました。

【日本中央競馬会のグループ企業や関連企業】
JRAに直接関係はありませんが、昔から関わりの深い団体です。
・競馬飼糧株式会社 (JRAファミリー企業)
・日本競馬施設株式会社 (JRAファミリー企業)
・JRAシステムサービス株式会社 (JRAオッズカードの販売、電話投票会員の管理等)

日本中央競馬会の新卒初任給・採用・面接情報を解説

新卒の初任給は
4大卒、大学院卒の場合でのみ
事務職20万2,000円~
技術職21万4,000円~
獣医職24万9,200円~

短大、専門職は別途問い合わせが必要。
となってました。(平成25年度)

【面接で聞かれること】
・志望動機と自己PRを簡単に。
・興味を持っている業務は何か?
・売り上げを伸ばすために何が必要だと思うか?
・競馬場やウィンズの問題点や改善点は?

【求めてる人物像】
原則的には、非常に固い感じですが限りなく雑務をこなす接客サービス業として人材を考えています。
営業職が無いため、職員は全員が競馬場やウィンズに出て何らかの接客に携わることになります。
立場の異なる様々な人との接点も多いのと、非常に年齢層も高い人たちや経験が豊富な人たちに囲まれて職務を行うので、柔軟なコミュニケーション能力はかなり必要でしょう。
研修制度はかなり充実しており、1年目は全員にフレッシャーズパートナーとして先輩職員が一人に一人つきます。
一般企業よりも、人間関係に関して多少慣れが要求される現場ですね。

【採用(内定)の条件】
内定者の情報を見ると、特に事前に自分で企業研究をするといった様子は少ないです。
ホームページをよく見ること、競馬というシステムの理解、他企業の内定の辞退と、状況に関しては説明を要求されます。
印象としては、一般的な行政職と非常によく似ており、学歴が良ければある程度の給与からスタートし、試験で昇給、昇格するシステムです。
2次筆記では合否に関わらず全員に通知が行われ、面接はすべて個人面談です。
エントリーシートに、自分のキャラクターを馬名で示せといった変わった設問があります。
非常に採用に関しては消極的な特殊法人なので、時事問題と小論文対策が最も重要なのかもしれません。

日本中央競馬会の評判はどう?(待遇や社風)

完全な官公庁直属の特殊法人なので、役員のほとんどは元官僚です。
理事長以下、主要役員に関しては出世でその立場になるわけではなく、ほとんどは一般行政職の事務職員に該当する立場です。
営業といった業務が全く存在しないため、ノルマという概念がなく、職員は自分の持ち場を正しくやり遂げることを主眼としています。
出世を望まないが、ある程度生活に余裕を持ちたいとか、スキル不要で一定の収入の確保したいルーチンワークが気に入るなら、非常に働きやすい職業といった声があります。

日本中央競馬会の強みは何?

地方が衰退する中でも、魅力的な競馬ブランドを持って顧客を引き留めている点は、業界でもトップです。
全国の競馬場施設も非常に充実し、現在の競馬の人気はこの特殊法人だけが独り勝ちしている感じですね。
さらには、資本が国費ですから、絶対的に倒産や解散の心配はする必要がないのは、強味以上のものがあるのではないでしょうか?

日本中央競馬会職員の年収の本音

日本中央競馬会職員の口コミ年収

20代 業種:事務職員 年収:456万円

新しい業務分野の開拓がまったくないので、業務はハードローテーションのようなものです。
残業はほとんどなく、収入が安定している側面以外、特に特徴はないですね。
とにかく。顧客層があまり良くないので、接客でトラブルを起こさないように気を付けています。

20代 業種:パートナーセールス 年収:505万円

レース開催日程が常に決まっていますから、仕事に追われる必要はまるでありません。
計画的に休みは取れますが、原則土日は仕事が入ります。
給与や福利厚生、賞与も予め決まっていますし、勤続年数で定期的に上がりますので、個人裁量の入る余地はまるでないです。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

公務員系の平均年収一覧

公務員系の平均年収一覧をまとめてみました。

▲このページのトップへ戻る