+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

外科医の年収

外科医の年収に興味がある方のための基礎知識。

外科医の画像

外科医の平均年収は?

医療業界は全体的に年収が高いイメージですよね。
特に稼いでいそうなのが、外科医。
そんな外科医の平均年収はおよそ1,159万円という結果になりました。
厚生労働省賃金基本統計調査参照

また求人情報をもとに平均年収を調査したところ、役職や勤務先によっても年収に違いがあります。
外科医長の役職になると、平均年収がおよそ2000~2500万円ほど。
大学病院に勤務する外科医の場合、およそ1000万円~1500万円ほど。
都立病院に勤務する外科医の場合は、およそ1200万円~1800万円ほどです。

外科医の平均月収は?

平均月収も役職や勤務先、働き方によって60万円~70万円と差があります。
勤務医よりも経営者兼業外科医(独立開業した場合)の方が年収が高くなります。

【給料事情】外科医年代別の年収・月収・ボーナス事情は?

【給料事情】外科医年代別の年収・月収・ボーナス事情は?

年収・月収・ボーナスを年代別で算出した結果がこちらです。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 660.6万円 41万円 165.2万円
25~29歳 822.9万円 51万円 205.7万円
30~34歳 904.0万円 57万円 226.0万円
35~39歳 1031.5万円 64万円 257.9万円
40~44歳 1159.0万円 72万円 289.8万円
45~49歳 1298.1万円 81万円 324.5万円
50~54歳 1390.8万円 87万円 347.7万円
55~59歳 1332.9万円 83万円 333.2万円
60~64歳 938.8万円 59万円 234.7万円

こちらの金額は、あくまで年齢と平均年齢から算出された一例です。
ボーナスは年2回、およそ4ヶ月分をもとに出しています。

外科医として働いた場合の、生涯平均年収はどれくらい?

平均年収をもとに外科医の障害平均年収を算出したところ、およそ4億9837万円です。
ただし病院勤務の外科医として働き続けるのか、独立開業するのとでは年収に差が出てきます。
将来的にどのような働き方を選択するのかも年収に影響するので、あくまで推定額です。

【給料事情】年代で外科医の年収はどのように変化するのか?

【給料事情】年代で外科医の年収はどのように変化するのか?

どの分野の医師を目指していようとも、必ず研修医として働く期間が必要です。
1人前の医者になるために研修医期間は必須であり、研修期間中にアルバイトを兼任するケースがほとんどです。

<年代別平均年収の比較>
・20〜30代研修医の場合:300〜400万円ほど
・30代医師の場合:1,000万円ほど
・40代医師の場合:1,200万円ほど
・50代医師の場合:1,400万円ほど
※民間病院勤務の外科医平均
大学病院や開業医場合はもう少し平均年収が高くなる傾向にあります。

また年代が上がるにつれて役職の階級が上がる方もいます。
・医長
・部長
・院長
など、役職UPにつれて年収もUPします。
大学病院だと
・助手
・講師
・教授
などキャリアアップします。

外科医になる方法とは?

外科医など医師免許取得試験を受ける必要があります。
近年、受験者の性格や人格を診断する試験が導入されました。
患者さんとのコミュニケーション・意思の尊重などメンタルケアも可能な人材を選ぶためのもので、これから外科医を目指す方は人間性を試される試験をクリアしなければなりません。
人格を重視した試験はマークシートタイプで、面接ではありません。
筆記試験の方も国家資格の中でトップを争うレベルの難易度となっています。

外科医にも種類がある

外科は主に次のように分類されます。
・胸部外科
・小児外科
・一般外科
・心臓外科
・整形外科
・形成外科
・脳神経外科

この中から特に高額年収が期待できるのがこちら。
・整形外科
・形成外科
・美容外科

例えば脳神経外科は脳や神経に特化した外科で、骨・関節・筋肉などの外傷に特化したのが整形外科。
表面の治療に特化した美容外科も含まれるのが形成外科です。
泌尿器に特化した外科が泌尿器科です。

全体的に高額年収な外科医ですが、人命を救うという重大な使命を背負っています。
外科医を目指す人の多くは年収の高さよりも、患者さんを救いたいという思いを抱えている人がほとんどです。

外科医の歴史は古い

世界的に外科医が確認された最も古い時代は、14世紀以降と言われています。
当時は違った名称だったようですが、内容は外科医に近いものだったとか。
14世紀以前にも外科医のような職業はあったかもしれませんが、文献が古すぎてハッキリとした情報がありません。
外科医に必要不可欠な「麻酔法」が確立されたのが19世紀頃。
技術・医療の進歩と共に外科医の活躍が増え発展し、外科医という職業も広く知られるようになりました。

医師という職業の中でも外科医はおよそ1割ほど。
外科医の人数は減少傾向にあります。

以前は40代以降のベテラン外科医が増えていましたが、年々外科医そのものが減っているのです。

外科医は常に人材不足で医療業界でも深刻な事態です。
高齢化社会が進むにつれて外科医手術の件数は増加中。
手術を担当する若い外科医が足りていません。
医師全体ではおよそ4〜5年が平均勤続年数で、外科医も勤続年数が10年以下です。

【口コミ】現役外科医のリアルな年収事情

現在、外科医として活躍している方のリアルな年収の本音がこちら!

30代 外科医

年収はおよそ1,000万くらいです。
大学病院勤務で、公務員手当として15万円プラスされています。
これは皮膚科も眼科も心臓外科も同じです。
年収は高いですが、それよりも患者さんの命を救うという使命と責任を感じながら仕事をしています。
手術が成功して患者さんが完治したときは、嬉しいですしやりがいを実感します。
手術に関してはスタートからオペ終了まで細かく正確にイメージするのが重要ですね。

医療系の年収一覧

▲このページのトップへ戻る