+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ソニー(sony)の年収

ソニー(sony)の年収に興味がある方のための基礎知識

ソニー(sony)の年収

平均年収 1002万円
ここ数年の最高平均年収 1057万円
業界平均年収との差(業界平均) 322万円(業界平均年収:680万円)

ソニー(sony)の年度別年収

年度 平均年収
令和2年 1044万円
令和1年 1057万円
平成30年 1051万円
平成29年 1014万円
平成28年 911万円
平成27年 935万円

ここ数年での年収レンジは最低911万円~最高1057万円となりました。
給料:約74万円
ソニーとは:日本の大手電機メーカーとしては、代表8社のうちの一つです。
音響と映像の分野では、終戦後いち早くトランジスタラジオ開発など、先駆的な存在です。
本社所在地:東京都港区港南1-7-1
ソニーの設立時期:1946年(昭和21年)5月
【仕事内容】
テレビ、デジタルイメージングデバイス、反動地帯開発、放送用業務機器など、映像、音響設備や製品の開発と製造。
【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは59で、他グループ(他企業)では57(富士通)、58(パナソニック)、59(キャノン)などがありました。
【ソニーのグループ企業や関連企業】
・ソニー生命保険株式会社
・ソニーミュージックコミュニケーションズ

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

ソニー(sony)の年収中央値を比較!【予想値】

つぎは、ソニー(sony)の年収中央値を計算してみました。
平均年収jpの年収査定で取得したデータと賃金カーブなどを統計し年収中央値の平均を算出しそれを割り当ててみると、ソニー(sony)の年収中央値はおよそ762万円となりました。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。

性別 年収中央値
男女計 762万円
男性 846万円
女性 677万円

ソニー(sony)や同じような業種で転職を考えてる方へ

ソニー(sony)や同じような企業や業種への転職を考えてるあなたのために、失敗しない転職をするための3条件を満たすサイトを厳選しました。
3条件は、

・ソニー(sony)や競合企業の求人(非公開)を持っている可能性がある・高い
・面接や面談対策が充実している
・希望に沿った案件を紹介してくれる


サイトによって案件が違うので、2社は登録したほうがいいでしょう。
※横にスライドが出来ます。

サービス 人気企業の掲載 特徴 エリア 強み
doda 日清食品やブリジストン
ニチレイフーズなど
消費者向けの企業など
人気企業の求人あり
全年代
未経験
全国 ・転職者満足度No.1
・サポート/求人の質◎
リクルートエージェント 株式会社リクルートや楽天
ソフトバンクなど
一流企業の求人掲載あり
全年代
未経験
全国 ・転職成功実績No.1
・業界No.1の求人数
JACリクルートメント レゴジャパンや
P&Gなどの外資系
人気企業の
掲載あり
全年代
外資
ハイキャリア
東京 ・転職成功実績31万人↑
・営業/エンジニア転職に強い
リクルートダイレクトスカウト Benesse、Yakult
SONYなどバラエティー
豊かな一流企業が多数掲載
30~40代
年収UP
ハイキャリア
全国 ・平均年収900万
・企業/スカウトから連絡
レバテックキャリア サイバーエージェント
やアクセンチュア
などの大手IT企業が掲載
エンジニア 全国 ・利用者9割が20代
・第二新卒/既卒に特化
doda it IT企業だけでなく
関西電力や積水ハウス
などのITポジションも
掲載されており
世界が広がる
エンジニア
女性
東京 ・支援実績多数
・企業交渉も任せることができる
アクシスコンサルティング メガバンクや
大手外資系企業を紹介
してもらえる
コンサル
外資系
全国 ・コンサル・外資系向け
・コンサルファーム好きな人向け

ソニー(sony)の年齢別年収で比較してみよう【予想値】

つぎは、ソニー(sony)の年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が1,128万円でした。
またソニー(sony)で働き盛りの30代の年収はおよそ919万円になります。
それでは全体の年齢別年収を予測してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 306万円 21万円
25~29歳 724万円 48万円
30~34歳 788万円 55万円
35~39歳 815万円 57万円
40~44歳 911万円 65万円
45~49歳 1,034万円 72万円
50~54歳 1,128万円 77万円
55~59歳 1,118万円 77万円
60~65歳 736万円 52万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で予測算出した結果になっております。

ソニー(sony)の男性と女性の年齢別年収の違い【予測値】

では平均年収がわかりましたが、次にソニー(sony)の年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。
※企業によっては男女同一賃金になっているところもあるのであくまでも賃金統計とデータからの予測値としてご覧くださいませ。

