+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

キックボクサー(ムエタイ)の年収を詳しく解説!

キックボクサー(ムエタイ)の年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

キックボクサー(ムエタイ)の画像

キックボクサー(ムエタイ)の年収

キックボクサー(ムエタイ)の年収の平均は、80万円でした。(口コミ情報調べ)
平均年収推移は60万円~100万円となっています。

お給料(月収):約6万円
最大年収:1000万円以上

キックボクサー(ムエタイ)は一般の企業に勤務するサラリーマンと違って、毎月決まった給料をもらえるわけではありません。
キックボクサー(ムエタイ)はプロの試合に出場して初めてファイトマネをもらえるわけで、言い換えれば試合に出場できなければ収入が無いことになります。
そのためプロのキックボクサー(ムエタイ)でも専業は少なく、ほとんどが普段は会社のサラリーマンとして働いたりアルバイトをしています。
キックボクサー(ムエタイ)のファイトマネーですがデビュー戦で3万円程度で、メインイベントの試合でもファイトマネーは数十万円程度だと言われています。
プロのキックボクサー(ムエタイ)の試合数は年間に10試合前後が一般的なので、キックボクサー(ムエタイ)の平均年収は100万円を超えることはないようです。

キックボクサー(ムエタイ)の所属別年収

キックボクサー(ムエタイ)の所属別年収は
国内のキックボクサー(ムエタイ)選手の年収:10万円~100万円
世界のキックボクサー(ムエタイ)選手の年収:30万円~1000万円以上
タイのキックボクサー(ムエタイ)選手の年収:3万円~400万円


キックボクサー(ムエタイ)とはキックボクシング選手のことで、もともとはタイの国技であるムエタイと呼ばれる打撃系の格闘技がルーツです。
キックボクシングは日本のボクシングプロモーターの野口修氏がムエタイを参考にして考案した日本独自の格闘技ですが、日本発祥のキックボクシングの試合であるK-1が人気を呼び世界でも多くの試合が開催されています。
ただ国内のキックボクサー(ムエタイ)選手の年収は年間に2~3試合しかない場合はファイトマネーも10万円程度で、新日本キックボクシング協会など日本国内にはいくつかのキックボクシング団体がありますが、その団体のチャンピオンクラスでも年収は100万円程度だと言われています。

タイのムエタイ選手の場合はまだ幼い子供の頃から親元を離れ、ムエタイのジムで寝起きしてトレーニングを積みます。
デビュー戦のファイトマネーは1000バーツ(3000円)にも満たない金額ですが、チャンピオンクラスになると年収も100万バーツ(300万円)を超えます。K-1でも活躍したブアカーオ選手などは中国やヨーロッパでも試合をしたり、映画の主演も務めるなどタイでも人気があります。

キックボクサー(ムエタイ)の年収1000万円になる方法

日本のチャンピオンクラスのキックボクサーでも年収は100万円程度だと言われていますが、2003年と2008年のK-1WORLD・MAX世界王者の魔裟斗選手の全盛期の年収は5000万円を超えていたと言われています。
ファイトマネーも破格で2003年にK-1WORLD・MAXで初優勝を果たした後には数々のテレビや映画に出演したりコマーシャルの依頼もあり、フレグランスやシルバーアクセサリーのプロデュースも手掛けていました。

その後もオリジナルのデザインのロイヤル・オーク・オフショアMASATOモデルを発表したり、日本人として初めて2009年にスイスの時計ブランドのオーデマ・ピゲと契約を交わしています。
グローリー・スポーツ・インターナショナルが運営するヨーロッパのキックボクシング団体「グローリー(GLORY)」は、ライバル興行団体の「イッツ・ショータイム(IT'S SHOWTIME)」を買収した世界最大のキック団体です。
グローリーのトップクラスのキックボクサーの年収は1000万円以上を稼ぐ高年収で、2017年8月26日に50戦50勝無敗で5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・ジュニアと対戦した、UFCの世界ライト級王者のコナー・マクレガーなどはキックボクサーではありませんが年収は億を軽く超えています。
日本のキックボクサーでもグローリーやUFCに参戦し勝利し続ければ、年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

キックボクサー(ムエタイ)の仕事内容

キックボクサー(ムエタイ)の仕事内容は、キックボクシングの試合に出場して勝利することです。
日本国内で行われているキックボクシングの試合はタイの国技であるムエタイのルールを参考にして作られたもので、新日本キックボクシングのようにひじ打ちが認められている団体もありますが、ひじ打ち禁止する団体もあり団体によってルールが異なります。

ただキックボクシングの試合は基本的には手にグローブを着用して、パンチやキックやひざ蹴りで相手を攻撃します。
1ラウンド3分の5ラウンド制を採用する団体がほとんどですが、団体によってはデビュー戦は2R制で戦ったりその後の試合も3ラウンド制を採用する団体もあります。

キックボクサー(ムエタイ)になるには?【資格難易度・倍率・合格率】

プロのキックボクサーになるにはライセンスを取得する要がありますが、日本国内には10以上のキックボクシング団体がありそれぞれの基準でライセンスを発行しています。
プロボクシングの場合は日本ボクシングコミッション(JBC)がプロテストを実施し、合格者は日本プロボクシング協会(JPBA)に登録されます。

しかしキックボクシング団体は多数ありますが、選手の所属するジムが加盟する統一団体はありません。
そのため各キックボクシング団体によってルールや戦い方が異なりますが、いずれの団体でもプロのキックボクサーになるには実戦で戦い勝利するかそれに値する戦い方が求められます。

キックボクサー(ムエタイ)を目指す人の口コミ年収

10代のキックボクサーの口コミ年収

年収80万円
中学生の時から空手を始め、高校生の時に見たキックボクシングがきっかけで転向しました。
まだファイトマネーが少ないので、コンビニでアルバイトをしながら練習をしています。

10代のキックボクサーの口コミ年収

年収170万円
去年プロのライセンスを取り、プロのキックボクサーとして4試合をしました。
3勝1敗の戦績ですが、将来はチャンピオンになるのが目標です。

20代のキックボクサーの口コミ年収

年収220万円
タイを主戦場にして練習をしています。
タイはファイトマネーが少ないので、日本レストランで調理の仕事をしています。

20代のキックボクサーの口コミ年収

年収340万円
ジムで働きながら年間に、10試合ほどファイトしています。
ランキングしたばかりですが、世界チャンピオンになるのが夢です。

スポーツ選手の年収

▲このページのトップへ戻る