+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

オープンハウスの年収

オープンハウスの年収に興味がある方のための基礎知識

オープンハウスの年収

平均年収 657万円
ここ数年の最高平均年収 698万円
業界平均年収との差(業界平均) -86万円(業界平均年収:743万円)

オープンハウスの年度別年収

年度 平均年収
令和3年 698万円
令和2年 情報無し
令和1年 情報無し
平成30年 642万円
平成29年 635万円
平成28年 654万円
平成27年 656万円

ここ数年での年収レンジは最低635万円~最高698万円となりました。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

オープンハウスの年収中央値を比較!【予想値】

つぎは、オープンハウスの年収中央値を計算してみました。
平均年収jpの年収査定で取得したデータと賃金カーブなどを統計し年収中央値の平均を算出しそれを割り当ててみると、オープンハウスの年収中央値はおよそ499万円となりました。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。

性別 年収中央値
男女計 499万円
男性 555万円
女性 444万円

オープンハウスや同じような業種で転職を考えてる方へ

オープンハウスや同じような企業や業種への転職を考えてるあなたのために、失敗しない転職をするための3条件を満たすサイトを厳選しました。
3条件は、

・オープンハウスや競合企業の求人(非公開)を持っている可能性がある・高い
・面接や面談対策が充実している
・希望に沿った案件を紹介してくれる


サイトによって案件が違うので、2社は登録したほうがいいでしょう。
※横にスライドが出来ます。

サービス 人気企業の掲載 特徴 エリア 強み
doda 日清食品やブリジストン
ニチレイフーズなど
消費者向けの企業など
人気企業の求人あり
全年代
未経験
全国 ・転職者満足度No.1
・サポート/求人の質◎
リクルートエージェント 株式会社リクルートや楽天
ソフトバンクなど
一流企業の求人掲載あり
全年代
未経験
全国 ・転職成功実績No.1
・業界No.1の求人数
JACリクルートメント レゴジャパンや
P&Gなどの外資系
人気企業の
掲載あり
全年代
外資
ハイキャリア
東京 ・転職成功実績31万人↑
・営業/エンジニア転職に強い
リクルートダイレクトスカウト Benesse、Yakult
SONYなどバラエティー
豊かな一流企業が多数掲載
30~40代
年収UP
ハイキャリア
全国 ・平均年収900万
・企業/スカウトから連絡
レバテックキャリア サイバーエージェント
やアクセンチュア
などの大手IT企業が掲載
エンジニア 全国 ・利用者9割が20代
・第二新卒/既卒に特化
doda it IT企業だけでなく
関西電力や積水ハウス
などのITポジションも
掲載されており
世界が広がる
エンジニア
女性
東京 ・支援実績多数
・企業交渉も任せることができる
アクシスコンサルティング メガバンクや
大手外資系企業を紹介
してもらえる
コンサル
外資系
全国 ・コンサル・外資系向け
・コンサルファーム好きな人向け

オープンハウスの年齢別年収で比較してみよう【予想値】

つぎは、オープンハウスの年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が702万円でした。
またオープンハウスで働き盛りの30代の年収はおよそ602万円になります。
それでは全体の年齢別年収を予測してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 450万円 30万円
25~29歳 458万円 32万円
30~34歳 482万円 36万円
35~39歳 498万円 38万円
40~44歳 556万円 42万円
45~49歳 636万円 47万円
50~54歳 702万円 51万円
55~59歳 695万円 50万円
60~65歳 448万円 34万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で予測算出した結果になっております。

オープンハウスの男性と女性の年齢別年収の違い【予測値】

では平均年収がわかりましたが、次にオープンハウスの年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。
※企業によっては男女同一賃金になっているところもあるのであくまでも賃金統計とデータからの予測値としてご覧くださいませ。

年齢 男性 女性
20~24歳 450万円 450万円
25~29歳 542万円 458万円
30~34歳 540万円 482万円
35~39歳 558万円 498万円
40~44歳 602万円 556万円
45~49歳 687万円 636万円
50~54歳 757万円 702万円
55~59歳 750万円 695万円
60~65歳 485万円 448万円
チャット右画像

ヨシコ

オープンハウスの働き盛りの30代の男女の年収を比較してみましょう。

オープンハウスは平均年収ランキングの順位は○○位でした

では、オープンハウスの平均年収は657万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。
是非チェックしてみましょう。

企業の平均年収ランキング

オープンハウスの年収ピラミッドで階層を知ろう

男女年齢別の年収をみてみましたが、次はオープンハウスの社員は年代によってどの年収層にいるのかを統計を基準に年収を割り当てて算出予測してみました。 あなたの年代と是非比較してみてください。

オープンハウスの20代の年収層
オープンハウスの20代の年収ピラミッド
オープンハウスの30代の年収層
オープンハウスの30代の年収ピラミッド
オープンハウスの40代の年収層
オープンハウスの40代の年収ピラミッド
オープンハウスの50代の年収層
オープンハウスの50代の年収ピラミッド
チャット左画像

ミナミ

オープンハウスの年収ピラミッドと他企業の年収ピラミッドを見比べてみると年代によってどのくらい差があるのかわかりますよ。

オープンハウスの総合職・一般職・技術職の年収を解説

オープンハウスでの企業内での職業によっても給与が変わることがあります。大まかに総合職から一般職まで分類し賃金カーブと統計から独自に予測値を立ててみました。

職種 年収
総合職 847万円~947万円
技術職 563万円~663万円
一般職 577万円~677万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から予測した結果になっております。

オープンハウスの主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 659万円
係長 744万円
課長 984万円
部長 1,087万円