年齢 男性 女性
20~24歳 306万円 306万円
25~29歳 827万円 724万円
30~34歳 876万円 788万円
35~39歳 906万円 815万円
40~44歳 981万円 911万円
45~49歳 1,112万円 1,034万円
50~54歳 1,213万円 1,128万円
55~59歳 1,202万円 1,118万円
60~65歳 793万円 736万円
チャット右画像

ヨシコ

ソニー(sony)の働き盛りの30代の男女の年収を比較してみましょう。

ソニー(sony)は平均年収ランキングの順位は○○位でした

では、ソニー(sony)の平均年収は1002万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。
是非チェックしてみましょう。

企業の平均年収ランキング

ソニー(sony)の年収ピラミッドで階層を知ろう

男女年齢別の年収をみてみましたが、次はソニー(sony)の社員は年代によってどの年収層にいるのかを統計を基準に年収を割り当てて算出予測してみました。 あなたの年代と是非比較してみてください。

ソニー(sony)の20代の年収層
ソニー(sony)の20代の年収ピラミッド
ソニー(sony)の30代の年収層
ソニー(sony)の30代の年収ピラミッド
ソニー(sony)の40代の年収層
ソニー(sony)の40代の年収ピラミッド
ソニー(sony)の50代の年収層
ソニー(sony)の50代の年収ピラミッド
チャット左画像

ミナミ

ソニー(sony)の年収ピラミッドと他企業の年収ピラミッドを見比べてみると年代によってどのくらい差があるのかわかりますよ。

ソニー(sony)の属する電気機器系企業の年収ランキング

ソニー(sony)は1002万円でしたが、同じような業種(電気機器等)企業の年収ランキングを1位~20位まで発表します。

順位 企業 平均年収
1位 ファナック 1363万円
2位 レーザーテック 1089万円
3位 東京エレクトロン 1051万円
4位 ソニー(sony) 994万円
5位 富士ゼロックス 981万円
6位 日立マクセル 981万円
7位 ユニデン 954万円
8位 アドバンテスト 932万円
9位 横河電機 901万円
10位 日立製作所 871万円
11位 日本光電 856万円
12位 アルバック 845万円
13位 ルネサスエレクトロニクス 828万円
14位 東芝 827万円
15位 安川電機 823万円
16位 カシオ計算機 820万円
17位 リコー 818万円
18位 オムロン 815万円
19位 nec年収 808万円
20位 三菱電機 802万円

ソニー(sony)の総合職・一般職・技術職の年収を解説

ソニー(sony)での企業内での職業によっても給与が変わることがあります。大まかに総合職から一般職まで分類し賃金カーブと統計から独自に予測値を立ててみました。

職種 年収
総合職 1,345万円~1,445万円
技術職 911万円~1,011万円
一般職 932万円~1,032万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から予測した結果になっております。

ソニー(sony)の主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 1,006万円
係長 1,135万円
課長 1,500万円
部長 1,658万円

※平均年収jp独自に取得しているデータとソニー(sony)の平均年収と掛け合わせて算出しました。

ソニー(sony)の大卒・短大卒・高卒の年収予測

厚労省が出している賃金統計の学歴差年収を基準として、平均年収や業種の規模間などから一番年収差がつく50歳の時の年収で、大卒 高卒までの年収を予測してみました。※予測値となるため実際のデータとは違う可能性があります。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 1,362万円
短大卒 1,164万円
高卒 991万円

※厚労省が算出した賃金統計調査から平均的な賃金比率を税理士が割り出し、それを元に計算した予測結果となっております。

ソニー(sony)の男性女性別での平均年収

ソニー(sony)の年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 1,135万円 73万円
女性の平均年収 857万円 55万円

ソニー(sony)の30代・40代・50代の年代別年収

ソニー(sony)の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約888万円~(推定)
40代で1,032万円~(推定)
50代で1,238万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約361万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

ソニー(sony)の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定44,379万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は26,778万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

ソニー(sony)の年収特徴

賞与制度は、全従業員に対する総額が予め設定され、誰かが業績を上げて水準が上がれば、その分下がる人が出てくる仕組みのようです。
管理職は、基本的にvaluebandといわれる年棒制で、40歳代で昇格できなければ、その先は給与水準に差があまり出ないとの口コミもあります。
昇進した場合は、給与は一旦下がり、その後管理職で1,000万を越えていくそうです。
細分化された昇格のクラス化は、課長止まりで細分化され、その後は意外にも年功序列的なっだとかで、係長までは上司の推薦と試験に通過することが最低条件。
50歳代では、やはり映像や音響分野が多いため、技術職以外はそれほど層が厚くありません。

ソニー(sony)の新卒、採用、面接情報、初任給を解説!

