ゲームプログラマーの年収を詳しく解説!

ゲームプログラマーの年収に興味がある方のための基礎知識

ゲームプログラマーの画像

ゲームプログラマーの年収

ゲームプログラマーの年収の平均は、460万円でした。(企業の年収や口コミ情報から算出)
平均年収範囲は440万円~480万円となっています。
お給料(月収):約28万円以上~
最大年収:約1000万円

2015年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査統計によるとプログラマーの平均年収は400万円で、2017年度の上場している主なゲーム会社の社員の平均年収を見ると最も高いのが任天堂の868万円でした。
社員の平均年収が次に高いゲーム会社はグリーの743万円で、 社員の平均年収が732万円のコナミと718万円のDeNAがこれに続き、社員の平均年収が555万円のカプコンは平均年収が最も高い任天堂と比べると300万円以上も差があります。

これからも上場しているゲーム会社のプログラマーの平均年収は、一般のプログラマーの平均年収と比べても高いのは明らかです。
ただ上場していない中小規模のゲーム会社のゲームプログラマーの平均年収は400万円~500万円で、これらのことからゲームプログラマーの平均年収は460万円と推測されます。

ゲームプログラマーの業種別年収

ゲームプログラマーの業種別年収を調べてみました。

任天堂ゲームプログラマー:750万円~880万円
GREEゲームプログラマー:720万円~780万円
cygamesゲームプログラマー:710万円~730万円

2017年4月27日に任天堂は2018年3月期の営業利益が前年に対して2.2倍の650億円になる見通しだと発表し、売上高も前年比の53.3%増加の7500億円と9年ぶりの増収を予想しています。
これは同年3月3日に発売された新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の売れ上げが好調なためで、社長の君島達己氏もスイッチによってビジネスの流れを変えたいと語っています。
任天堂は2009年に3月期決算で売上高1兆8386億2200万円と営業利益5552億6300万円と、過去最高益を記録したにも関わらず2012年3月期の決算では377億円の営業赤字を計上しその後も低迷が続いていました。
そんな任天堂のゲームプログラマーの年収は任天堂の平均年収868万円から、20代や30代前半の社員が多いことから750万円~880万円と推測されます。
GREEも平均年収743万円からゲームプログラマーの年収は720万円~780万円と推測され、サイバーエージェントの子会社でDeNAの関連会社であるcygamesゲームプログラマーの年収は、関連会社であるDeNAの平均年収718万円から710万円~730万円と推測されます。


【参考】
DeNAの平均年収
任天堂の年収
ガンホーの年収

ゲームプログラマーの男性女性別での平均年収

ゲームプログラマーの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 506万円 32万円
女性の平均年収 382万円 24万円

ゲームプログラマーの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が552万円となりました。
またゲームプログラマーで働き盛りの30代の年収はおよそ409.4万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 369万円 23万円
25~29歳 295万円~345万円 22万円
30~34歳 296万円~396万円 25万円
35~39歳 305万円~409万円 26万円
40~44歳 339万円~460万円 29万円
45~49歳 393万円~515万円 32万円
50~54歳 442万円~552万円 35万円
55~59歳 437万円~547万円 34万円
60~65歳 273万円~547万円 23万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

ゲームプログラマーの30代・40代・50代の年代別年収

ゲームプログラマーの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約396万円~(推定)
40代で460万円~(推定)
50代で552万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約156万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

ゲームプログラマーの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。ゲームプログラマーの平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 414万円
青森 391万円
岩手 428万円
宮城 460万円
秋田 377万円
山形 423万円
福島 414万円
茨城 460万円
栃木 460万円
群馬 460万円
埼玉 414万円
千葉 460万円
東京 644万円
神奈川 506万円
新潟 414万円
富山 414万円
石川 460万円
福井 460万円
山梨 414万円
長野 460万円
岐阜 414万円
静岡 460万円
愛知 506万円
三重 460万円
滋賀 460万円
京都 460万円
大阪 552万円
兵庫 460万円
奈良 460万円
和歌山 414万円
鳥取 414万円
島根 414万円
岡山 460万円
広島 460万円
山口 460万円
徳島 460万円
香川 414万円
愛媛 414万円
高知 414万円
福岡 460万円
佐賀 368万円
長崎 414万円
熊本 414万円
大分 414万円
宮崎 368万円
鹿児島 414万円
沖縄 368万円

