+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

年収800万円で住宅購入・マンション購入する際の理想金額と理想スタイル

年収800万円で住宅購入・マンション購入するためにはどうしたらいいのか。年収800万円のライフスタイルから紐を解き、理想の購入額を割り出します。

年収800万円で家を買うの画像

年収800万円のライフスタイルとは?どんな住宅に住める?

年収800万円は、日本人の平均年収が420万円の倍近い年収です。かなり余裕があるリッチなライフスタイルを送れそうですね。独身であれば、家賃が15~18万円の洒落た1LDKの賃貸マンションにも住めます。都内でも好きな場所に住めますし、地方都市であればグレードの高い賃貸マンションを借りられます。食事も朝から夜まで、3食とも外食でもよいでしょう。国産の高級車でも外車でも、ランボルギーニなどの高級外車でなければ好きな車が買えそうです。国内旅行はもちろん、年に1~2回であればハワイや、東南アジアへの海外旅行にも行けるでしょう。

しかし年収800万円でも既婚者の場合、独身のようなライフスタイルを送ることはできないでしょう。同じ家賃でも子供が2~3人いれば、都内であれば2DKの賃貸マンションが妥当で、好きな高級マンションに住むのは難しそうです。しかし地方都市であれば、広めの賃貸マンションを借りられます。外食できる回数も減り、高級なレストランからは足が遠ざかりそうです。国産であれば好きな車を買えそうですが、子供の教育費を優先すると車にお金はかけられないかもしれません。家族旅行も海外に行くのは難しく、年に1~2回の国内旅行に落ち着くのではないでしょうか。

参考:年収800万円の手取り・税金額(所得税・住民税)・貯金を完全解説します。

年収800万円で借りられる最大額の住宅ローンはいくら?

住宅ローンの借り入れ額は年収によって変わります。金融機関によって借入可能金額の目安となる、年収に応じた返済比率が決まっているためです。返済比率とは年間の支出の総額を年収で割った数値です。金融機関によって多少の違いがありますが、年収400万を超える場合は35%から40%が一般的でしょう。

具体的な金額を見ていきましょう。年収800万円の場合、返済比率を35%とすれば800万円×35%=280万円が年間に借りられる最大額の住宅ローンになります。この場合、280万÷12ヵ月=23.3万円が月に返済する上限の金額です。クレジットカードのキャッシングや自動車ローンなどの借り入れが一切ない場合、年収800万円の人が借りられる最大額の住宅ローンは5269万円になります。これは金利が4%、元利均等で試算した金額です。

年収800万円で家を買うときの理想の住宅金額の概念画像

年収800万円で家を買うときの理想の住宅金額はいくら?

年収800万円の人が借りられる最大額の住宅ローンは5269万円ですが、この住宅金額はあくまで金融機関で借りることができる最大の金額です。一般には理想の住宅金額は年収の5倍程度がいいと言われています。しかし、無理なく住宅ローンを返済するためにも、毎月の返済額が今の賃貸マンションの家賃と同じか、それ以下となる住宅金額が理想です。家賃から逆算して住宅金額を考えるとよいですね。たとえば家賃15万円で、同じ金額を毎月住宅ローンで返済したい場合、金利が4%で元利均等で試算すると、住宅ローンの総額は3387万円になります。

実際には、できるだけ頭金を貯めて無理がない住宅ローンを組むべきです。住宅ローンは20年とか30年という長期のスタンスでの支払いになるので、あらゆるリスクに備えなければなりません。会社の倒産やリストラに遭ったりして失業したり、転職して年収が少なくなる可能性もあります。家族の病気などで、思わぬ支出があるかもしれません。また、無理して住宅ローンを組むと子供の教育費や老後資金を貯めることもできなくなります。

子供がいる場合はどのくらいの住宅購入額にすればいい?

子供がいる場合でも人数や年齢によって購入したい住宅は異なります。もし子供がまだ幼いのであれば子供部屋は一部屋で十分です。中学生以上の子供がいれば、各々の個人部屋が必要でしょう。しかし、子供が実家を出て夫婦2人だけになれば、子供部屋は不要になってしまいます。子供部屋がある住宅を買う時には長期的な見通しを持って考えましょう。

また、子どもの教育費も必要です。学習塾や英会話教室、スイミングスクールなどの習い事の費用に加え、子供のおこずかいや洋服代もかかります。子どもの将来や日々の生活にゆとりを持つためには、現在の賃貸マンションの家賃と同じか、それ以下で購入できる住宅購入額が理想です。

たとえば住宅ローンの毎月の支払を家賃と同じ13万円としたい場合、住宅購入額は2936万円になります。これは金利が4%で元利均等で試算した金額です。

【まとめ】年収800万円で家を買う金額

年収800万円で家を買う金額は
2936万円から5269万円、月額返済額は13万円が理想です。なお、頭金を貯めればもっと高額な住宅を購入できます。しかし、自動車ローンの支払いやカードローンなどの借り入れがある場合は、毎月の支払い金額が差し引かれるのでこの金額よりも少ない住宅購入額になることにご注意ください。 参考:マンション購入の理想額

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

平均年収の基礎知識

▲このページのトップへ戻る