西日本新聞の年収

西日本新聞の年収に興味がある方のための基礎知識

西日本新聞の平均年収(口コミ統計)

西日本新聞の年収の平均は、552万円でした。(口コミ統計
ここ数年での年収範囲は538万円(最低)~874万円(最高)と推測されます。
給料:約34.5万円

関連:新聞記者の年収【大手・地方紙】

西日本新聞の業種の年収を解説

業種別年収を調べてみると、
営業:344万円~675万円(推定)
事務:277万円~324万円(推定)
記者:389万円~723万円(推定)
と予測されます。

西日本新聞とは

西日本新聞は西日本新聞社が発行している日刊新聞で、北海道新聞や中日新聞とブロック紙3社連合を結成しています。
西日本新聞の前身である筑紫新聞が創刊されたのは明治10年(1877年)で、明治初期に起こった西郷隆盛を中心とする西南戦争の報道が始まりでした。
西日本新聞の発行部数は朝刊が約65.9万部で夕刊が約7.8万部で特に、福岡市や久留米市を中心とする福岡県西部での購読されています。
ただ北九州では全国紙の毎日新聞が強く、福岡県以外の県でも販売されていますが地元紙に苦戦しています。
本社がある福岡市など九州各地に約60カ所の取材拠点があり、近年は経済電子版「qBiz」の発行など急速に進む情報のデジタル化にも注力しています。

本社所在地:福岡県福岡市中央区天神1-4-1
西日本新聞の設立時期:1877年

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

西日本新聞の男性女性別での平均年収

西日本新聞の年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 619万円 39万円
女性の平均年収 467万円 30万円

西日本新聞の年収中央値を比較!【予想値】

つぎは、西日本新聞の年収中央値を計算してみました。
平均年収jpの年収査定で取得したデータと賃金カーブなどを統計し年収中央値の平均を算出しそれを割り当ててみると、西日本新聞の年収中央値はおよそ416万円となりました。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。

性別 年収中央値
男女計 416万円
男性 462万円
女性 369万円

西日本新聞や同じような業種で転職を考えてる方へ

西日本新聞や同じような企業や業種への転職を考えてるあなたのために、失敗しない転職をするための3条件を満たすサイトを厳選しました。
3条件は、

・西日本新聞や競合企業の求人(非公開)を持っている可能性がある・高い
・面接や面談対策が充実している
・希望に沿った案件を紹介してくれる


サイトによって案件が違うので、2社は登録したほうがいいでしょう。
※横にスライドが出来ます。

サービス 人気企業の掲載 特徴 エリア 強み
doda 日清食品やブリジストン
ニチレイフーズなど
消費者向けの企業など
人気企業の求人あり
全年代
未経験
全国 ・転職者満足度No.1
・サポート/求人の質◎
リクルートエージェント 株式会社リクルートや楽天
ソフトバンクなど
一流企業の求人掲載あり
全年代
未経験
全国 ・転職成功実績No.1
・業界No.1の求人数
JACリクルートメント レゴジャパンや
P&Gなどの外資系
人気企業の
掲載あり
全年代
外資
ハイキャリア
東京 ・転職成功実績31万人↑
・営業/エンジニア転職に強い
リクルートダイレクトスカウト Benesse、Yakult
SONYなどバラエティー
豊かな一流企業が多数掲載
30~40代
年収UP
ハイキャリア
全国 ・平均年収900万
・企業/スカウトから連絡
レバテックキャリア サイバーエージェント
やアクセンチュア
などの大手IT企業が掲載
エンジニア 全国 ・利用者9割が20代
・第二新卒/既卒に特化
doda it IT企業だけでなく
関西電力や積水ハウス
などのITポジションも
掲載されており
世界が広がる
エンジニア
女性
東京 ・支援実績多数
・企業交渉も任せることができる
アクシスコンサルティング メガバンクや
大手外資系企業を紹介
してもらえる
コンサル
外資系
全国 ・コンサル・外資系向け
・コンサルファーム好きな人向け

西日本新聞の年齢別年収で比較してみよう【予想値】

つぎは、西日本新聞の年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が566万円でした。
また西日本新聞で働き盛りの30代の年収はおよそ501万円になります。
それでは全体の年齢別年収を予測してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 343万円 23万円
25~29歳 372万円 26万円
30~34歳 384万円 30万円
35~39歳 397万円 31万円
40~44歳 442万円 35万円
45~49歳 509万円 39万円
50~54歳 566万円 42万円
55~59歳 560万円 42万円
60~65歳 356万円 29万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で予測算出した結果になっております。