比較してみると、一番年収が高い東京都のゲームプログラマーの年収が、およそ644万円。
一番低い沖縄県の年収が368万円 となり276万円の年収差ができています。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの仕事内容はプロデューサーやディレクターやゲームクリエーターやデザイナーたちが企画し、それに基づいて作成した仕様書や設計書に沿って開発言語を用いてプログラムを組みゲームを商品として作り上げることです。
またゲーム会社によっては企画や設計や開発から細かいから仕様の決定までゲームプログラマー任せるところもあり、ゲームクリエーターやデザイナーたちと打ち合わせを何度も繰り返してゲームを完成させていきます。

ゲームのプログラミングはC++やC言語などの開発言語を用いて行いそのゲームのプログラミングがちゃんと作動するかをチェックし、バグがあればそのバグを何度も修正しようやくゲームが完成します。
ゲームプログラマーの仕事は納期が迫っていると会社に泊まりこんだり、オンラインゲームの場合はバグが発生するとすぐに修正しなければならないので、修正が終わるまでは仕事が続きます。

ゲームプログラマーで高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには?

ゲームプログラマーの平均年収は460万円ですが、同じゲームプログラマーでも大きな年収格差があります。
ゲームプログラマーの年収格差はもちろんのことですが能力や経験によっても生じますが、それよりも大きいのがどこのゲーム会社で働いているによって大きく年収が変わってきます。

例えば上場している主なゲーム企業の平均年収で見てみると任天堂の平均年収が、868万円なのに対してカプコンの平均年収は555万円と313万円も開きがあります。
つまりゲームプログラマーの平均年収は企業の規模が大きくなるほど高くなっているのが一般的で、さらに企業の平均年収も男性のほうが高く女性のほうが低いのが普通です。

これは男性のゲームプログラマーのほうが管理職に就くことが多いためで任天堂のゲームプログラマーも男性のほうが女性よりも高く、管理職に就いているゲームプログラマーのなかには年収1000万円以上もいるようです。
ゲームプログラマーで高年収を稼ぐには企業の規模も大事ですが例え中小規模のゲーム会社で働いていても、上流工程にいる企業で働いていれば年収も高いのが普通です。
さらに本来はシステムエンジニアが担当する上流工程の開発も、できるようになれば必然と年収は上がってきます。

またフリーランスのゲームプログラマーのなかにはいくつかの案件を、掛け持ちして年収1000万円以上を稼いでいるケースもあります。

ゲームプログラマーになるには?

ゲームプログラマーになるには特に学歴も資格も必要ありませんが大学や専門学校で、プログラミングの基礎知識やコンピューター情報について学んだほうが良いでしょう。
ゲームプログラマーがゲームのプログラミングをする場合に最も使われるのがC言語やC++なので、これらの開発言語やメモリに関しての知識があればゲーム会社に就職をする時に有利になります。

ゲームプログラマーの口コミ年収

ゲームプログラマーの年収の口コミを取り上げています。

20代 ゲームソフト開発会社

年収502万円
高校の頃から自分で簡単なWEBゲームや、スマートフォン用のゲームを自作していました。
ただ自作できるゲームはどうしても規模が限られているので、ゲームソフト開発会社に就職しました。

30代 スマートフォン向けゲーム開発

年収554万円
スマートフォン向けのゲームを開発していますが、納期が迫ると睡眠時間を削るしかありません。
ただ1年中忙しいわけではなく納期を無事に終わらせれば、次のゲームの企画の打ち合わせをしたりします。

30代 中堅のゲーム制作会社

年収600万円
最初は大手ゲーム制作会社の下請け企業でゲームプログラマーとして、仕事をしていましたが中堅サードパーティーに転職しました。
これまで下請け企業でいろいろと経験を積んだのが役立っていて、企画を考えるのは大変ですがやりがいがあります。

30代 Onlineゲーム開発

年収762万円
ゲームプログラマーの仕事も最近ではWeb上のOnlineゲームや、スマートフォンのゲームの開発など多様化しています。
そのため会社によっても忙しさも違いますが、基本的に好きなことを仕事にしているので満足しています。

エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収

▲このページのトップへ戻る