+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

針灸師(鍼灸師)の平均年収

針灸師(鍼灸師)の平均年収に興味がある方のための基礎知識

鍼灸師の画像

針灸師・鍼灸師の平均年収は?

針灸師・鍼灸師の平均年収は?

針灸師・鍼灸師の平均年収を調べたところ469万円ほどという結果になりました。
ちなみに、治療院などで雇われスタッフとして勤務してる場合の平均年収推移はおよそ350万円~400万円ほどです。

針灸師・鍼灸師の平均月収は?

平均月収はおよそ29万円前後です。

針灸師・鍼灸師の平均ボーナス額は?

ボーナスは運営元によって設定が異なります。

【まとめ】針灸師・鍼灸師の年代別、平均年収&月収&ボーナスは?

【まとめ】針灸師・鍼灸師の年代別、平均年収&月収&ボーナスは?

年代別でも平均年収・月収・ボーナスは変動するので、平均額をチェックしてみましょう。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 267.3万円 17万円 66.8万円
25~29歳 333.0万円 21万円 83.2万円
30~34歳 365.8万円 23万円 91.5万円
35~39歳 417.4万円 26万円 104.4万円
40~44歳 469.0万円 29万円 117.3万円
45~49歳 525.3万円 33万円 131.3万円
50~54歳 562.8万円 35万円 140.7万円
55~59歳 539.4万円 34万円 134.8万円
60~64歳 379.9万円 24万円 95.0万円

5歳ごとに年代を分けて、平均年収や平均月収から算出した結果なので、あくまでも一例です。
平均ボーナス額は年2回4ヶ月分を基準に出したものです。

針灸師・鍼灸師の将来性は?

今後、世界中の多くの仕事がロボットや人工知能にとって代わられると言われています。
ただ、針灸師・鍼灸師はロボットや人工知能ではできない、人間だからこその仕事なので安定的なニーズが見込めます。
現状、年間で1,000人前後の人々が針灸師・鍼灸師としてデビューしているので、ライバルは増加傾向にありますが、高いスキルと実績で評判になればライバルに勝てる可能性があります。
将来的には開業も可能なので、安定して稼ぎたい方にオススメです。

針灸師・鍼灸師の詳しい仕事・業務内容は?

近年、東洋医学の人気が高まっています。
特に鍼(はり)や灸(きゅう)を使った治療はニーズが増えており、針灸師・鍼灸師の活躍の場が増えています。

西洋医学では医薬品や手術などが定番の治療法ですが、針灸師・鍼灸師の仕事は全身におよそ360箇所ほどあるツボを鍼や灸で刺激します。
不調や症状によって刺激するツボは異なり、血行改善や筋肉・神経を鎮めるて改善させるのが目的です。
副作用や身体的負担を抑えながら、人に備わっている自然治癒力をUPさせて治療・改善させます。

患者さんの多くは、次のような症状の改善を希望して針灸師・鍼灸師の元を訪れます。
・肩こり
・神経痛
・腰痛
・アトピー
・リウマチ
・花粉症
・ぜんそく
など、様々な症状・不調の改善や予防目的で鍼灸を選択する人が増加しているんです。

近年はプロのスポーツ選手が鍼灸を取り入れたり、美容分野・傷害治療にも鍼灸の有効性が広がっています。

今後、針灸師・鍼灸師の需要は増えていくと思われ、雇用や活躍の場も広まると思います。

針灸師・鍼灸師として平均年収をUPさせる働き方・コツとは?

針灸師・鍼灸師として働く人の多くは、将来的に自分の治療院を持ちたい・独立開業したいという夢を持っています。
独立・開業が実現すると、針灸師・鍼灸師兼経営者となるので平均月収・平均年収がUPします。
針灸師・鍼灸師として独立開業すると、年収が700万円を超える可能性もあります。

針灸師・鍼灸師の雇用・求人情報は?

雇用や求人は少なくないので、針灸師・鍼灸師の資格を取得すれば職探しはさほど苦労しません。
やりがいがある仕事内容で平均年収もそこまで低い職種ではないので、高い充実度が期待できます。

針灸師・鍼灸師として働くメリットとは?

仕事の幅も広がりますし、新たな活躍の場に進むことも可能です。

針灸師・鍼灸師になる方法は?

針灸師・鍼灸師になる方法は?

針灸師・鍼灸師は国家資格ですが、受験条件はそこまで厳しくありません。
年齢制限もありませんし、合格率も8割なので難易度もそこまで厳しいわけでもありません。
専門学校や大学で知識を習得し、国家試験に合格すれば針灸師・鍼灸師として働けます。
試験が不合格でも再度受験可能です。

資格を取得した後は、実際に働きながら知識とスキルを身につけて、独立・開業を目指して経営を学べば年収UPも実現可能です。

医療系の年収一覧

▲このページのトップへ戻る