+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

年収700万円で買うべき車とカーローンの最大額を詳しく調べました。

年収700万円で買うべき車を解説します

年収700万円で買うべき車の画像

年収700万円とは?【人口割合・生活費・手取りなど】

国税庁が2015年に行った民間給与実態統計調査の年収データによれば、年収が600万から700円台の人は284万人で人口割合は5.6%で、年収が700万から800円台の人は195万人で人口割合は3.9%でした。
次に年収700万円の手取りですが年収700万円の場合の所得税と住民税ですが、住民税の計算は(給与収入-給与所得控除-住民税の所得控除)×住民税率-調整控除-税額控除+均等割で、年収600万円の場合の所得税は約52万円で住民税は約48万円です。

そのため年収700万円の手取りは、540万円~570万円程度になります。
仮にボーナスが年間に4ヵ月と考えると年収700万円の月額は、税込みで月額で約43.75万円になるので手取り額は約40万円~43万円前後になります。

次に年収700万円の方の生活費ですが独身か、結婚しているかによっても大きく異なってきます。
独身であれば家賃も年収の25%までは大丈夫なので、17万円くらいまでの賃貸マンションに住めます。
しかしもし結婚して子供がいれば住宅ローンの支払いがあったり、子供の学費や習い事にお金が思いのほか掛かります。

食費の金額はあまり変わらなくても独身であれば少し贅沢なレストランで外食を楽しめますが、もし結婚して子供がいれば洒落たレストランでなくファミリーレストランになりそうです。

参照:年収別手取り額早見表
参照:年収700万円を詳しく解説!手取り、貯金額、住宅ローン等生活スタイルを紹介!

年収700万円の人が組めるカーローンの最大額は?

年年収700万円の人が組める最大車ローンですが各金融機関によっても異なりますが、だいたい年収200万円以上であればどの金融機関でもカーローンの申し込みができます。
金融機関が融資してくれるカーローンの限度額も各金融機関によっても違いますが、だいたい年収の30%~40%が一般的なので年収700万円の人が組める最大車ローンは210万円から280万円になります。
参照:年収別車の相場

年収700万円の人が購入すべき車とはどのくらいの額がベスト?

年収700万円の人であれば最大で180万円から240万円程度のカーローンを組めるので、頭金さえ用意できれば300万円以上の車でも買おうと思えば購入できます。
もし結婚してなくて独身であればそれでも問題ありませんが、結婚して子供がいればできるだけ頭金を貯めてカーローンで組める金額を少なくして、300万円以内の車を購入するのがベストでしょう。

年収700万円の人に適した車種をメーカー別で解説

それでは年収700万円の人におすすめできる車をメーカー別で発表します。

トヨタ
・プレミオ
特徴:プレミオはトヨタ自動車が2001年から販売している5ドアハッチバックのハイブリッド車で、車体の全幅は1.695メートルで全長は4.595メートルです。
セダンコロナの後継車で車内は広くトランクも開口部が大きく、後部座席を倒して荷室を広くすることもでき大きな荷物も積つことができます。外装にはクロームメッキのパーツが使われていて、内装も木目調パネルが高級感をかもしだしています。


日産
・シルフィ
特徴:シルフィは日産自動車が2000年から販売している4ドアセダンで、車体の全幅は1.695メートルで全長は4.470メートルです。
室内の空間が大幅に拡大されていて同じホイールベースのトヨタ・プレミオ/アリオンよりも70mm以上も広く、先代のシルフィよりも141mm長レッグスペースも日産自動車の最上級車のプレジデントやシーマやトヨタのセルシオより優っています。エンジンはパワーバルブが採用されていて、高効率で高回転域で低燃費です。


スズキ
・ランディ
特徴:ランディはスズキが2007年から販売している8人乗りのミニバンですが、スズキが国内で販売している車種のなかでは最も高額です。
車体の全幅は1.695メートルで全長は4.650メートルで、万が一事故が起きた時にはドライバーへの警告と自動ブレーキで衝突を防ぐエマージェンシーブレーキが搭載されています。
また視界が広くとても運転しやすいのが特徴で、人数と荷物の量に応じて室内空間を調整できます。


マツダ
・アテンザ
特徴:アテンザはマツダが2002年から販売しているミドルクラス4ドアセダンで、車体の全幅は1.780メートルで全長は4.675メートルです。
カペラの事実上の後継車で伸びやかで抑揚あるデザインが特徴で、3代目はマツダのフラッグシップモデルとして位置づけられています。
クリーンディーゼルエンジンもラインナップされていて、トランスミッションは6速MTを選ぶこともできます。

ホンダ
・グレイス
特徴:グレイスはホンダがハイブリッド車は2014年12月から、ガソリン車は2015年6月から販売している4ドアセダンで、車体の全幅は1.695メートルで全長は4.440メートルです。
人気コンパクトカーのフィットがベースで、フィットと同様に実用性の高さと快適な室内空間が特徴です。
4WDモデルもあるので雪が積もる地域での走行も安心で、さらに低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能がセットのシティブレーキアクティブシステムが搭載されています。


スバル
・インプレッサ5ドア20S
特徴:インプレッサスポーツスバルが2000年から販売している5ドアセダンのハッチバックの2モデルで、車体の全幅は1.740メートルで全長は4.415メートルです。
インプレッサ5ドア20Sのコンセプトは「新快適スタイル」で、新設計の次世代プラットフォームが採用されていてハンドリングが安定性を増しています。
さらに全車に歩行者保護エアバッグを標準装備されていて、衝突警報装置と自動ブレーキを組み合わせたアイサイトも搭載されています。


ミツビシ
・アウトランダー
特徴:アウトランダーはミツビシが2005年10月に発売を開始した7人乗りの、ミドルサイズのクロスオーバーSUVで車体の全幅は1.800メートルで全長は4.640メートルです。
パワフルなガソリンエンジンと高性能4WDで悪路や雪上での走行でも安定した走りが特徴で、デザインはスポーティな車体で2列目と3列目のシートは左右に独立して倒すことができます。

年収700万円が載るべきのファミリータイプの車ならどれが適してる?

年収700万円にお勧めのファミリータイプのワゴン車ですが、マツダの8人乗り大型ミニバン「ビアンテ」であれば運転席の位置が高いため、視界も広く運転がしやすいのでお勧めです。
SKYACTIVガソリンエンジンが採用されていて、高効率で低燃費と経済性も兼ねているので子供を連れての家族旅行が多い家庭には適しています。

年収700万円が載るべきスポーツカーならどれが適してる?

年収700万円の方にお勧めのスポーツカーとしてスマートが、2003年9月24日に発売したロードスタークーペなどはいかがでしょうか。
スマートはあまり知られていない自動車メーカーですがドイツのベーブリンゲンに本社があり、スイスの時計会社「スウォッチ」とダイムラー・ベンツの協業で始まった2人乗りのマイクロカーメーカーです。
ロードスタークーペはスポーツタイプの車種で、エンジンは直列3気筒698ccターボで最高出力も60kW (82PS)で、ルーフは電動ソフトトップが標準装備されています。

年収別おすすめ車

年収別おすすめ車の記事一覧

▲このページのトップへ戻る