西日本新聞の男性と女性の年齢別年収の違い【予測値】

では平均年収がわかりましたが、次に西日本新聞の年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。
※企業によっては男女同一賃金になっているところもあるのであくまでも賃金統計とデータからの予測値としてご覧くださいませ。

年齢 男性 女性
20~24歳 343万円 343万円
25~29歳 455万円 372万円
30~34歳 433万円 384万円
35~39歳 447万円 397万円
40~44歳 486万円 442万円
45~49歳 558万円 509万円
50~54歳 619万円 566万円
55~59歳 613万円 560万円
60~65歳 392万円 356万円
チャット右画像

ヨシコ

西日本新聞の働き盛りの30代の男女の年収を比較してみましょう。

西日本新聞は平均年収ランキングの順位は○○位でした

では、西日本新聞の平均年収は552万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。
是非チェックしてみましょう。

企業の平均年収ランキング

西日本新聞の年収ピラミッドで階層を知ろう

男女年齢別の年収をみてみましたが、次は西日本新聞の社員は年代によってどの年収層にいるのかを統計を基準に年収を割り当てて算出予測してみました。 あなたの年代と是非比較してみてください。

西日本新聞の20代の年収層
西日本新聞の20代の年収ピラミッド
西日本新聞の30代の年収層
西日本新聞の30代の年収ピラミッド
西日本新聞の40代の年収層
西日本新聞の40代の年収ピラミッド
西日本新聞の50代の年収層
西日本新聞の50代の年収ピラミッド
チャット左画像

ミナミ

西日本新聞の年収ピラミッドと他企業の年収ピラミッドを見比べてみると年代によってどのくらい差があるのかわかりますよ。

西日本新聞の30代・40代・50代の年代別年収

西日本新聞の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約484万円~(推定)
40代で563万円~(推定)
50代で676万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約195万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

西日本新聞の主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 543万円
係長 613万円
課長 810万円
部長 896万円

※平均年収jp独自に取得しているデータと西日本新聞の平均年収と掛け合わせて算出しました。

西日本新聞の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定24,211万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が18,202万円なので、平均生涯賃金からの増減は6,129万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

西日本新聞で高年収を目指すには?

西日本新聞で高年収を目指すには、アルバイトや契約社員として働くのではなく、正社員として入社することです。
正社員であれば西日本新聞の給与体系は基本的に年功序列なので、30歳を過ぎて管理職に就けば平均年収は400万円を超えるようです。

さらに正規雇用の正社員であれば年1回の昇給と年2回のボーナスの他に、職種に応じて各種の基準外賃金が支給されます。
また扶養手当や通勤手当や家族手当や住宅補助もあり、異動希望を申請することもでき海外で働けるチャンスもあります。

西日本新聞が求める人物像や選考基準は好奇心旺盛な人やなんでも面白がる人で、特に記者は世の中の喜怒哀楽を感じ取り伝えるのが仕事でビジネス部門も同じ様に新聞をどう読んでもらうかが大事です。
広告営業も地域や企業の魅力をどうPRするかが大事で、好奇心が新たな発想を生むからです。

内定までの流れはリクナビにエントリーし会社説明会に参加し、エントリーシートを提出し面接が複数回あり採用が決まれば内定の知らせが届きます。
ちなみに過去3年間の男女別の新卒採用者の人数は2014年度は男性が8人で女性が5人で、2015年度は男性が5人で女性が6人で2016年度は男性が1人で女性が5人でした。
応募資格は大学か大学院を卒業見込みの方で、大学も大学院も文系でも理系でも応募は可能です。 

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
西日本新聞にはさまざまな職種がありますが西日本新聞で募集している職種は、記者部門の取材記者や紙面をレイアウトする編集記者や、ビジネス部門の販売や広告などです。
勤務地は九州一円の各県や東京や大阪の他にも海外への駐在があるようですが、取材記者の場合は通常は入社して数年は九州にある地方支局での勤務になります。