新卒の初任給は
21万円(大卒)
24万2,500円(院卒)
となってました。(平成25年度)
【面接で聞かれること】
・大学時代の研究テーマと、なぜそれを選んだのか、その理由について
・希望職種を選ぶ理由とは?
・配属先のイメージは出来上がっていますか?
・数値目標のある研究に熱中したことは?
【求めてる人物像】
面接では、2012年時点でテレビについてどう思うかの質問が多く、やはりデジタル家電分野でも国内需要で液晶テレビが苦戦しているのが、技術系には影響が色濃いようです。
研究熱心なだけでなく、自分で成果目標を定められる自主性もかなり重要なポイントかもしれません。
企業の方向性を”業界の開拓者”としているので、配属された部署から異動も覚悟が必要と釘を刺されるケースも有るほど、研究開発者を求めているようです。
【採用(内定)の条件】
面接というより、面談に近い形でじっくりと話を聞いてもらえるそうで、その分自己PRも入念に深く掘り下げておく必要があります。
研究についての質問がとにかく多いので、後は働く意思の確認に終始するそうです。
雰囲気は和やかですが、話に流されず、ソニーでやりたい事、メーカーへの興味などを示すことがとても重要になります。

ソニーの2chでの評判を解説!

2chでの評価は、家電メーカーとしてはベンチャー的な要素を持つ社風と思って入社し、意外に年功序列的要素が多いことにギャップを感じている人も多いそうです。
年収では、業界内平均より高いため、2chでは一部羨望の眼差しといったところで、30歳代900万円というのは、羨ましがられています。
年功序列的傾向は、徐々に脱却しつつあるようで、組織は大規模なリストラを契機に、改革を進めている最中なんだとか。
編成は事業部丸ごとで入れ替わるほどだとも、2chでは情報が飛び交っていました。
女性管理職も多く、その分キャリアウーマンとして実力者もかなりいるようです。
従って、社内結婚は比較的少なめ。
景気に左右されているかと思いきや、2chでの話では、人事異動と業務改革が進んだおかげで、業績は回復傾向が強いそうです。
しかし、売上高推移では、好調だった平成19年から2兆円規模で減少しており、管理職の平均年収の水準が、経営にまで響いているとの噂も2chではささやかれ、「完全に管理職過剰の状態」と指摘する声もあります。

ソニーの実態って実際はどうなの?

家電メーカーとしては、パナソニックなどよりも100万円ほど高い水準で、それが業績が好調だった時のままなので、今後、社内改革がどれほど進むかと、社員の話では持ち上がっているようです。(噂)
福利厚生面ではフレックスホリデーなど、外資系のスタイルが色濃いようです。
その分、働きやすさはバランスが良く、趣味もスポーツなど、リクリエーションに時間を割く余裕はできているみたいですね。
しかし、知識や実行力を求められる経営感覚を身につけなければならないため、若い課長などの管理職も相当な繁忙状態の環境下に置かれるという口コミがありました。
給与がトップ水準なかわり、それを維持するためには、結構なハードワーカーである必要があるのかもしれませんね。

元ソニー(sony)社員のクチコミ年収

50代 業種商品企画課 統括課長

年収1,250万円
賞与は相対評価だが、他の企業同様、何処がが上がればどこかが下がるだけと言われます。
年功序列的な印象を、課長以上は強く構図として保持しているので、出世に”かばん持ち”はある意味仕方がないかも。
ワークバランスを考えると、上に行くほど非常にきつくなるため、昇進しない選択肢もひょっとしたら賢いかもしれないという人もいます。

30代 業種技術職

年収950万円
成果主義という程でもない印象があり、評価も案外、建前論理がまかり通っています。
残業はしようがしまいが手当は一律、結果として世代での格差がつきにくいので、結構忙しく、この部署にとっては福利厚生はあまり意味が無いと言われていますね。

20代 業種事務系本部配属

年収700万円
30代前半までの動きで、自分のグレードが決定されていくイメージ。
大学卒はグレードは3であり、院卒は2からのスタートとなります。
裁量労働制となるのは、実質30代からで、ここから昇進への階段へ登るチャンスは非常に短いです。
通常はグレード1になり、残業代がカットされます。
実績次第では、年俸は軽く1,000万円は超えるでしょう。

電気機器系企業年収一覧

電気機器系の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る