+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

フィギュア原型師の年収を詳しく解説!

フィギュア原型師の年収に興味がある方のための基礎知識

フィギュア原型師の画像

フィギュア原型師の年収

フィギュア原型師の年収の平均は、430万円でした。(転職サイトやフィギュア製作会社情報調べ)
平均年収推移は400万円~460万円となっています。
お給料(月収):約26.8万円
最大年収:1000万円以上

給与は会社によっても差がありますが経験や実績に応じて月給20万円~50万円で、ボーナスが年間に4か月分ほど支給されると仮定すると20万円×16か月=320万円から50万円×16か月=800万円がフィギュア原型師の年収なので、320万円+800万円=1120万円÷2=560万円が会社員のフィギュア原型師の平均年収と算出しました。

フィギュア原型師の業種別年収

フィギュア原型師の業種別年収を調べてみました。

中途採用の会社員のフィギュア原型師の年収:320万円~800万円
新卒の会社員のフィギュア原型師の年収:288万円~320万円
契約社員のフィギュア原型師の年収:288万円~400万円
フリーランスのフィギュア原型師の年収:240万円~720万円



フィギュア製作会社のほとんどが規模が小さい企業で、新卒ではなく中途採用のフィギュア原型師を募集しています。 新卒だと即戦力ではないので即戦力を求めているためで転職サイトを見てみると、雇用形態は正社員で経験や実績に応じて月給20万円~50万円と記載されているようです。
ボーナスが年間に4か月分ほど支給されると仮定すると20万円×16か月=320万円から、50万円×16か月=800万円が中途採用のフィギュア原型師の年収になります。
契約社員でフィギュア原型師を募集しているフィギュア製作会社もありますがこれはフィギュア原型の仕上げや、3D出力品の仕上げやシリコン型の制作や複製品の仕上げなどを行う造形補佐で月給18万円~25万円です。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

フィギュア原型師の男性女性別での平均年収

フィギュア原型師の年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 473万円 30万円
女性の平均年収 357万円 22万円

フィギュア原型師の年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ
最大年収を迎える50代の年収が516万円となりました。
またフィギュア原型師で働き盛りの30代の年収はおよそ382.7万円あたりと推測されます。
それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 345万円 22万円
25~29歳 273万円~323万円 20万円
30~34歳 270万円~370万円 23万円
35~39歳 279万円~383万円 24万円
40~44歳 309万円~430万円 27万円
45~49歳 360万円~482万円 30万円
50~54歳 406万円~516万円 32万円
55~59歳 402万円~512万円 32万円
60~65歳 248万円~512万円 22万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。

フィギュア原型師の30代・40代・50代の年代別年収

フィギュア原型師の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約370万円~(推定)
40代で430万円~(推定)
50代で516万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約146万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

フィギュア原型師の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。フィギュア原型師の平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 387万円
青森 366万円
岩手 400万円
宮城 430万円
秋田 353万円
山形 396万円
福島 387万円
茨城 430万円
栃木 430万円
群馬 430万円
埼玉 387万円
千葉 430万円
東京 602万円
神奈川 473万円
新潟 387万円
富山 387万円
石川 430万円
福井 430万円
山梨 387万円
長野 430万円
岐阜 387万円
静岡 430万円
愛知 473万円
三重 430万円
滋賀 430万円
京都 430万円
大阪 516万円
兵庫 430万円
奈良 430万円
和歌山 387万円
鳥取 387万円
島根 387万円
岡山 430万円
広島 430万円
山口 430万円
徳島 430万円
香川 387万円
愛媛 387万円
高知 387万円
福岡 430万円
佐賀 344万円
長崎 387万円
熊本 387万円
大分 387万円
宮崎 344万円
鹿児島 387万円
沖縄 344万円

