+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

三和シャッターの年収

三和シャッターの年収に興味がある方のための基礎知識

三和シャッターの年収

平均年収 989万円
ここ数年の最高平均年収 1027万円
業界平均年収との差(業界平均) 398万円(業界平均年収:591万円)

三和シャッターの年度別年収

年度 平均年収
令和3年 990万円
令和2年 1013万円
令和1年 1027万円
平成30年 1025万円
平成29年 960万円
平成28年 957万円
平成27年 954万円

ここ数年での年収レンジは最低954万円~最高1027万円となりました。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

三和シャッターの年収中央値を比較!【予想値】

つぎは、三和シャッターの年収中央値を計算してみました。
平均年収jpの年収査定で取得したデータと賃金カーブなどを統計し年収中央値の平均を算出しそれを割り当ててみると、三和シャッターの年収中央値はおよそ752万円となりました。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。

性別 年収中央値
男女計 752万円
男性 835万円
女性 668万円

三和シャッターや同じような業種で転職を考えてる方へ

三和シャッターや同じような企業や業種への転職を考えてるあなたのために、失敗しない転職をするための3条件を満たすサイトを厳選しました。
3条件は、

・三和シャッターや競合企業の求人(非公開)を持っている可能性がある・高い
・面接や面談対策が充実している
・希望に沿った案件を紹介してくれる


サイトによって案件が違うので、2社は登録したほうがいいでしょう。
※横にスライドが出来ます。

サービス 人気企業の掲載 特徴 エリア 強み
doda 日清食品やブリジストン
ニチレイフーズなど
消費者向けの企業など
人気企業の求人あり
全年代
未経験
全国 ・転職者満足度No.1
・サポート/求人の質◎
リクルートエージェント 株式会社リクルートや楽天
ソフトバンクなど
一流企業の求人掲載あり
全年代
未経験
全国 ・転職成功実績No.1
・業界No.1の求人数
JACリクルートメント レゴジャパンや
P&Gなどの外資系
人気企業の
掲載あり
全年代
外資
ハイキャリア
東京 ・転職成功実績31万人↑
・営業/エンジニア転職に強い
リクルートダイレクトスカウト Benesse、Yakult
SONYなどバラエティー
豊かな一流企業が多数掲載
30~40代
年収UP
ハイキャリア
全国 ・平均年収900万
・企業/スカウトから連絡
レバテックキャリア サイバーエージェント
やアクセンチュア
などの大手IT企業が掲載
エンジニア 全国 ・利用者9割が20代
・第二新卒/既卒に特化
doda it IT企業だけでなく
関西電力や積水ハウス
などのITポジションも
掲載されており
世界が広がる
エンジニア
女性
東京 ・支援実績多数
・企業交渉も任せることができる
アクシスコンサルティング メガバンクや
大手外資系企業を紹介
してもらえる
コンサル
外資系
全国 ・コンサル・外資系向け
・コンサルファーム好きな人向け

三和シャッターの年齢別年収で比較してみよう【予想値】

つぎは、三和シャッターの年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が1,112万円でした。
また三和シャッターで働き盛りの30代の年収はおよそ907万円になります。
それでは全体の年齢別年収を予測してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 296万円 20万円
25~29歳 714万円 48万円
30~34歳 776万円 55万円
35~39歳 803万円 57万円
40~44歳 898万円 64万円
45~49歳 1,019万円 71万円
50~54歳 1,112万円 76万円
55~59歳 1,102万円 76万円
60~65歳 725万円 52万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で予測算出した結果になっております。

三和シャッターの男性と女性の年齢別年収の違い【予測値】

では平均年収がわかりましたが、次に三和シャッターの年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。
※企業によっては男女同一賃金になっているところもあるのであくまでも賃金統計とデータからの予測値としてご覧くださいませ。

年齢 男性 女性
20~24歳 296万円 296万円
25~29歳 816万円 714万円
30~34歳 864万円 776万円
35~39歳 893万円 803万円
40~44歳 967万円 898万円
45~49歳 1,096万円 1,019万円
50~54歳 1,195万円 1,112万円
55~59歳 1,185万円 1,102万円
60~65歳 781万円 725万円
チャット右画像

ヨシコ

三和シャッターの働き盛りの30代の男女の年収を比較してみましょう。

三和シャッターは平均年収ランキングの順位は○○位でした

では、三和シャッターの平均年収は989万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。
是非チェックしてみましょう。

企業の平均年収ランキング

三和シャッターの年収ピラミッドで階層を知ろう

男女年齢別の年収をみてみましたが、次は三和シャッターの社員は年代によってどの年収層にいるのかを統計を基準に年収を割り当てて算出予測してみました。 あなたの年代と是非比較してみてください。

三和シャッターの20代の年収層
三和シャッターの20代の年収ピラミッド
三和シャッターの30代の年収層
三和シャッターの30代の年収ピラミッド
三和シャッターの40代の年収層
三和シャッターの40代の年収ピラミッド
三和シャッターの50代の年収層
三和シャッターの50代の年収ピラミッド
チャット左画像

ミナミ

三和シャッターの年収ピラミッドと他企業の年収ピラミッドを見比べてみると年代によってどのくらい差があるのかわかりますよ。

三和シャッターの総合職・一般職・技術職の年収を解説

三和シャッターでの企業内での職業によっても給与が変わることがあります。大まかに総合職から一般職まで分類し賃金カーブと統計から独自に予測値を立ててみました。

職種 年収
総合職 1,326万円~1,426万円
技術職 898万円~998万円
一般職 919万円~1,019万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から予測した結果になっております。

三和シャッターの主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 993万円
係長 1,121万円
課長 1,481万円
部長 1,637万円

