+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ファッションデザイナーの年収や給料など詳しく解説します!

ファッションデザイナーの年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

ファッションデザイナーの画像

ファッションデザイナーの平均年収はどれくらい?

ファッションデザイナーとして働いた場合、平均年収はおよそ650万円という結果になりました。給料BANK「日本の給料&職業図鑑」調べ
ただし平均年収推移を見てみると300万円~1500万円と差が大きく開いているのも事実。
平均年収から算出した平均月収は、およそ54.1万円です。

ファッションデザイナーは業種別で年収が異なる?

ファッションデザイナーと一言でいっても、働く場所や働き方はさまざまで、業種別で年収が異なります。

アパレルメーカーで働いた場合→およそ470万円
デザイナー事務所で働いた場合→およそ360万円
ブランドメーカーで働いた場合→およそ380万円
ファッション業界で働いた場合→およそ350万円


ファッションデザイナーの勤務先として多いのはアパレルメーカーです。
メーカーやデザイナー事務所でもファッションデザイナーの仕事はありますが、新規採用の数は少なめです。
その他求人でも新卒採用より中途採用の件数が多く、実績・経験が重要視される傾向にあります。
新卒では採用されないことも多々あります。

また、近年は一般市民の衣服費用も減少気味。
売上の低下も影響し、アパレルメーカーとしては実力のあるファッションデザイナーを雇っても、高い年収を出せないのが現状です。

年代別の平均年収・月収・ボーナスの比較

5歳毎に年代を分けて、平均年収・平均月収・ボーナス額を出した結果がこちらです。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 370.5万円 23万円 92.6万円
25~29歳 461.5万円 29万円 115.4万円
30~34歳 507.0万円 32万円 126.8万円
35~39歳 578.5万円 36万円 144.6万円
40~44歳 650.0万円 41万円 162.5万円
45~49歳 728.0万円 46万円 182.0万円
50~54歳 780.0万円 49万円 195.0万円
55~59歳 747.5万円 47万円 186.9万円
60~65歳 526.5万円 33万円 131.6万円

※平均年収と年齢での年収による比率から独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。

総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 910.0万円 57万円 227.5万円
技術職 637.0万円 40万円 159.3万円
一般職 650.0万円 41万円 162.5万円

総合職・一般職・技術職は平均年収の比率から割り出したものです。

<ファッションデザイナーの詳しい仕事・業務内容とは?>
一昔前まで、ファッションデザイナー=女性の職業というイメージが強くありました。
しかし、近年は男性ファッションデザイナーも多数活躍しており、男女割合の差も縮まりつつあります。
ファッションデザイナーの詳しい業務内容は、服飾デザインです。
トータルコーディネートをメインとする人・一部をコーディネートする人など働き方はさまざまです。

他にも次のような仕事をします。
・デザイン企画
・デザイン修正
・素材選び
・サンプル作成など
会社によって部門別で行うところもあれば、フリーでトータルでする方もいらっしゃいます。

ファッションデザイナーで重要なのはセンスですが、センスを必要とするデザイン以外でも生地選定や製造や関連アイテムの発注管理などの業務もあります。
デザイン以外でも細かな業務が必要とされ、それを自分一人で行うのか、チームや会社で行うのかの違いがあります。

しかしフリーで受注している場合でも、全ての業務を一人で完璧にこなせるわけではないので、チームを組んだりと同僚や仲間と協力して仕事を進めなければなりません。
ということは周囲との意思疎通・コミュニケーションを取らなければなならず、ファッションデザイナーには必然的にコミュニケーション能力が求められます。

<ファッションデザイナーとして働いている人の数はどれくらい?>
ファッションやデザインが好きで、ファッションデザイナーに憧れている人も少なくありません。 現在、推定8,000人の人がファッションデザイナーで働いているとされています。 今後もファッションデザインは安定の注目度・人気があるので需要も激しく落ち込む可能性は低いです。
ただ、ファッションデザイナーも厳しい世界で勝負しなければならず、仕事量と年収が釣り合わない・過酷な労働条件で離職率も高めです。

また、自社ブランドや一流ブランドで働くファッションデザイナーというのは一部だったりします。 大半が大量生産をメインとするアパレルメーカーに務めているのが現実です。 自分でブランドを立ち上げたり、独創的なファッションデザインを仕事とできているのは少ないのです。

ファッションデザイナーとして確固たる地位を築く・独自ブランドを立ち上げるためには、圧倒的なセンスの持ち主であるなど条件が厳しめです。 想像するファッションデザイナーの仕事と現実の違いに苦しむケースも少なくありません。
けれどもファッションデザインの勉強に励み、素質を磨き基準をクリアしていれば大手アパレルメーカーなど就職の道はあります。

ファッションデザイナーが一生涯で稼ぐ推定年収はどれくらい?

