+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

スケート選手(フィギュア、スピードの年収を詳しく解説!

スケート選手(フィギュア、スピード)の年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

スケート選手の画像

フィギュアスケート選手の年収を詳しく解説!

フィギュアスケート選手の年収の平均は、1,000万円~3,000万円でした。
有名選手で、メダリストともなると、引退後はアイスショーなどの出演や、初めはCM依頼などで数億円になることもあります。
ただし、選手生命が非常に短いこと、結婚後出産を経験するとジャンプなど、技にも影響が出てきますから、稼げる期間は10年以内と言われます。
現役中は、大会での優勝賞金は1,000万円からと言われており、実際は練習や用具、トレーナーなどへの報酬などで、自己負担割合が大きく、その中身は赤字が多いそうです。
スケート選手とは:
選手としてのスタートは幼少からで、多くは10歳には氷の上に立っていると言われます。
選手として自立するためには、トレーナーが不可欠で、オリンピック競技に参加しようとするなら、グランプリシリーズ二戦、グランプリファイナリストなどの経験が必要になり、かなり狭き門です。
そのため、フィギア選手の多くはバックにスポンサーを持っており、CMや大企業が宣伝も兼ねて出資しているのが現状ですね。

スピードスケートの年収

フィギュア選手に比べると、年収では多少低くなる傾向が強いです。
具体的には、一般企業で一般社員と同じ待遇で就職し、職場配属後、仕事を終えてからの休日や帰宅後に練習と言った例が多いそうです。
残業などは優遇されているようですが、総務部に気付として勤務し、仕事は免除されて1日中練習のケースも。
会社と選手契約を結んだ場合は、事実上のラグビー、バレーボールと同じ事務所契約も考えられますが、絶対的選手人口割合から、前者の2つのパターンが多いでしょう。
企業によっては、1,000万円や600万円などの奨励金がでるので、会社員としての収入プラスアルファとするためには、大会で上位入賞などの実績を積まなければなりません。
平均は出しにくいのですが、要するに通常の収入源は、広告媒体出演料やこれら奨励金が無ければ、通常社員と同じような待遇であるといえるかもしれません。

スケート競技の種類は?

スピードスケートのトラック競技は男子500メートル、1,000メートル、1,500メートル、5,000メートル、1,0000メートルの5種目、その他に男子総合、団体追い抜きなどがあります。
女子は500メートル、1,000メートル、1,500メートル、3,000メートル、5,000メートルで、団体追い抜きがあります。
フィギュアスケートは、シングルスケーティング、ペアスケーティング、アイスダンスがあります。
オリンピック正式競技ではありませんが、シンクロナイズドスケーティングも世界選手権があります。

フィギュアスケート選手になるには

最初はスケート教室似通うことから始め、まずは氷の上に立てるかどうかで将来は決まると言っても過言ではありません。
この場合、特に極普通のスケート教室に幼少から通うことになります。
曲を付けてのトレーニングは、そうした体験から一歩先を行くので、個人のコーチなり、スケートクラブのコーチを選び、そちらの教室やクラブでトレーニングを積むことになります。
選手までになるためには、個人レッスンかクラブに入るのが普通でしょう。
コーチ同士の交流は必ずあるので、幼少から大会を目指すのであれば、年齢別にコーチを紹介してもらうというケースが多いそうです。
コーチによって費用は違いますので、予算は予めある程度確保する必要はあります。
週2回程度の練習からスタートするのがよくあるそうです。
専用のスケートリンクの確保が日本では難しく、移動費用、予備の用具など、オリピック競技に出場できる選手ともなると、4,000万円ほどもかかる場合があるそうですから、ピアニスト同様、家1件建てるつもりでのサポートが必要になるかもしれませんね。
ちなみにスケート靴は約10万円、コーチ代で1回8万円、大会費用5万円、練習費月2~3万、など、毎月30万はかかることが多いそうです。

スケート選手の生涯年収は?

スピードスケートの場合では、大会デビューが10代として選手生命の限界が30代の前半として考え、賞金を考えると結構少ないことが予想できます。
フィギュアスケートでは、賞金額で最も高くて280万円、これはグランプリファイナリストの賞金額で、最多でもグランプリ2試合とファイナルしか出場出来ないため、選手としての収入は、華やかな割に低いです。
総合的に見ると、スピードスケーターは競技を離れると、スケートショーなどの場が無いため、コーチ職が再就職として挙げられ、その準備金程度で、あとはスポンサーが付いて、広告塔になれば、数千万の収入が1~2年ある程度だろうと予想できます。
ちなみにワンシーズン全試合優勝した浅田真央さんでは、賞金額の合計は約580万円となっており、ウィンタースポーツでも、スケート競技はスキージャンプでの全試合優勝の場合で、2,000万円の賞金額と比べても、かなり低い結果となっています。

スポーツ選手の年収

▲このページのトップへ戻る