主な担当としては県庁や市役所や警察などを周り関係者の話を聞いたりして、行政や事件や事故などのニュースネタを取材したりして経験を積んでいきます。
紙面をレイアウトする編集記者も仕事ぶりや適性を判断されて取材記者になることも多いようで、東京や大阪に赴任すれば政治や経済や国際問題などの取材をする機会もあるので勉強が必要です。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングではA++で同グループでは河北新報や中国新聞などがあり、他グループではS(北海道新聞)、A+(信濃毎日新聞・京都新聞・神戸新聞)、A(新潟日報・静岡新聞)や、B+(徳島新聞・南日本新聞・熊本日日新聞)などがありました。

【西日本新聞のグループ企業や関連企業】
・株式会社西日本新聞印刷
・株式会社西日本新聞トップクリエ
・株式会社西日本新聞テクノ・クリエイト
・株式会社西日本新聞メディアラボ
・株式会社西広
・株式会社ぐらんざ
・株式会社CS西広
・株式会社西日本新聞広告社
・株式会社西日本新聞広告社北九州
・株式会社西日本リビング新聞社
・株式会社西日本新聞総合オリコミ
・株式会社西日本新聞エス・ピーセンター
・株式会社西日本新聞福岡販売
・株式会社福岡即売
・株式会社西日本新聞エーシー・エス
・株式会社西日本新聞イベントサービス
・株式会社西日本新聞旅行
・西日本文化サークル連合事務局
・株式会社西日本新聞会館
・株式会社西日本エルガーラビル
・株式会社糸島新聞社
・株式会社豆吉郎

西日本新聞社員の生活スタイル

西日本新聞の平均年収から考えると下記のような生活スタイルが考えられます。
年収500万円の手取り、税金(所得税・住民税)、貯金額・家賃・ローン・生活スタイル

西日本新聞の新卒初任給・採用・面接情報を解説

新卒の初任給は
22万4230円(大卒)
22万4230円(院卒)

となってました。(平成28 年度)

【面接で聞かれること】
・なぜ西日本新聞社を志望したのですか?
・新聞業界の将来や今後についてどう思いますか?
・他にどのような企業を受けていますか?
・もし西日本新聞社で働くとすればどんな仕事をしたいですか?

西日本新聞の強みは何?

西日本新聞の強みは福岡県内は北九州本社と6支局に筑豊には総局と2支局に久留米も総局と6支局があり、佐賀県内には佐賀総局と6支局があり長崎県内には長崎総局と9支局と通信部があることです。
また熊本県内には熊本総局と7支局と通信部があり、大分県内には大分総局と6支局と通信部があり、鹿児島県内には鹿児島総局と2支局と通信部があり、宮崎県内には宮崎総局と1支局があり九州の各県に約60の取材拠点があることです。
さらに西日本新聞は発行エリアが九州全域のブロック紙ですが国内は東京と大阪に支社があり、海外にもアメリカのワシントンやフランスのパリや北京に中国総局があり韓国のソウルや台湾の台北たタイのバンコクにも支社があることです。
さらに西日本新聞の強みは福岡県の福岡市や久留米市での購読率が高いことと、佐賀県の唐津市や鳥栖市や三養基郡や熊本県の荒尾市と大分県の日田市に、長崎県の佐世保市壱岐市と対馬市では西日本新聞が各県の県紙よりも購読率が高いことです。

元西日本新聞社員のクチコミ年収

20代 業種:販売 年収:287万円

文系の4年制大学を卒業して、マスコミが第一志望でした。
正直なところ大手のマスコミにも、応募しましたがすべて不採用でした。
幸いにも西日本新聞から内定の通知書が届き、ホッとしました。
今は新入社員研修が終わり、販売に配属され頑張っています。

20代 業種:エンジニア 年収:345万円

西日本新聞の社風は、上司でも意見を言い易い雰囲気があり、働きやすいです。
それと基本的にカレンダー通りに休みが取れるので、ゴールデンウイークなどに家族で旅行に出かける人もいます。

30代 業種:営業 年収:487万円

支局で広告代理店に対して、営業活動をしています。
西日本新聞は九州の各県に支局があるので、転勤があり独身の時はいいですが、結婚して子供が小学校に入ると転校で大変です。

40代 業種:記者 年収:543万円

大学を卒業して西日本新聞に入社してからは、一環して記者部門で取材記者として働いています。
東京支社に出向し今はタイのバンコクで駐在員をしていますが、バンコクは日本料理店も多く不自由は全く感じません。

出版社・メディアの年収一覧

▲このページのトップへ戻る