※平均年収jp独自に取得しているデータとオープンハウスの平均年収と掛け合わせて算出しました。

オープンハウスの大卒・短大卒・高卒の年収予測

厚労省が出している賃金統計の学歴差年収を基準として、平均年収や業種の規模間などから一番年収差がつく50歳の時の年収で、大卒 高卒までの年収を予測してみました。※予測値となるため実際のデータとは違う可能性があります。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 893万円
短大卒 763万円
高卒 650万円

※厚労省が算出した賃金統計調査から平均的な賃金比率を税理士が割り出し、それを元に計算した予測結果となっております。

オープンハウスの男性女性別での平均年収

オープンハウスの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 744万円 48万円
女性の平均年収 562万円 36万円

オープンハウスの30代・40代・50代の年代別年収

オープンハウスの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約582万円~(推定)
40代で677万円~(推定)
50代で812万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約237万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

オープンハウスの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定29,099万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は11,040万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
営業本部・開発事業部・マンション開発事業部・不動産収益流動化事業・営業推進部マーケティンググループ・営業推進部CSグループ・管理本部のそれぞれの部署に配置されます。例えば営業本部の不動産コンサルティング職は住宅をご購入いただくためのコンサルティング業務を行い、開発事業部では戸建やマンションなどの用地取得を行い、マンション開発事業部では都心部を中心にメゾネット型マンション「オープンレジデンスシリーズ」の開発や販売を行います。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングではオープンハウスは見当たりませんでした。

【オープンハウスのグループ企業や関連企業】
・株式会社オープンハウス・ディベロップメント
・株式会社アサカワホーム
・株式会社OHリアルエステート・マネジメント
・株式会社アイビーネット

オープンハウスの新卒初任給、採用、面接情報を解説!

新卒の初任給は
月給 30万0,000円
※2017年4月予定 宅地建物取引士資格取得者
月給 27万0,000円
※2017年4月予定 宅地建物取引士資格未取得者円
となってました。(平成28年度)

【面接で聞かれること】
・オープンハウスを志望した理由を教えてください。
・当社の強みや事業戦略についてどのように考えていますか?
・あなたの強みや長所を教えてください。
・学生時代で最も頑張ったことを教えてください。

【求めてる人物像】
オープンハウスが求める人物像は自ら考え行動でき、目標達成意欲が高く多くのチャンスを手に入れたい人で、学部不問でスキルや知識は全く必要ありません。

【採用(内定)の条件】
オープンハウスの内定までの流れと対策ですがエントリーを行い会社説明会で自己分析診断テストを受け、エントリーシートはなく履歴書のみで一次選考から筆記試験を含む複数回の選考を経て内々定までの流れとなります。
会社説明会では企業紹介や社長や社員との懇話があり、社長をはじめ社員がエネルギッシュで頭が良く、正直で本音と建前を使い分けないという口コミもありました。
一次面接は集団面接ですが世間話といった感じのようで、学生時代に頑張ったことやどういう人間になりたいか何度も聞かれるようです。
また面接を重ねるたびに自分がなりたいイメージが、より明確にできる面接で、時間が許す限り疑問や質問ができるようです。

オープンハウスの評判はどう?(待遇や社風)

オープンハウスの評判ですが全体的に体育会系の出身者が多いという印象ですが、上場企業ですが急速に成長しているということもありベンチャー企業だという口コミがありました。
また女性でも実績次第でどれだけでも出世でき30歳前に課長になる女性社員もいたという口コミや、売れば売るだけボーナスがもらえるのでやりがいを持って働けるという口コミもありました。
さらに完全に実力主義で入社5年目のマネージャーが、都内の一等地に一戸建てを買うなど、稼ぎたい人にはおすすめという意見もありました。 

オープンハウスの強みは何?

オープンハウスの強みは営業のスピーディーな対応やお客様のニーズをくみ取るコンサルティング能力で、さらにテクニカルな接客スキルもですが立ち振る舞いや仕草や話し方など、お客様に与える印象を構成するディティールに至るまできめ細かな指導とフォローが教育されていることです。
またオープンハウスでは早くからWEBを使った集客方法に注力し、東京と神奈川県の戸建に特化した販売サイトを構築し、オープンハウスのホームページのページビューは月間に200万人にも上ります。
東京と神奈川県の戸建にコンセプトが集約されたサイトは多くのユーザーを集めるだけでなく、掲載物件数もエリア内では最大級の規模を誇っていることもオープンハウスの強みだと言えます。

オープンハウスで働く面白さやりがい

オープンハウスの仕事の面白さやポイントですが不動産仲介業を展開している企業ですが東京大学や早稲田大学や慶應義塾大学などの有名私学の社員が多く、他社から多くの内定をもらいながらオープンハウスに入社を決めたという社員が多いことも特徴です。
日本の企業の多くが年功序列ですがオープンハウスは完全な成果主義で、頑張ればそれがそのまま給与やボーナスに反映されるのでやりがいがあります。

営業活動によるキャッシュフローは4,994(百万円)でした。

元オープンハウス社員のクチコミ年収

20代 業種:営業 年収:645万円

初めて当社の社長に出会った時にあまりの知識量と、ずば抜けた論理的な思考力に驚き入社を決めました。
今でもこの社長は凄いと心から思えます。

30代 業種:開発事業 年収:794万円

戸建用の土地情報を求めて毎日のように、都内の23区を動き回っています。
大変な仕事ですが、やりがいがある仕事です。

不動産系企業年収一覧

不動産系企業の年収をまとめています。

電気・化学系企業年収一覧

電気・化学系企業の年収をまとめています。

IT系・通信系企業年収一覧

IT系・通信系企業の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る