+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

プロのアドバイザーが所属している年収アップエージェントを紹介!

プロのアドバイザーが所属している年収アップエージェントについて解説します

生活が苦しい、お金が貯まらないなど年収が思うほど高くない場合悩みは尽きません。人はお金に追われると、心も急いて寛容さを失います。懐具合が温まっていると、心も穏やかになるものです。

では理想的な年収とはいくらなのでしょうか?人によってお金の価値観は違います。理想年収1つとっても、全ての人が千差万別です。しかし忘れてはならないことは、お金に囚われると人生を縛られることと同じと言えます。

ある程度の収入があれば、後は幸せかどうかであなたの人生は変わるのです。今回は理想年収になる職務経歴書についてお話していきます。転職エージェントもご紹介するのでお楽しみにしていてください。

職務経歴書とは?

始めに職務経歴書とはどのようなものなのか、まずはここからお話していきます。求人先に書類を提出する際、履歴書が以前は一般的でしたが現在では職務経歴書の提出も合わせて求められるようになっているのです。

職務経歴書を知らなければ、希望している年収にも届きませんし希望する仕事にもたどり着けないことが多いでしょう。

履歴書との違い
提出を求められている書類について、あなたは性格を熟知しているでしょうか?履歴書はなんのために提出しなければならないのか、はたまた職務経歴書はなぜ提出を求められる機会が増えているのか、ここを掘り下げて見ていきます。

まず履歴書の性格として、以下のことが挙げられます。
・人事資料として
・今までの経歴と合致しているかという面接時の判断材料として

特に履歴書は人事資料としての役割が強くなっており、面接時に求められる情報とは言えなくなっています。だからといって適当に書くということは厳禁です。一通り目を通されますので、適当に書けばその時点で落とされます。

次に職務経歴書の性格を挙げてみましょう。
・なぜこの仕事をしたいのかというアピール
・今までにしてきた仕事は熱心に取り組んでいたか
・自分の強みは何か分かっているか

こう考えると分かり易いかもしれません。履歴書は交渉においての名刺であり、交渉のプランとして職務経歴書が存在する、つまり具体的な中身が職務経歴書の中になければ交渉は成立しないでしょう。

交渉=面接の武器はあなた自身ということです。魅力あるプレゼンを行えなければ、交渉は成立しませんので、構成は重要な部分になります。

自分自身をわかってから職務経歴書を作成することが大事

職務経歴書の性格がわかったところで、ここが作成していく上で重要になってくる部分ですが挙げた性格の3つ目である自分の強みを分かっているかというところです。自分自身を売り込むためのプレゼンで、自分を分かっていなければお話になりません。

職務経歴書作成において、まずは自己分析が必要です。自己分析を行い、自分の強みは何かを具体的に語れるようにまとめなければならないでしょう。面接時は自身でも話しますが、その前段階で文章にまとめなければ相手に伝わりません。

自分の強みをアピールし、いかに仕事に貢献できるかという部分を練り上げて職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書は自分の広告だと思いましょう

TVでCMを観て、どういった企業かということがCMを通じて語られていることは広く知られています。職務経歴書はCMと同じ役割を果たしており、自分の広告と言えるのです。職務経歴書を読んで、あなたという人がどのような経歴を辿り、どのような人物なのかを伝えられれば上出来です。

ここに上手く企業にこういう貢献ができるということを盛り込められれば、あとはあなたの面接での受け答え次第になります。いくら文章をまとめても、本人が上手く話せなければ無駄です。職務経歴書の内容とズレがないように面接に臨みましょう。

職務経歴書の種類

職務経歴書には大きく分けて2つのパターンがあります。どの部分を強調して伝えたいのか、このポイントによって書き方が違うのです。枚数は1~2枚がベストであり、A4の用紙にパソコンで入力します。

編年体形式、逆編年体形式
どのような仕事をしてきたのか、その仕事についてどれだけ詳しい知識を得ているのかということを伝えるのに最適な形式が編年体形式、逆編年体形式です。履歴書の職務経歴欄と近いですが、大きな違いは業務内容を書きます。仕事内容をきちんと理解して書かなければなりません。

あなたがどのような経歴を辿ってきたのか、昇進・昇格・表彰を盛り込んで記載します。転職したことがあれば、こちらに合わせて記載していく流れです。

キャリア形式
編年体形式、逆編年体形式は仕事内容・あなたの実績について書いていく形式でしたが、キャリア形式は具体的にどのようにあなたが実績を残してきたのかを書いていきます。基本的には編年体形式と同じく時系列に沿って書いていくと、あなたのキャリアの積み重ねがわかりやすくなるでしょう。

