+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

水原一平の年収を詳しく解説

水原一平【大谷翔平通訳】に興味がある方のための役立つ情報を紹介

チャット左画像

アイミ

大谷翔平選手の活躍が目まぐるしい中、通訳として活躍している人がいますよね。それが水原一平さんです。
チャット左画像

ミナミ

大谷選手の通訳だから年収も高いのでは?と思ってるかたも多いのではないでしょうか。今日は水原さんの年収を考察しつつ専門通訳の仕事の年収などについて解説していきます!
執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

水原一平通訳まとめ

年収 2000万円(推定)
プロ野球専業の通訳の年収 年収800万円~
海外通訳の年収 年収800万円~

水原一平とは?

水原一平さんは、MLB大谷選手の専属通訳として知られる方です。彼は1984年に北海道苫小牧市で生まれ、父親の仕事の関係で1991年にロサンゼルスに移住しました。

カリフォルニア大学リバーサイド校を卒業後、水原さんは通訳の道を選びました。彼はボストン・レッドソックスなどの選手である岡島秀樹さんの通訳も務めた経験を持っています。

2013年には、北海道日本ハムファイターズの球団通訳として入団し、外国人選手の通訳などのサポートを担当しました。その時に、ドラフト1位で入団した大谷選手との出会いがありました。

そして、2017年には大谷選手のエンゼルス移籍に伴い、日本ハムを退団しました。それ以降は、大谷選手の専属通訳として活動しています。

水原さんの父親は和食レストランを経営しており、日本ハムがアリゾナ州で海外キャンプを行った際には食事面のサポートも行ったそうです。彼は大谷選手のプライベートや野球活動をサポートする重要な存在です。

水原一平の収入源は?

水原一平さんは、大谷翔平選手の専属通訳だけでなく、プライベートのサポートやマネージャー業務も行っています。

水原さんの収入源は、通訳の給与と大谷翔平選手からの報酬、そして他の活動からの収入が考えられます。彼は通訳としての仕事に加え、生活面のサポートやメディアの相手、車の送迎など、様々な役割を担当しています。そのため、通訳以外の収入もかなりの部分を占めているでしょう。

また、アメリカではチップ制度がありますので、そこからの収入も考えられます。水原さんの給料(年収)はおおよそ2000万円程度と予想されます。

水原一平の人気の秘密とは?

水原一平さんが人気を集める理由はいくつかあります。まず1つ目は、大谷翔平選手への献身的なサポートです。

大谷翔平選手の通訳を務めるだけでなく、水原一平さんは彼の私生活まで丁寧にサポートしています。有名な話として、水原一平さんが大谷翔平選手の運転手を務めることは知られていますが、それだけでなく、キャッチボールの相手や買い物の付き添いなど、様々な面で彼の支えとなっています。大谷翔平選手にとって、水原一平さんは欠かせない存在となっています。

2つ目の理由は、水原一平さんがエンゼルスのMVI(最優秀通訳)に選ばれたことです。大谷翔平選手の専属通訳として活躍するためには、優れた英語力だけでなく、野球に関する専門知識やそれを的確に伝える能力が求められます。水原一平さんはその全てを兼ね備えており、大谷翔平選手を完璧にサポートしています。エンゼルスはそのような彼の活躍を評価し、「MVI(最優秀通訳)」として称えました。

3つ目の理由は、大谷翔平選手が水原一平さんを絶大な信頼を寄せていることです。大谷翔平選手はアメリカで大きな成功を収め、多くのファンを魅了しています。そして彼が一番頼りにしているのが水原一平さんです。大谷翔平選手はアメリカのインタビューで、「一番助けてくれた人は?」という質問に対し、「一番お世話になっているのは一平さんです」と答えています。エンゼルスファンにとっても、大谷翔平選手が信頼する水原一平さんはまさにスターの存在です。

そして最後の理由として、水原一平さんの人柄が挙げられます。大谷翔平選手が水原一平さんを信頼し続ける理由の一つは、水原一平さんの人柄です。専属通訳としての技術だけでなく、人とのコミュニケーション能力も非常に重要です。

水原一平さんは、どんな人に対しても打ち解けやすい雰囲気を持っており、誰とでも親しく接することができます。彼の飾らない性格や温かい人柄が、多くの人々からの支持を集める要因となっています。

