+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

42歳【男性女性】の平均年収・年収中央値

42歳【男性女性】の平均年収中央値など解説いたします。

42歳【男性女性】の画像

42歳【男性女性】の平均年収・年収中央値を超えるの?

42歳の年収を見てみると、
42歳の年収中央値:420万円~480万円
42歳の平均年収:430万円~490万円
42歳の男性の年収:460万円~510万円
42歳の女性の年収:410万円~460万円


【業態別】
・正社員430万円~(推定)
・契約社員360万円~(推定)
・アルバイト290万円~(推定)


【大卒高卒別】
・大卒440万円~(推定)
・高卒370万円~(推定)


参照:40代前半の平均年収を解説します!
参照:40代の平均年収を解説します!
42歳の年収中央値は平均の400万円を超えている形になります。

42歳の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。42歳の平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 399万円
青森 354万円
岩手 399万円
宮城 443万円
秋田 354万円
山形 399万円
福島 399万円
茨城 443万円
栃木 443万円
群馬 443万円
埼玉 399万円
千葉 443万円
東京 620万円
神奈川 487万円
新潟 399万円
富山 399万円
石川 443万円
福井 443万円
山梨 399万円
長野 443万円
岐阜 399万円
静岡 443万円
愛知 487万円
三重 443万円
滋賀 443万円
京都 443万円
大阪 532万円
兵庫 443万円
奈良 443万円
和歌山 399万円
鳥取 399万円
島根 399万円
岡山 443万円
広島 443万円
山口 443万円
徳島 443万円
香川 399万円
愛媛 399万円
高知 399万円
福岡 443万円
佐賀 354万円
長崎 399万円
熊本 399万円
大分 399万円
宮崎 354万円
鹿児島 399万円
沖縄 354万円

比較してみると、一番年収が高い東京都の42歳の年収が、およそ620万円。
一番低い沖縄県の年収が354万円 となり0万円の年収差ができています。

42歳の大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働く42歳の年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ独自の予想を算出してみました。

規模 年収
大企業の42歳 514万円
中企業の42歳 425万円
小企業の42歳 385万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

42歳で年収900万円は可能なの?

42歳の平均年収が420万円~480万円なので42歳で年収900万円は、かなり高いほうですが不可能なことではありません。
例えば高年収の職業として知られている医師であれば、42歳で年収900万円は平均的な年収か少し低いかもしれません。
医師でなくても開業している公認会計士や弁護士なども、顧客さえいれば42歳で年収900万円は可能だと言えます。
では企業に勤める会社員では42歳で年収900万円は不可能かと言えばそんなことはなく、会社の平均年収が900万円以上であれば42歳で一般的に年収900万円に届きます。
例えば武田薬品工業の平均年収は945万円ですが42歳の年収は994万円で、KDDIの平均年収は976万円ですが42歳の年収は981万円で、共に41歳で年収900万円を超えています。
この他にも大東建託の平均年収は926万円ですが42歳の年収は933万円で、明治ホールディングスの平均年収は946万円ですが42歳の年収は942万円なので、共に42歳で年収900万円を超えています。

42歳で結婚するとしたら男性はどのくらいの年収があるとモテルの?

もし男性が42歳で結婚するとしたら、42歳の平均年収420万円~480万円では、女性にモテルとは言い難いかもしれません。
20代であれば年収が少なくても夫婦で共働きすればなんとかやっていけるかもしれませんが、42歳であれば初婚でも再婚であっても男性の場合は経済力がないと女性の結婚相手の対象になりません。
若い世代と違って女性が愛情とか格好いいとかで42歳の男性を結婚相手に選ぶことはまずあり得ないことで、どのくらいの年収があるかが結婚相手としての判断材料になります。
では実際にどのくらいの年収があると女性にモテルかですが、年収500万円以上で多いに越したことはありません。
年収500万円以上であれば42歳の平均年収を上回っていますし、年収500万円以上であれば子供がいなければ共働きをしなくても、贅沢さえしなければ十分に生活できます。

42歳で公務員【市役所職員・消防士・警察・教員】の年収給料ってどのくらい?

42歳であれば民間企業のサラリーマンの平均年収に近い年齢ですが、市役所職員などの地方公務員の給料や年収がいくらくらいか気になるところです。
市役所職員は一般行政職で高卒と大卒では昇格も給料も違い、42歳であれば約36万円から約40万円の給料で年収だと約576万円から約640万円になります。
ノンキャリアならば42歳であれば主査か課長補佐ですが、キャリアであれば課長でもおかしくない年齢です。
消防士も高卒と大卒では差があり42歳であれば消防士長か、キャリアであれば消防司令補や消防司令の可能性もあります。
警察官も高卒であれば警察官3類で大卒の警察官2類とでは給料や年収には差があり、42歳であれば給料は約35万円から約45万円で年収だと560万円から約720万円の格差があります。
参照:公務員の平均年収

年齢別年収中央値

▲このページのトップへ戻る