あなたが関わった具体的な実績・役割・使ったスキルを効率よく上手くまとめていく形式になります。

転職エージェントの利用が職務経歴書作成におすすめ

職務経歴書を作り、尚且つ転職活動を並行して行っていくということは在職中であれば大変なことです。ここで利用を考えるべきなのは、転職エージェントになります。転職エージェントはあなたの代理として企業との日程調整・条件交渉を行ってくれますがこの他にとても助かることをしてくれるのです。

それは履歴書・職務経歴書の添削になります。文章を書く事が苦手なら、履歴書や職務経歴書を各作業はとても大変です。そして上手くまとめられているか自分で判断できない場合、この添削してくれるサービスは大いに役立ちます。

日程調整

在職中であれば仕事を簡単に休むわけにはいきません。下手に有給を取ると、会社から怪しまれる危険もあるでしょう。あなたが仕事しづらくなるだけでなく、周りにも迷惑をかけてしまいます。立つ鳥跡を濁さず、後腐れなく職場を退職する方向に考える必要があるのです。 この際役立つのは転職エージェントを利用した日程調整になります。あなたの都合と企業側との交渉をしてくれるので便利なサービスです。

条件交渉
この記事のテーマである年収の交渉は、自分では切り出しにくいものがあります。しかし条件交渉はしていかなければ、ただ企業側に都合のいいように使われてしまう危険があるのです。ここでも転職エージェントの出番となります。

転職エージェントはあなたの意向を聞いて、条件交渉をしてくれるのであなた自身が条件交渉をすることはありません。ただ注意点として、どのような進捗状況化を逐一チェックしてください。転職はあなた自身が行うものです。全てを委ねるのは、自分の人生を他人に委ねることと同じですから自分の道は自分で切り開くという思いを忘れないようにしましょう。

履歴書・職務経歴書の添削
転職エージェントとして仕事をしているわけですから、こう書けば企業側に伝わるというということは熟知しています。だからこそ利用するべきです。転職エージェントを利用は無料なので、利用しない手はありません。

主張をしっかりと行えば、年収が上げられるということを履歴書・職務経歴書の添削を通じて実感できるはずです。

おすすめ記事:年収が上がる職務経歴書のフォーマットテンプレート

職務経歴書の添削に定評のある転職エージェント3選

ではここからおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。今回ご紹介する転職エージェントは、主に職務経歴書の添削に定評のある転職エージェントを選んでいまますので参考にしてください。

・パソナキャリア

求人量はリクルートやマイナビなどの大手に負けていますが、サポートに関して言えば定評があるのがパソナキャリアです。パソナキャリアの社風が社会貢献となっていますので、転職エージェントにありがちな強引に転職させようとするなどはないと考えられます。

職務経歴書だけでなく、他のサポートも充実している点で頼りになるでしょう。專門的な提案力には弱いという評価ですが、そこはサポート力でカバーされています。あなたの年収アップへ強いフォローとなってくれるはずです。

・DODA

業界最大手の1つDODAは、求人の質や量も文句ありません。長年の蓄積された経験からアドバイスされるので、あなたの年収アップに大きな手助けになるでしょう。しかし注意点としてやはり大手ということもあって、サポート体制に十分な時間をかけてくれないという評価もあります。

自分の職務経歴書に自信があるならそのまま使ってもいいでしょうが、サポートを手厚くして欲しい場合は他との併用を考えましょう。

・マイナビエージェント

業界最大手のマイナビが運営するマイナビエージェントは、20代からの評判が良い転職エージェントです。30代以降は辛い評価がありますが、年齢が20代なら利用をした方がいい転職エージェントになります。

転職エージェントの年齢が同年代だからこそできる提案、サポート体制も充実していると評価されているのでおすすめです。初めてステップアップを考えている場合、マイナビエージェントから始めると上手く行くと考えられます。

理想年収を叶える職務経歴書の作り方を教えてくれる転職エージェントまとめ

転職エージェントは数多くありますが、それぞれ特徴があります。特徴を知った上で、利用するべき転職エージェントを使えばあなたの転職は成功しやすいでしょう。年収をアップさせるためには、まずは転職エージェント選びから始めてください。

転職年収コラム

▲このページのトップへ戻る