また、水原一平さんは常に謙虚であり、自分の存在を前面に出すことなく、大谷翔平選手を中心に据えて行動しています。彼の謙虚さと協力的な姿勢は、多くの人々に好感を与え、信頼を築いています。

さらに、水原一平さんはプロフェッショナリズムを持ちながらも、大谷翔平選手との関係を友情にも似た絆として築いています。彼らの信頼関係は、単なる仕事の枠を超えており、相互の信頼と尊重に基づいています。

このような水原一平さんの人柄が、彼を支持するファンやメディアからの称賛を受ける理由です。彼の誠実さ、情熱、そして大谷翔平選手への深い愛情が、多くの人々の心を打ち動かしています。

水原一平さんの人気は、彼が単なる通訳以上の存在であり、大谷翔平選手との絆を通じて野球界やファンの心をつかんでいるからこそ生まれています。その人気は今後も続き、彼の存在は大谷翔平選手と共に輝き続けることでしょう。

水原一平の年収はどのくらい?

通訳者の収入は、担当する業種や働き方によって異なりますが、メジャーリーグの通訳者の年収相場は約800万〜1000万と言われています。

例えば、かつてヤンキースで活躍していた田中将大選手の専属通訳を務めていた堀江さんの年収は約900万であり、マリナーズで活躍していた岩隈久志選手の専属通訳の方は約800万だったそうです。

また、メジャーリーグでは選手の年俸には通訳代や移動費も含まれていることがあります。つまり、水原さんの給料も大谷選手の年俸の一部に含まれていると考えられます。さらに、アメリカではチップ制度も存在しています。

大谷翔平選手の2022年の年俸は550万ドル(約6億3,000万円)で、水原さんは通訳だけでなく公私にわたってマネージャー的な役割も果たしています。そのため、水原さんの年収は約1000万円以上である可能性が高いと推測されます。

2023年には大谷選手が日本人として初めて3000万ドル(約40億5000万円)の年俸を得る予定ですので、水原さんの給料にも多少の変動があるかもしれません。

海外通訳の給料は高い?

では、他の日本人メジャーリーグ選手の通訳者の給料と比較してみましょう。

大谷翔平選手の通訳者の年収は約480万円、青木宣親選手の通訳者の年収は約550万円、岩隈久志選手の通訳者の年収は約800万円、田中将大選手の通訳者の年収は約900万円です。

ちなみに、メジャーリーグの通訳者の平均年収は800万円から1000万円です。

これらのデータを見ると、水原一平さんの給料が比較的低いように感じるかもしれませんが、通訳者の給料だけを単純に比較することはできません。

選手の移籍金額によっても給料は変動するでしょう。例えば、田中将大選手は楽天からヤンキースに移籍した際に161億円という金額がかかりました。

そのため、通訳者への支払いも異なってくるのは当然です。

海外通訳者になるためのステップとは?

水原一平さんのような海外通訳者になるためには、どのようなステップが必要なのでしょうか?

まず、プロ野球選手の通訳者になるには、日本語と外国語の両方を流暢に話せることが不可欠です。

さらに、通訳者の仕事は円滑なコミュニケーションを実現することが求められますので、優れたコミュニケーション能力を身につける必要があります。

通訳者は単に言われたことを訳すだけでなく、説明ができるだけでなく、相手の話を正確に理解し、適切な回答を返す能力も必要です。

そのためには、プロ野球に限らず、通訳者としての実績を積むことも重要です。

さらに、プロ野球選手の通訳者になるには、野球に関する専門知識を身につけることが必要です。

もともと野球に詳しくない場合は、必要な語彙や表現を習得するために、専門書の読書や動画視聴、解説の分析などを行うこともあります。

これらのスキルと知識を身につけることで、各球団やエージェント、個人選手などから仕事を受けることができます。

また、実務経験を積みながら、チームや選手、スタッフからの信頼を得ることが重要です。

信頼を得ることで、より大きな仕事を得る機会も広がるでしょう。

チャット右画像

マリン

今回は水原一平の年収について紹介しました。
野球選手の通訳として働くにはプロ野球時代から信頼を得るのが一番いいですね。通訳としてプロ野球球団に所属しておくのが一番の近道かもしれません。

芸能人・著名人関連の年収をまとめた企業一覧

芸能人・著名人関連などの年収や給料、採用情報等色々まとめました。

▲このページのトップへ戻る