+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ジヤトコの年収

ジヤトコの年収に興味がある方のための基礎知識

ジヤトコの年収は550万円でした!(口コミ統計)

ジヤトコの年収の平均は、550万円でした。(口コミ統計)
ここ数年での年収範囲は300万円(最低)~800万円(最高)と推測されます。
※有価証券がないため口コミから算出いたしました。

給料:約45万円

ジヤトコとは:
日産グループの自動車部品メーカーで、扱う部品はトランスミッションです。
特にオートマトランスミッション、無段変速機の分野では世界最大クラスの企業であり、日本のものづくりを支える力強い企業として知られています。
しかしその一方、株式上場をしていないことでも有名です。
なお、ジヤトコで生産されたトランスミッションについては、日産だけではなく三菱やスズキなどの自動車メーカーにも配給されているといいます。

本社所在地:静岡県富士市今泉700-1
ジヤトコの設立時期:1943年

ジヤトコの年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 264万円~314万円 20万円 78万円
25~29歳 341万円~391万円 24万円 98万円
30~34歳 329万円~429万円 27万円 107万円
35~39歳 386万円~490万円 31万円 122万円
40~44歳 429万円~550万円 34万円 138万円
45~49歳 494万円~616万円 39万円 154万円
50~54歳 550万円~660万円 41万円 165万円
55~59歳 545万円~655万円 41万円 164万円
60~65歳 346万円~446万円 28万円 111万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

ジヤトコの主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職 年収 月額給与 ボーナス
主任 472万円 29万円 118万円
係長 587万円 37万円 147万円
課長 776万円 49万円 194万円
部長 858万円 54万円 215万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査の比率から独自で算出した結果になっております。

ジヤトコの総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 770万円 48万円 193万円
技術職 539万円 34万円 135万円
一般職 550万円 34万円 138万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

ジヤトコの大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 825万円
短大卒 620万円
高卒 528万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
事業内容は変速機および自動車部品の開発、製造および販売であり、多くのメーカーに配給されているといいます。
新卒で募集のかけられる職種としては、技術系と事務系とに分かれており、会社内の業種もおおよそこの分類によってなされます。
特に、技術系に関しては専門的な技術が求められるため、機械、精密、電気、電子、制御、航空、情報、経営工、化学、材料、物質、物理、金属などの学科を履修した学生を積極的に募集しているとのことです。

詳しく見てみると、技術系の職種は、計・開発、実験、生産技術、IE(Industrial Engineer)、品質保証、事務系の職種は営業、調達、人事、財務、生産管理となっています。


【企業ランキング】
2ch企業偏差値の静岡県におけるランキングでは58で、他グループでは静岡鉄道、スルガ銀行、鈴与商事、矢崎総業などがありました。

【ジヤトコのグループ企業や関連企業】
・ジヤトコエンジニアリング株式会社
・ジヤトコツール株式会社
・ジヤトコプランテック株式会社

ジヤトコの生涯年収(推定)を解説!

上記の平均から算出してみたところ推定2億900万円となりそうです。
計算:550万円×38年

ジヤトコと同業種であるアイシンAWと比較すると、アイシンが2億4624万円であることが判明しました。
このことから、若干ジヤトコが劣勢にあるような気がしてしまいますが、あくまでジヤトコの年収は概算値であるため、おそらくは上下するものと考えたほうがいいでしょう。

ジヤトコの30代、40代、50代の年代別年収(推定)を解説!

年代別年収を調べてみると、
30代:400万円~500万円(推定)
40代:510万円~600万円(推定)
50代:620万円~500万円(推定)

おおよその推測ですので、これがまるっきり当てはまると考えるのは早計ですが、一般的な企業の年収の増え方に倣って予測をしてみました。
あまり年収について詳しいデータが載っていないため、このようなことになってしまいましたが、大体の参考程度になれば幸いです。
40代、50代についてはこれ以上の給与をもらっているという口コミもありましたが、あえて低く見積もっておきました。
年収の増え方は10年単位で90万円~100万円ぐらいとなりました。

ジヤトコの採用、面接情報、初任給を解説!

新卒の初任給は
修士了 月給22.2万円 
学部卒 月給20.2万円
となってました。(平成26年度)

【面接で聞かれること】
・学生時代にもっとも打ち込んだこと
・今までの経験をジヤトコでどういう風に生かすことができるか
・技術以外の面で、ジヤトコにて何をしたいか
・英語はできるのか

【求めてる人物像】
求めている人材を就活サイトより引用してみると、
チームワークを重視し、リーダーシップを持ち、チャレンジできる方 、外界を見ながら、自分で創意工夫して行動できる方 、勝利にこだわり、グローバルで活躍したい方 、「クルマ、モノづくり」が好きな方という事柄に該当する人を求めているのだといいます。
面接の中でも英語ができるかどうか、ということが聞かれるといいますが、まさしくグローバル展開をしているジヤトコらしい質問であるといえます。
また、トランスミッションという、重要ではあるものの少々マニアックな部品の製造、販売を行うジヤトコですから、自動車に関心がない人にはつらい環境であるのでしょう。
ゆえに、ここの求める人材の中にも、そのような文言が付け加えられているのかもしれませんね。

【採用(内定)の条件 みんしゅうまとめ】
内定をもらった先輩たちの言葉として多かったのは、やはりものづくりに対する情熱を表した志望動機です。
もちろん、ジヤトコは製造業ですから、ものづくりに対する誇りがあるのでしょう。
ここで必須となってくるのが、トランスミッションというものが、車の動作の中でいったいどの部分を担当したものなのかをしっかりと把握しておくことではないでしょうか。
タイヤや外装などとは違い、非常にイメージのしづらい部品ですから、技術職の人はともかく、事務系の職種を志望する人は勉強をするなどして対策をしておくことが必須かもしれません。

ジヤトコの評判はどう?(待遇や社風)

高い技術力を持った企業で、それなりの社会的地位もある企業でありながら、保守的な雰囲気ではないといいます。
というのも、ジヤトコという会社の創設自体は古いものの、今の会社自体は1999年設立と比較的新しくできたものです。
ですから、中には旧ジャトコなどの気風を受け継ぐところもあるにはあるといいますが、その雰囲気が社内を支配しているとまではいかないようです。
また、口コミ評判を見る限り福利厚生もしっかりしており、休日や残業についての不満を持つ社員は少ないという印象を受けました。

ジヤトコの強みは何?

ジヤトコの強みは、なんといってもその世界的シェアです。
ジヤトコの生産する無段変速機の世界シェアはおよそ50パーセントであるといわれており、世界のAT車の半分にはジヤトコの無段変速機が使われているのです。
品質も高く、エンジンの駆動を無駄なく運転につなげることができるとして世界中から評価を得ているのだといいます。

ジヤトコのの仕事の面白さ・ポイント

やはり、自動車の内部をくまなく見ることができるため、自動車好きにはたまらないのだそうです。
技術職として入れば、かなり専門的なことができるので、興味のある人はぜひともジヤトコへの入社をお勧めします。

元ジヤトコ社員のクチコミ年収

40代 業種:技術 年収:560万円

勤怠に厳しく、残業をしても8時には退社するようにいわれる。
振り替え休日も行われるため、すごしやすかった。

30代 業種:設計 年収:700万円

忙しさは部署によりけりであり、忙しいところでは残業も日常茶飯事であった。

企業年収一覧

企業の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る