+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

トヨタ車体の年収

トヨタ車体の年収に興味がある方のための基礎知識

トヨタ車体の年収

平均年収 646万円
ここ数年の最高平均年収 646万円
業界平均年収との差(業界平均) -47万円(業界平均年収:693万円)

トヨタ車体の年度別年収

年度 平均年収
令和3年 情報無し
令和2年 情報無し
令和1年 情報無し
平成30年 情報無し
平成29年 情報無し
平成28年 情報無し
平成27年 646万円

ここ数年での年収レンジは最低646万円~最高646万円となりました。

トヨタ車体の年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 318万円~368万円 23万円 92万円
25~29歳 409万円~459万円 29万円 115万円
30~34歳 404万円~504万円 31万円 126万円
35~39歳 471万円~575万円 36万円 144万円
40~44歳 525万円~646万円 40万円 162万円
45~49歳 602万円~724万円 45万円 181万円
50~54歳 665万円~775万円 48万円 194万円
55~59歳 659万円~769万円 48万円 192万円
60~65歳 423万円~523万円 33万円 131万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

トヨタ車体の主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職 年収 月額給与 ボーナス
主任 554万円 35万円 139万円
係長 690万円 43万円 172万円
課長 912万円 57万円 228万円
部長 1,008万円 63万円 252万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査の比率から独自で算出した結果になっております。

トヨタ車体の総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 904万円 57万円 226万円
技術職 633万円 40万円 158万円
一般職 646万円 40万円 162万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

トヨタ車体の大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 969万円
短大卒 729万円
高卒 620万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
トヨタ車の企画、開発、生産

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは57で、他グループでは58(豊田自動織機)、56(豊田合成)、60(トヨタ自動車)などがありました。

【トヨタ車体のグループ企業や関連企業】
・(株)東海特装車
・トヨタ車体精工(株)
・TABMEC(株)

トヨタ車体の生涯年収(推定)を解説!

上記の平均から算出してみたところ推定2億7,740万円となりそうです。
計算:730万円×38年

単純に従業員の平均では、業界では標準的な年収額ですが、自動車部品業界ではトップのデンソーもトヨタグループの会社なので、実質上、グループ企業としてみた場合は、トップです。

トヨタ車体の30代、40代、50代の年代別年収(推定)を解説!

年代別年収を調べてみると、
30代:540万円~627万円(推定)
40代:724万円~830万円(推定)
50代:908万円~910万円(推定)
社員全体の割合は、30代に集中しており、管理職との給与格差が、社員平均年収を引き上げる要因となっています。
年収の増え方は10年単位で180万円~200万円ぐらいとなりました。

トヨタ車体の採用、面接情報、初任給を解説!

新卒の初任給は
20万3,000円(大卒)
22万5,000円(院卒)
となってました。(平成26年度)

【面接で聞かれること】
・志望部署をどんな仕事と捉えているか?
・車には乗っていますか?、またどんな車に将来乗りたいか?
・リーダーシップを発揮した経験は?
・希望の部署につけなかった場合は、どうしますか?

【求めてる人物像】
ミニバンやSUV、商用車などの完成車両を、企画から開発、製造までを行なうメーカーですので、まず会社に対する予備知識と、人間性としては最後までやりぬく人、車格が似たような車種が多いため、企画力、発想力などが求められます。
国内意外に海外拠点での頑張りも期待するので、精力的なやる気が感じられる人材は有利です。

【採用(内定)の条件】
生産技術についての関心、大学での研究内容の掘り下げ方が、面接ではかなり追求する姿勢が強いです。
同じ車への関心も、トータルな意味で、商用車も含めた関心、自分の自動車への興味は、かなり重要なポイントになっています。
人事と共に、面接官は重役も出席しますので、人間性の中で、挫折体験における振る舞い方、ストレス耐性、大局的な視野など、人物像を背景とした質問内容も多く、学業における研究内容も、淡々と話しながら、情熱のような物を受け取ってもらえるような、雰囲気作りが出来るかどうかはかなり重要でしょう。

トヨタ車体の評判はどう?(待遇や社風)

様々な場面で、当然ですが、親会社であるトヨタ自動車の影響下にあるため、独自性がありながらも、トップダウンで物事が決まっていくところがあります。
幹部や重役は、トヨタ自動車から降りてくる感じで、出世に関しては、良く言えば穏やかな感じで、社員もそれほど出世欲が強い人は、それほど多くないようです。
ただし、福利厚生は手厚く、給与面では親会社同様、良い側面が多いため、業務負荷は高い割に、中途退社は非常に少ない特徴があります。
個人の役割は、専門性に特化しており、企業文化はやや保守的なところがあると、社員の口コミではありました。
非常に堅実な人も多く、車通勤が多いということもあり、”飲みニケーション”は低めですね。

トヨタ車体の強みって?

車両の開発から生産までを、完全に自社で行えるため、部門間の風通しはかなり良い方です。
トヨタ自動車が100%株主ですから、まず会社の存続に関しては、心配は要りません。
やはり、巨大企業の子会社であるというのは、最大の強みと言えるのではないでしょうか?

元トヨタ車体社員のクチコミ年収

20代 業種:外装設計 年収:450万円

1年目で、派遣社員と正社員ではボーナスでは、かなりの差があります。
福利厚生はかなり手厚く、実力主義な要素は、殆ど無く、基本的に年功序列です。

30代 業種:経理部 年収:550万円

賞与は、半年に1度の評価で決まり、昇給は年1回ありますが、大幅な昇給につながることは無いですね。
全社員に一例津で、年間6万円程のポイントが付与され、住宅、食事などに自由に使える手当が支給されています。
社風は、横並びが基本となっている感じです。

企業年収一覧

企業の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る