平均年収から算出した生涯年収は、およそ2億4,700万円です。
ただこれはあくまでも平均であり、名実ともにトップクラスとなればより年収はUPしますし、厳しい労働条件のまま低年収で働き続けている人もいます。
トップクラスとの差が激しいのが現実です。
ファッションデザイナーの就職先を探す場合は、企業の平均年収・平均月収など慎重に調査しましょう。

また、雇われとフリーでも年収のバラツキがあります。
自社ブランドを立ち上げて成功するか・ヒット商品が誕生するか実力だけでなく運も大きく影響します。

大きな利益を確保できる案件をもらえるレベルになっても、仕事の規模や案件量、会社運営が年収を左右させます。
平均年収や平均月収はあくまで一例であること、参考程度の情報だと受け止めてください。

ファッションデザイナーとして平均年収をUPさせる働き方・コツは?

以前まで、企業に就職したファッションデザイナーの年収は安定的だとされていました。
しかし企業勤務ファッションデザイナーの年収は年々右肩下がり。
平均年収をUPさせるためには、独立開業も一手です。
立ち上げたブランドをヒットさせたり、ブランドを育てて有名にすることで平均年収UPも可能性が出てきます。

1つ注意すべきなのは、必ず成功できるわけではないということ。
独立開業したものの、事業が軌道に乗らず年収がダウンした方もいます。

ブランドを立ち上げる・ヒット商品を生み出すというのは、ファッションデザイナーにとっても運が大きく影響します。

現状の年収から脱却したいなら、転職も検討したほうがいいかもしれません。

ちなみに零細メーカーよりも大手ブランド・大手メーカーのファッションデザイナーの方が平均年収は高いです。
技術とセンスを磨いて自信が持てるようになれば、より条件がいい転職先を探しましょう。

ファッションデザイナーになる方法

新卒未経験でファッションデザイナーを募集する企業はごく稀です。 実績があるファッションデザイナーが重宝される業界なので、ファッションデザイナーを目指す学校や教育機関に進んで学んだり、アパレル業界で販売員からスタートした方が有利です。
学校や販売員としてファッションの基礎を学びつつ、ファッションデザイナーとしての勉強を続けなければなりません。
けれど、ファッションデザイナーの求人件数も少なく倍率も高いので、採用までの道のりは険しいことを覚悟しましょう。

ファッションデザイナーの雇用・求人情報と探し方は?

ファッションデザイナーの求人を探すなら、リクナビやマイナビもチェックしてみましょう。
アパレル専門の求人サイト「グリーンデンス」もこまめに確認すべきです。
一般的な会社とは異なり、特殊な事情がある業界です。
普通ではないルートでも求人募集が出ていることがあるので、アンテナを広く伸ばしておきましょう。

ファッションデザイナーを目指す学校一例

・東京デザイナー学院
・東京モード学園
・宝塚大学
・京都精華大学
・共立女子大学
ごく一部ですが、ファッションデザイナーを目指す上で必要な基礎やスキルを習得できます。
中には、一般大学を出てファッションデザイナーになった方もいるので、それだけ特殊な世界でもあります。
ファッションデザイナー以外の就職や転職も考慮するなら、保険として一般大学を卒業しておくのも一手です。
絶対にファッションデザイナーの夢を諦めたくないと心に決めているならば、専門学校やデザイン科のある学校に進み、とことん極めるのもいいでしょう。

ファッションデザイナーの年収の本音

現役ファッションデザイナーのリアルな口コミで、年収事情が垣間見れます。

20代 ファッションデザイナー

年収はおよそ300万円です。
ずっと夢で、一番好きなことを仕事にできて喜びは大きいですが、しんどいことも多いです。
年収が300万円行くのは業界ではいい方ですね。
まだ見習い中だという若い人は、年収150万円と結構過酷だったりします。

20代 ファッションデザイナー

契約社員で年収300万円なので、ものすごく条件のいい会社で働けてます。
大手企業のアシスタントなので、キャリアアップ・ステップアップするならいつまでもこの会社にいられないのも事実。
学生時代からいろんなルートにコネを持っていた方が、キャリアアップしやすいと思います。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

ビューティー系職業一覧

▲このページのトップへ戻る