※平均年収jp独自に取得しているデータと三和シャッターの平均年収と掛け合わせて算出しました。

三和シャッターの大卒・短大卒・高卒の年収予測

厚労省が出している賃金統計の学歴差年収を基準として、平均年収や業種の規模間などから一番年収差がつく50歳の時の年収で、大卒 高卒までの年収を予測してみました。※予測値となるため実際のデータとは違う可能性があります。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 1,345万円
短大卒 1,149万円
高卒 978万円

※厚労省が算出した賃金統計調査から平均的な賃金比率を税理士が割り出し、それを元に計算した予測結果となっております。

三和シャッターの男性女性別での平均年収

三和シャッターの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 1,121万円 72万円
女性の平均年収 845万円 54万円

三和シャッターの30代・40代・50代の年代別年収

三和シャッターの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約876万円~(推定)
40代で1,019万円~(推定)
50代で1,222万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約357万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

三和シャッターの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定43,803万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は26,185万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
営業はシャッター・ビル建材商品・住宅建材商品・メンテナンスなどの営業を行い、開発は新商品・シャッター関連・ドア・住宅建材製品などの開発を行います。
また設計はシャッター関連・・ドア・住宅建材製品などの設計を行い、 製造管理は生産・品質・資材・物流の管理を行い施工管理は工務管理を行います。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは52で、他グループでは53(積水ハウス)、51(タカラスタンダード、ノーリツ、新日軽)、50 (ナスステンレス、パナホーム、セキスイハイム、サンゲツ)などがありました。

【三和シャッターのグループ企業や関連企業】
・昭和フロント(株)
・沖縄三和シヤッター(株)
・三和タジマ(株)
・三和エクステリア新潟工場(株)
・ベニックス(株)
・Sanwa USA Inc.(アメリカ)
・OVERHEAD DOOR CORPORATION(アメリカ)
・Novoferm GmbH(ドイツ)
・Novoferm Nederland B.V.(オランダ)
・Novoferm France S.A.S(フランス)
・Novoferm Schievano s.r.l.(イタリア) その他多数

三和シャッターの新卒初任給・採用・面接情報を解説

新卒の初任給は
20万4,100円(大卒)
21万4,700円(院卒)
となってました。(平成28年度)

【面接で聞かれること】
・三和シャッターを志望した理由を教えてください。
・当社の志望順位は何番目ですか?
・これから成功するビジネスは何だと思いますか?
・まわりの方のあなたへの評価を教えてください。

【求めてる人物像】
三和シャッターが求める人物像はコミュニケーション能力に加え、自分の考えをしっかり表現することができ、創気・勇気・根気を持ってチャレンジする人です。

【採用(内定)の条件】
三和シャッターの内定までの流れと対策ですがエントリーを行い会社説明会に参加し、一次選考と二次選考と最終選考を経て内々定までの流れとなります。
一次面接は1対4の集団面接で面接官は人事ではなくて、志望職種の関係部署の社員が面接官のようで、一次面接では志望動機や自己PRや、学生時代に頑張ったことや就活の状況など一般的な質問がほとんどのようです。
二次面接でも志望動機や自己PRが聞かれそのほかに、希望職種やもし希望職種に入れなかったらどうするかなどが質問されるようで、最終面接は役員クラス2人による個人面接で、質問内容は主にエントリーシートに沿ったものが多いようです。

三和シャッターの評判【福利厚生や待遇など】

三和シャッターの評判ですがひとつの部署に無理なく仕事が進むように余裕の人員数が配置されているという口コミや、各部署内でコミュニケーションを円滑に図るよう工夫がされているのでとても過ごしやすいという口コミがありました。

また給与や休みも多く他の企業より恵まれている感じがするという意見や、雇用の安定感はあるほうだと思うという意見もありました。
さらに重量シャッターの製作をしていましたが規格品が多い軽量シャッターとは違い、一つ一つが図面から製作する一点ものでやりがいがあるるという口コミや、現場の班長をはじめ社員の人柄がよく働きやすい職場だというという意見もありました。

三和シャッターの強みは何?

三和シャッターの強みは業界ナンバーワンであることですが、日本で軽量シャッターが一般の店舗や住居に取り付けられ始めたのは高度経済成長期の1960年代で、三和シヤッターは時代の先駆けとして1956年に誕生し50年以上の実績があり、金属製で防災や防犯性能に優れている「軽量シャッター」を瞬く間に日本に普及させたことです。
さらにシャッターだけでなく外部と住空間を仕切るドアなど生活や、ビジネスに安全・安心・快適を提供するさまざまな商品やサービスなど、幅広く事業を展開していることも三和シャッターの強みと言えます。

三和シャッターの仕事の面白さ・ポイント

三和シャッターの仕事の面白さやポイントですが三和シヤッターでは1986年に香港に現地法人を設立して以降、台湾・タイ・インドネシアなどアジア各国へ進出し、1996年にはアメリカでガレージドア・シャッターの分野でシェアトップクラスのオーバーヘッドドアコーポレーションを買収するなど、グローバル企業として生産拠点や販路を世界で広げています。

そのため若手社員でも語学が得意で、やる気があれば海外の駐在員として働くことも可能です。


また営業活動によるキャッシュフローは3,717(百万円)と潤沢でした。

元三和シャッター社員のクチコミ年収

20代 業種:商品開発 年収:598万円

マンションやホテルのドアなどの、軽量ドアの開発を担当しています。
三和シャッターでは商品開発から、製造・販売・取付けまでトータルで行っているのが魅力です。

30代 業種:営業 年収:765万円

入社1年目から営業を担当していますが、入社当初はお客様とまともに話しもできませんでした。
しかし今ではとても、やりがいのある仕事だと感じられます。

電気・化学系企業年収一覧

電気・化学系企業の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る