+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

プロゴルファーの年収を詳しく解説!

プロゴルファーの年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

プロゴルファーの年収

プロゴルファーの年収の平均は、800万円でした。(賞金ランキングや口コミ情報調べ)
平均年収推移は740万円~950万円となっています。

お給料(月収):約66万円
最大年収:1億万円以上

プロゴルファーの画像

プロゴルファーとはプロ資格を持っているゴルファーのことで現在日本国内には約5000人程度いますが、プロゴルファーにも松山英樹選手や石川遼選手のようにプロゴルフツアーに参戦して賞金を獲得するプロゴルファーとレッスンプロと呼ばれる2つのプロゴルファーが存在します。
ツアープロでも年収が3000万円を超えているのは上位の30人程度で、それ以下のツアープロの年収は2000万円を下回っています。

さらにツアープロが全国各地で開催されるゴルフツアーに参戦すれば年間に30試合ほどありますが全試合に出場したとすれば、交通費やホテル代などの滞在費などの経費が年間に600万円以上は掛かると言われています。
そのため賞金ランキング100位前後のプロゴルファーだと、実質的に赤字になる可能性もあります。

レッスンプロの年収はサラリーマンの年収とさほど変わらないと言われていますが、ツアープロでもトップクラスになるとほとんどが企業とスポンサー契約を結んでいます。
海外で活躍している松山英樹選手も2015年にレクサスと3年6億円の契約を結んでいますし、最近では松山英樹選手の活躍が目立っていますが石川遼選手が2008年にプロ転向した時には総額で30億円ものスポンサー契約を結んでいます。

プロゴルファーの職種別年収

プロゴルファーの職種別年収は
レッスンプロの年収:340万円~670万円
駆け出しのプロゴルファー:280万円~650万円
ベテランクラスのプロゴルファー:1500万円~1億万以上


プロゴルファーと言えば一般的にテレビで放送されるツアープロを想像する人も多いかもしれませんが、実際にはツアープロになれる人はごく僅かでプロゴルファーのほとんどがレッスンプロと呼ばれるプロゴルファーです。
レッスンプロのプロゴルファーはティーチングプロと呼ばれ数万人はいるとも言われていて、全国のゴルフ場や打ちっ放しのゴルフ練習場でアマチュアにゴルファーレッスンをしています。

レッスンプロの年収も個人差がありますが、サラリーマンの年収とさほど変わらないと言われています。
プロゴルファーでもツアープロのトップクラスになると2016年に獲得賞金2億円を突破して賞金王に輝いた池田勇太選手や、2017年6月18日の時点で世界ランク2位の松山英樹選手などのツアープロの年収は億を超えています。

プロゴルファーの年収1000万円になる方法

プロゴルファーで年収1000万円以上を稼ぐにはツアープロに参加して、常に上位をキープできれば高額な賞金を獲得できます。
2016年度の国内男子プロゴルファーの賞金ランキングで、82位の平塚哲二選手の獲得賞金額が1013万3947円なのでこれが一つの目安になります。

また成績上位をキープできれば獲得賞金だけでなく企業からのスポンサー料も入るので、プロゴルファーで年収1000万円以上を稼ぐにはツアープロになり上位に入賞することです。

【プロゴルファーの仕事内容】
ツアープロゴルファーの仕事内容ですがツアープロの場合は全国で開催されるツアーに参加し賞金獲得を目指すことで、ツアーに参加して常に上位をキープできれば賞金を獲得できるだけでなくシード権を得ることもできます。
さらに企業とスポンサー契約を結ぶこともでき収入も安定しますが逆に成績が悪ければ賞金を獲得できないだけでなく、ツアーへの参加費や交通費やホテル代などの滞在費などの経費も自分持ちです。

レッスンプロの仕事内容は全国にあるゴルフ場や打ちっ放しのゴルフ練習場で、アマチュアのゴルファーにゴルフのレッスンをすることです。

プロゴルファーが所属している企業

・ブリヂストンスポーツ株式会社 初任給はキャリアや年齢により異なります。
・株式会社GDOゴルフテック 初任給22万円以上
・アコーディア・ガーデン名古屋 初任給17万円以上
・ステップゴルフ株式会社 初任給22万円以上

2016年プロゴルファー賞金ランキング

国内男子ツアー2016年賞金ランキング
1位 池田勇太  2億0790万1567円
2位 谷原秀人  1億7190万2867円
3位 金庚泰   1億1371万4688円
4位 宋永漢     9156万2130円
5位 片岡大育    8601万9113円
6位 小平智      8367万4671円
7位 松山英樹 8000万0000円
8位 朴相賢 7796万1852円
9位 片山晋呉 6321万9233円
10位 今平周吾 6160万3069円

国内女子ツアー2016年賞金ランキング
1位  キム・ハヌル 1億0180万1000円
2位  鈴木愛    8538万0800円
3位  イ・ミニョン 7256万9000円
4位  テレサ・ルー 7102万6000円
5位  申ジエ    6022万1000円
6位  成田美寿々  5469万2250円
7位 全美貞    5065万1533円
8位 上田桃子 4944万9499円
9位 アン・ソンジュ 4850万7215円
10位 森田遥 4605万1750円

国内のトップ10に入れば最低でも年収は4000万円以上稼げます。

プロゴルファーになるには?【資格難易度・倍率・合格率】

日本でプロゴルファーになるにはアマチュアのツアートーナメントで優勝するかプロテストに合格するかどちらかが必要で、男子プロゴルファーの場合は日本プロゴルフ協会(JPGA)から認定されることが条件で、女子プロゴルファーの場合は日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)から認定されることが条件です。
一般的にはJPGAやJLPGAが主催するプロテストを受験し合格すればプロゴルファーとして認定されますが、男子プロゴルファーの松山英樹選手や石川遼選手や女子プロゴルファーの宮里藍選手などはツアートーナメントに参加して優勝してプロ宣言を行いました。

プロゴルファーを目指す人の口コミ年収

20代 ツアープロ

年収476万円
高校にゴルフ部があったので入部しました。
去年プロテストに合格することができ、今年からツアートーナメントに参加しています。

30代 ツアープロ

年収885万円
ツアープロで優勝することなど、自分にとって無縁なことだと思っていました。
しかしツアートーナメントに参加する以上は、優勝を目指すことが大事だと思い始めました。

40代 レッスンプロ

年収645万円
大好きなゴルフを仕事にできて、とても幸せだと思っています。
ツアープロを目指したこともありますが、今はアマチュアの方にゴルフを教えるのが天職だと思っています。

50代 レッスンプロ

年収377万円
国内にあるゴルフ場の、専属レッスンプロとして働いていました。
今はよく遊びに来ていたタイで、日本人観光客や駐在員の方々を指導しています。

30代 クラブチーム

年収670万円
今はプロチームもありますがプロゴルファーは、競輪選手とは違ってあまり稼げません。
そのため本当に強いプロゴルファー選手は海外に行き、ツール・ド・フランスのような大きな大会に参戦するしか稼げないのです。

スポーツ選手の年収

▲このページのトップへ戻る