+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

33歳【男性女性】の平均年収・年収中央値

33歳【男性女性】の平均年収中央値など解説いたします。

33歳【男性女性】の画像

33歳【男性女性】の平均年収・年収中央値を超えるの?

33歳の年収を見てみると、
33歳の年収中央値:330万円~390万円
33歳の平均年収:340万円~400万円
33歳の男性の年収:370万円~420万円
33歳の女性の年収:320万円~370万円



【業態別】
・正社員370万円~(推定)
・契約社員330万円~(推定)
・アルバイト260万円~(推定)


【大卒高卒別】
・大卒390万円~(推定)
・高卒350万円~(推定)

男性の年収が400万円を超えるようになる年齢です。

33歳の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。33歳の平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 360万円
青森 320万円
岩手 360万円
宮城 400万円
秋田 320万円
山形 360万円
福島 360万円
茨城 400万円
栃木 400万円
群馬 400万円
埼玉 360万円
千葉 400万円
東京 560万円
神奈川 440万円
新潟 360万円
富山 360万円
石川 400万円
福井 400万円
山梨 360万円
長野 400万円
岐阜 360万円
静岡 400万円
愛知 440万円
三重 400万円
滋賀 400万円
京都 400万円
大阪 480万円
兵庫 400万円
奈良 400万円
和歌山 360万円
鳥取 360万円
島根 360万円
岡山 400万円
広島 400万円
山口 400万円
徳島 400万円
香川 360万円
愛媛 360万円
高知 360万円
福岡 400万円
佐賀 320万円
長崎 360万円
熊本 360万円
大分 360万円
宮崎 320万円
鹿児島 360万円
沖縄 320万円

比較してみると、一番年収が高い東京都の33歳の年収が、およそ560万円。
一番低い沖縄県の年収が320万円 となり0万円の年収差ができています。

33歳の大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働く33歳の年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ独自の予想を算出してみました。

規模 年収
大企業の33歳 464万円
中企業の33歳 384万円
小企業の33歳 348万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

33歳とは?

33歳になれば係長や早ければ課長など役職に就く年齢で、同期入社との年収の格差がだんだんと出てくる年齢です。
管理職になるとコミュニケーションやマネージメントの能力が求められ、これまでと違った意味で仕事も難しくなってきます。
また自分の会社での将来も少しずつ見え始めてくるので、給与や待遇に不満があれば転職の二文字がちらつきのもこの年齢です。
終身雇用が崩壊した日本では転職も一つの選択肢になってきましたが、転職を考えるのであれば自分の市場価値を正確に把握することから始めましょう。
どんなに自分が希望する年収でも、あなたにその価値がなければ転職しても年収がダウンすることもあり得ます。

33歳で年収600万円に到達できそうな職業や仕事内容・企業

まず33歳で年収700万円に到達できそうな職業ですが医師であれば、後期研修医と呼ばれる期間で年収も普通は700万円を超えています。
さらにバイトも一晩で4万円か5万円ぐらいになる、当直のバイトをすれば年収700万円以上も珍しくありません。
医師と並んでパイロット弁護士なども高年収の職業として知られていて、33歳で年収700万円に到達できそうです。
さらに開業であれば公認会計士の資格や一級建築士の資格を持っていれば、自分で事務所を開き成功すれば33歳で年収700万円を超えることも夢ではありません。
会社員であれば企業の平均年収が1000万円を超えていれば、33歳で年収700万円に到達できそうな企業もあります。
例えば平均年収が1469万円の日本テレビホールディングスであれば33歳での年収は約775万円で、平均年収が1251万円の三井住友フィナンシャルグループであれば33歳での年収は約772万円で共に年収700万円を超えています。

33歳公務員【市役所職員・消防士・警察】の年収給料ってどのくらい?

33歳であれば市役所職員は高卒の場合は地方公務員Ⅲ類(初級)と、短大卒や高専卒程度の学力が必要な地方公務員Ⅱ類(中級)と、大卒程度の学力が必要地方公務員Ⅰ類(上級)とでは給料で約27万円から約31万円の差があり、年収ベースだと約432万円から約496万円の格差があります。
消防士も同様に高卒程度の学力が必要な消防官Ⅲ類と短大卒程度の学力が必要な消防官Ⅱ類と、大卒程度の学力が必要な消防官Ⅰ類でとでは給料も約28万円から約33万円の差があり、年収ベースだと約448万円から約528万円の格差があります。

警察官も33歳であれば高卒程度の学力が必要な警察官3類と、短大卒程度の学力が必要な警察官2類と大卒程度の学力が必要な警察官1類では約26万円から約36万円と、同じ地方公務員の中でも格差が最もあります。
また33歳であれば普通は巡査長ですが、警察官の場合は試験を受けることで階級が上がり、給料や年収も増えるシステムになっています。

参照:公務員の平均年収

33歳で結婚するための最低年収はどのくらい?

33歳で結婚するための最低年収ですが共働きできるとすれば、夫婦で年収500万円以上あれば将来に備えて貯金をすることができ、余裕を持って生活ができるでしょう。
ただ奥さんがまだ妊娠していなくても子供を作る予定であれば、奥さんが働けないことも考えればご主人の年収が400万円以上はないとあまり余裕がある生活を送ることは難しいかもしれません。
昔であれば33歳での結婚は晩婚というイメージがありましたが、最近では33歳で結婚する人も増えているようです。
ただ若い世代と違って結婚に掛かる費用も世間並に必要になるので、結婚するまでにある程度は貯金をしたほうがいいでしょう。
参照:結婚相手の年収はどのくらいが理想なのか?男女別で調べてみました。

チャット右画像

マリン

この記事に興味ある方は30代前半の年収や30代全体の平均年収にも興味をもっています!ぜひ読んでみてくださいね。
30歳~34歳の30代前半の平均年収はどのくらい?
30代の平均年収を解説します!

年齢別年収中央値

▲このページのトップへ戻る