比較してみると、一番年収が高い東京都のフィギュア原型師の年収が、およそ602万円。
一番低い沖縄県の年収が344万円 となり258万円の年収差ができています。

フィギュア原型師の仕事内容

フィギュア原型師の仕事内容はフィギュア製作会社に勤務している会社員の場合は、どんなフィギュアを作るか企画の段階から参加しそれが決まればフィギュアの原型を作るのが仕事になります。
フリーランスで働くフィギュア原型師の場合はフィギュア製作会社からの依頼でフィギュアの原型を作りますが、フィギュアの原型を作る工程には手原型とパソコン造形型の2つの種類があります。
手原型の場合は粘土やパテなどを使って一つ一つ手作業でフィギュアの原型を作るので、フィギュア原型師の仕事も手先の器用さが求めれます。
パソコン造形型はパソコンを使いフィギュア原型を作っていくやり方で、最近では3Dプリンタを使ってフィギュア製作を行うことも増えています。
フィギュア原型を作った後はペイントマスターがフィギュアの原型の色を決めたり、フィニッシャーと呼ばれる仕上げ担当者がいますがこれらの仕事をフィギュア原型師が兼ねることもあります。

フィギュア原型師で高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには?

フィギュア原型師にもフィギュア製作会社に勤務している会社員とフリーランスで働くフィギュア原型師いますが、フィギュア製作会社に勤務している会社員で年収1000万円以上を稼ぐのは無理のようです。
ただフリーランスで働くフィギュア原型師の場合は8分の1のスケールフィギュア1体の製作報酬が20万円から30万円前後なので、仮に8分の1のスケールフィギュア1体の製作報酬が30万円で単純に、月に3体ほど作れば30万円×3体=90万円×12ヶ月=1080万円の年収になります。
フィギュア製作の技術が優れているフィギュア原型師には製作依頼が多いのでアルバイトなどを雇い、もう少し単価がアップすればフィギュア原型師で年収1000万円以上を稼ぐのも夢ではありません。

フィギュア原型師になるには?

フィギュア原型師になるにはフィギュア製作会社の求人に応募して採用される必要がありますが、求人サイトでフィギュア原型師の求人情報を見てみるとほとんどが中途採用で新卒の求人は少ないようです。
これは多くのフィギュア製作会社では即戦力のフィギュア原型師のを求めているためで、応募条件はフィギュアの原型か3Dデータの製作経験者です。
そのため先ずはフィギュア原型師になるためのコースを設けている専門学校や、造形科がある大学や短大などでフィギュア製作に関して学ぶのも一つの方法です。
最近ではフィギュア制作の通信教育や講座などもあるので、以前に比べるとサラリーマンでもフィギュア制作の基礎を学ぶことができるようになりました。
フリーランスのフィギュア原型師になるにはフィギュア製作のイベントなどに自分の作品を出品して、イベント会場に来ているフィギュア製作会社の社員に声を掛けられ仕事の依頼があるというのが一般的です。

フィギュア原型師の口コミ年収

フィギュア原型師の年収の口コミを取り上げています。

20代 正社員のフィギュア原型師

年収280万円
フィギュア原型師の造形補佐としてアルバイトで、フィギュア製作メーカーで働いていました。
その後に社員登用制度で正社員になり、今はフィギュア原型師として仕事を任されています。

20代 契約社員のフィギュア原型師

年収260万円
もともとアニメオタクで3D出力で、趣味でフィギュア製作をしていました。
たまたまイベントでメーカーの人から、うちで仕事をしないかと誘われ、フィギュア原型師として働いています。

30代 フリーランスのフィギュア原型師

年収340万円
サラリーマンとして会社に就職する気がなく、大学を卒業した後もフリーターでした。
それが趣味のフィギュア作りが仕事になり、1日中フィギュア制作に没頭しています。

40代 フリーランスのフィギュア原型師

年収540万円
フィギュアメーカーのホームページで、フリーランスのフィギュア原型師を募集していました。
まだプロのフィギュア原型師ではありませんでしたが、自分のフィギュア作品が認められ正式に仕事の依頼がありました。

エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収

▲このページのトップへ戻る