+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

今治造船の年収

今治造船の年収に興味がある方のための基礎知識

今治造船の年収は550万円でした!(口コミ統計)

今治造船の年収の平均は、推定550万円でした。(口コミ)
年度別の年収はIR情報非公開のようなので算出できませんでした。
ここ数年での年収推移は420万円(最低)~580万円(最高)となっています。
給料:約42万円(総合平均値)

今治造船とは:企業名は「いまばりぞうせん」と読みます。
陰ながら知られた、日本有数、世界でも有名な造船メーカーで、輸送用タンカー、フェリー、コンテナ運搬船など、主要な大型船舶を造船しています。
国内では、文句なくトップのメーカーですね。
本社所在地:愛媛県今治市小浦町1-4-52
今治造船の設立時期:1942年1月

今治造船の年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 264万円~314万円 20万円 78万円
25~29歳 341万円~391万円 24万円 98万円
30~34歳 329万円~429万円 27万円 107万円
35~39歳 386万円~490万円 31万円 122万円
40~44歳 429万円~550万円 34万円 138万円
45~49歳 494万円~616万円 39万円 154万円
50~54歳 550万円~660万円 41万円 165万円
55~59歳 545万円~655万円 41万円 164万円
60~65歳 346万円~446万円 28万円 111万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

今治造船の主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職 年収 月額給与 ボーナス
主任 472万円 29万円 118万円
係長 587万円 37万円 147万円
課長 776万円 49万円 194万円
部長 858万円 54万円 215万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査の比率から独自で算出した結果になっております。

今治造船の総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 770万円 48万円 193万円
技術職 539万円 34万円 135万円
一般職 550万円 34万円 138万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

今治造船の大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 825万円
短大卒 620万円
高卒 528万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

仕事内容・企業ランキング・グループ企業

【仕事内容】
中大型輸送用船舶造船事業、ホテル事業、リゾート事業など。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは54で、他グループでは65(三菱重工)、59(三井造船)、58(川崎造船)などがありました。

【今治造船のグループ企業や関連企業】
・今治国際ホテル
・サンセットヒルズC.C.
・フォレストヒルズ ゴルフ&リゾート

今治造船の生涯年収は?(推定)

上記の平均から算出してみたところ推定約2億円となりそうです。
計算:550万円×38年
財閥系造船会社と比べて、非常に水準は低いですが、手当と残業でかなり収入の比率が高いのが特徴です。
どちらかといえば、中堅の重機械工業並みくらいではないでしょうか?

今治造船の20代、30代、40代の年収を解説!

年代別年収を調べてみると、
30代:500万円~520万円(推定)
40代:600万円~640万円(推定)
50代:700万円~780万円(推定)
給与明細を見ると、実情はかなりの残業代に支えられています。
昇給は低い代わり、手当なども若干ついて製造業と並ぶ年収になる感じです。
年収の増え方は10年単位で100万円~120万円ぐらいとなりました。

今治造船の新卒、採用、面接情報、初任給を解説!

新卒の初任給は
20万6,177円(大卒)
21万4,898円(院卒)
となってました。(平成26年度)

【面接で聞かれること】
・志望動機と、希望職種、自分の長所と短所について。
・自信過剰な性格の部分が、自分にはあると思いますか?
・将来になりたい自分の姿は?
・親友と呼べる人数はどれくらい?

【求めてる人物像】
船舶の知識があれば、なお良いのは間違いありませんが、会社として伝統的に上下関係、人間関係ではひとまず、誰とでも親しくなれる人材、人間関係に寛容な素直な人物を好むようです。
会社の方針としては、英語力がある方が望ましく、資格に関してはそれほど心配はないようです。

【採用(内定)の条件】
雑談に近い内容の面接で、筆記試験に意外と比重を置いています。
人により質問を変えますが、大体オーソドックスで変わった質問はありません。
ただ、自己分析はしっかり行って的確に応えられないと、確実に見透かすような鋭い観察力を面接官は持っているといえます。
二次面接から、役員が面接官となります。
企業研究は、それなりにといった感じで無難で心配ありません。
特に受け答えに対し、非常にハッキリと答えらっるか、その場での意思決定が素早いかどうかは、相当に観察している面接でしょう。

今治造船の評判はどう?

良くも悪くも、男性が中心となる会社運営形態で、全体的に体育会系で少々古い工業系といった印象を受けます。
総じて、社員口コミで多いのが残業の多さですから、2011年あたりから、新興国向けの受注が増えて、業績は結構上向いている様子がうかがえます。
福利厚生は手当も含めて、多くの社員は満足しているようで、残業は多くとも時間外手当はキチンとつくので、体力さえあれば稼げる企業といった声を多く聞きます。
造船業界で、その生産量日本一という点が、やはり社員の誇りとなってるようですね。
少々、人使いは乱暴な側面が感じられることもありますが、伝統的な社風を理解している社員では、上司と部下の距離が近く、コミュニケーションでは取りやすい社風だといった意見が多くみられました。
とにかく何より、人間関係として幅広い人づきあいができるかは重視されます。
そして、会社に入ってからも勉強や修練のような柔軟に受け入れられる、高い適応力はかなり重要となると思われます。

今治造船の強みは何?

日本では数少ない産業用大型船舶の建造で、非常に新興国からの受注で支えられている点は、こうした業界ではかなり工業力として有利な立場にあります。
それの裏づけとしては、やはり残業の多さが近年では顕著な例が示しているでしょう。
相当数の受注量を抱えているため、造船業では最も忙しい企業かもしれません。
また、老舗企業ゆえに、福利厚生に関しては、財政貯蓄、住宅融資、退職金などでかなり評価は高いです。

元今治造船社員のクチコミ年収

30代 業種:研究開発 年収:400万円

残業は月に決められた時間があるので、それ以上は申請して受理されたらになります。
年功序列で、普通に働いていれば昇進していきますね。
人事評価は、昇進とはそれほど深く関与していません。
事業は完全な分業制、で3つの事業形態のどれに配属されるかで、やりがいを感じるかどうかは決まるでしょう。
独身寮は設備がよく、充実しています。

30代 業種:研究開発技術関連 年収:600万円

事務職の残業比率が非常に高いですね。
福利厚生は、並クラスで施設はありませんが、旅行や宿泊料金は格安に補助を受けられます。
研究職では、40時間残業がざらで、会社の気質は荒い性格の社員が多いですね。
需要が絶えない意味では、やはり中国経済の影響が気になります。
社宅が3DK月7,000円で借りられるのは、とても有り難いです。

工業・機械系企業年収一覧

工業系の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る