富裕層の年収を賃金構造基本統計調査や口コミを参考に詳しく調べました。

富裕層が実際にどのくらいの年収をもらっているのか解説します

富裕層の画像

富裕層の年収は、口コミでは2000万円以上!

富裕層というと定義は曖昧な部分が多いと思います。
年収としては2000万円以上が富裕層という意見が多い中、1000万円以上でも十分に富裕層であると考える人も比較的多いです。
少なくとも1000万円以上というのが富裕層かそうでないかを区別する基準になっているように思えます。

富裕層の定義

富裕層とは一体どのくらいの人たちのことを言うのでしょうか。
詳しくみていきたいとおもいます。
まず富裕層の定義として考えると、野村総合研究所によると、富裕層は「純金融資産保有額」が1億円以上5億円未満の世帯のことを指します。年収が1億以上ではないということがわかります。
2019年までになりますが、どのくらいの富裕層がいるのか表にしてみました。

年   世帯数 割合 純金融資産
2019年 124万世帯 0.23% 236兆円
2017年 118万3000世帯 0.22% 215兆円
2015年 114万4000世帯 0.22% 197兆円

割合は0.2%でした。しかし、実際に年収のみだと富裕層と感じるのはどのくらいの年収からなのでしょうか。
実際にアンケートを取ってみました。

世帯年収 人数 比率
1000万円 13 18.57%
1500万円 21 30.00%
2000万円 20 28.57%
3000万円 7 10.00%

年収に富裕層を感じるは、世帯年収で1500万円から

アンケート結果を見てみると世帯年収から富裕層と感じるのが1500万円からというのが最も多かったです。
世帯年収で1500万円というと、単純計算で共働きだとして夫婦それぞれで750万円以上の収入があればいいことになります。
実際には実例を見てみると、男性が年収1000万円、女性が年収500万円ぐらいの世帯が一般的に富裕層と感じられるのではないでしょうか。

チャット右画像

ヨシコ

男性で年収1000万円以上だと世間的には富裕層と感じる人は多いみたいですね。

年収1000万円以上の日本人口は全体の何%?

年収1000万円以上の日本人は日本人口の約5%以下とされており、実際に、手取りで年収1000万円以上という人は、それよりもまだ少ないと思います。
サラリーマンの場合は年金や源泉徴収、保険料などが引かれるので、手取りは700~800万円と推定されます。

パワーカップル=富裕層の認識?

最近はパワーカップルという言葉が流行しています。夫婦合わせた年収が1000万円以上とか高収入の正社員カップルのことを言います。
不動産購入の際には年収の8年分の価格が適正だと言われています。パワーカップルで例えば世帯年収1400万円だと、1億1200万円の物件が購入可能になります。
好立地のタワーマンションも選考対象になってしまいます。
野村総研が出した金融所得1億以上。こちらにもがっつりあてはまっていますね。

富裕層になるためには?

年収1000万円とはいわずとも、500万円~900万円の年収を狙って準富裕層をまずねらっていくという目標はいいかもしれません。
年収500から900万円だと、外資系企業やコンサル系企業、エンジニアなどであれば狙いやすいといわれています。
逆にサービス業・介護業界だと年収が最大でも400~500万円ぐらいと上限が決まってしまうので富裕層に近づくのはかなり困難な道のりになってしまいます。
その場合は思い切って副業や投資をする、勉強をしたりキャリアトレーニングをするなどで自分の市場価値を高める方法しかありません。

チャット左画像

アイミ

外資系企業の転職やコンサル系企業への転職は実力主義ですが、高年収を狙うのであればぜひ挑戦してみましょう。
失敗しないための外資系企業への転職サイトの選び方
年収1000万円コンサルタントのための転職サイトと転職エージェント

中国の富裕層はどのくらいから?

日本では世帯年収1500万円以上が富裕層とされる事が多いのですが、中国の場合は年収200万元以上が富裕層といわれています。
200万元は日本円に換算すると約2900万円で、日本の富裕層よりも基準が高いというのが分かります。
中国の富裕層の人口は世界的に見ても多いのですが、そういった中国人富裕層は中国の全人口の1%以下とされ、中国の人口が膨大な為、ほんの一部となっています。

超富裕層とは?

先ほど述べた年収1000万円以上、一般的には2000万円以上とされる富裕層の上に超富裕層と呼ばれる人たちがいます。
年収ではなく金融資産が10億円以上と定義され、富裕層とはビジネスや資産の作り方が大きく異なり、ビジネスで成功した人たちを指して超富裕層と呼ぶ事が多いそうです。

貧困層の年収と富裕層の年収の格差はどのくらい?

日本は格差社会というイメージが他国よりも薄いと思いますが、実際には貧困層と富裕層とでは大きな差があります。
日本国内の富裕層は約80万人といわれている中、貧困層といわれる人口は約2000万人、世界的に見ても日本は先進国の中で多くの貧困層を抱えているといえます。

平均年収の基礎知識

▲このページのトップへ戻る