+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

集英社の年収

集英社の年収に興味がある方のための基礎知識

集英社の年収

平均年収 620万円
ここ数年の最高平均年収 620万円
業界平均年収との差(業界平均) -74万円(業界平均年収:694万円)

集英社の年度別年収

年度 平均年収
令和3年 情報無し
令和2年 情報無し
令和1年 情報無し
平成30年 情報無し
平成29年 情報無し
平成28年 620万円
平成27年 620万円

ここ数年での年収レンジは最低620万円~最高620万円となりました。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
定期刊行39誌の雑誌、文芸書、文庫、新書、実用書、文学・歴史・美術全集などの書籍、
辞典、児童書、コミック等の出版などを行っています。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは68で、他グループ(他企業)では69(フジテレビジョン)、66(電通)、63(産経新聞)などがありました。

【集英社のグループ企業や関連企業】
・(株)白泉社
・(株)数理計画
・昭和図書(株)

集英社の推定生涯年収を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定約2億3,500万円となりそうです。
計算:620万円×38年
出版業界で、年収トップは東洋経済新報社で、唯一の1,000万円台、業界標準は年収570万円前後です。

集英社の年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 353.4万円 22万円 88.4万円
25~29歳 440.2万円 28万円 110.1万円
30~34歳 483.6万円 30万円 120.9万円
35~39歳 551.8万円 34万円 138.0万円
40~44歳 620.0万円 39万円 155.0万円
45~49歳 694.4万円 43万円 173.6万円
50~54歳 744.0万円 47万円 186.0万円
55~59歳 713.0万円 45万円 178.3万円
60~64歳 502.2万円 31万円 125.6万円

※平均年収と年齢での年収による比率から独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。

集英社の30代、40代、50代、課長部長の年収を解説

年代別年収を調べてみると、
30代:550万円~650万円(推定)
40代:680万円~700万円(推定)
50代:820万円~900万円(推定)
課長:890万円~950万円(推定)
部長:1,100万円~1,200万円(推定)

30代くらいで平均600万円台になるのが普通で、そこから昇給は緩く、定期昇給も止まる傾向が強いようです。
年収の増え方は10年単位で200万円~230万円ぐらいとなりました。

集英社の新卒初任給・採用・面接情報を解説

新卒の初任給は
大卒採用総合職
28万5,340円以上
整理・校閲スタッフ
26万2,300円以上
整理部門※雑誌編集のフィニッシング
26万2,100円以上
となってました。(平成26年度)

【面接で聞かれること】
・あなたが弊社で貢献できることは?
・芸能人で好きなアイドルグループはいますか?
・好きなキャラクターをいくつか教えてください。
・当社を選んだ理由と、当社に来るまでの交通機関について、説明してください。

【求めてる人物像】
2兆円市場といわれる大きな出版業界の一角で、多様な個性が働く職場のため、会社の指針で求める人材は特に定めていませんが、好奇心旺盛な人物である必要はあります。
自分の考えや意見に対し、臆せず誰でも話せる素養は重視されるでしょう。
エントリーは、部門の区別なく一括募集といった特徴があります。
まず好きなジャンルの本、雑誌などの出版媒体のどれかに、強いこだわりがあり、かつ幅広い情報収集能力が備わっていることは重要です。
自己分析で、マイナス側面を見るのではなく、何ができるとか、特異なものを強くアピールできる人が、最も強く求める人材です。

【採用(内定)の条件】
基本は個別に一人ひとり個室で面接する感じです。
業界に貢献できる具体的な理由の明示、ビジョンについて精査し、短時間で話せるスキルはある程度必要です。
全体的に面接時間は、平均で20分が最長なので、かなり短いのが特徴です。
質問にただ答えるのではなく、その意図をくみ取るように心がけてください。
面接官は、一般社員のような立場の人が多く、会社の情報も少ないので苦労するかもしれません。
具体的な働きたい分野で、何をやりたいかは、とにかくはっきりさせておく必要があります。

集英社の評判はどう?(待遇や社風)

仕事にはまれば楽しいと感じる社員も多く、愛社精神よりも仕事愛のようなものを通じて、面白い仕事をこなしているといった自覚を持つ社員が多数在籍しています。
入社したばかりでも、キチンと仕事は個別で与えられ、コミュニケーション能力さえ高ければ、男女差もなく社員独自の裁量で仕事が進められる風土が、この企業にはあります。
業界トップクラスという自覚は、全社員共通の認識で、体力は必要ですが、残業が多くとも高いモチベーションを維持できる仕事ぶりに共感を得る人も多いです。
また、入社する前のイメージとは逆に、社員の労働環境は良好で、能力差は同期社員で差が少ない点も特徴です。
芸能人好き、また有名人との接触が楽しみな社員にとっては、この得なく楽しい職場といった評価も多いです。

集英社の強みは何?

出版業界の最大手で、有名人や著名人に多く出会え、企画の取材で海外に行かれるキャリアとしては、幅広い経験が積めるので、転職にも非常に有利な点は社員の口コミでは多いです。
また企業としては、教育出版、雑誌、漫画など幅広い分野が支えているので、不景気でも必ずどこかの部署が収益を出せるのは、こうした企業、最大の強みかもしれません。
ホワイトカラーな事業でありながら、精力的に営業的な仕事もあるので、楽しさと刺激の多い会社として、女性の活躍も大いに期待できる点はかなりこの企業の強みとなっています。

集英社で働く面白み・将来性

社員一人ひとりに、新卒入社直後からかなり広い裁量が与えられ、好きなように仕事ができる点を魅力としている人が多いです。
刺激になる先輩社員、また社内恋愛も結構あるそうで、会社の雰囲気は良い印象を与えます。
また、上司のアドバイスも適切で、上下、横のつながりも良好、基本的にノルマはありませんが、スケジュール管理も社員の両肩にかかっているので、責任感が強ければ昇給も早いようです。
プライベートの予定も立てやすく、私生活は忙しさの中にも、充実しているといった意見も多いです。

漫画の分野と、雑誌では依然として人気のある商材が多く、業界最大手の一角として、安定性はかなり揺るがず、将来性は斜陽の出版界でも危機感は薄いです。
面白味は、会社の負担で海外でも楽しみながら自由度の高い取材ができたり、マスメディアとして著名人、有名コメンテーターや芸能人と直接話ができる点ですね。
大手出版社の名刺活用で、人脈も幅広く築きあげるのは、この会社ではごく普通のことです。
関係会社との交流の中で親交を深めることができ、仕事そのものが面白いと感じます。

元集英社社員のクチコミ年収

30代 業種:編集・校正 年収:576万円

若いうちは結構高い給与に感じられますが、30代中盤でストップし、他の企業の同年代と大きく差ができる感じがします。
アルバイトも結構多く、残業はなく、月~金で一般社員新卒くらいの給与はもらっていると思います。

30代 業種:商品管理 年収:680万円

基本的に土日は休みですが、原稿のピックアップや打ち合わせで、突然の休日出勤はあり、休めるときとそうでないときの差があります。
編集はスタンドプレーが多く、商品管理は純粋にホワイトカラーの事務職といった感じです。

出版社・メディアの年収一覧

▲このページのトップへ戻る