+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

カラーコーディネーターの平均年収

カラーコーディネーターの平均年収に興味がある方のための基礎知識

カラーコーディネーターの画像

カラーコーディネーターの平均年収はどれくらい?

カラーコーディネーターの平均年収を、口コミを元にリサーチした結果230万円という結果になりました。
平均年収をもとに算出した平均月給は14万円~19万円ほど。
年収や月収をもとに算出した平均年収推移はおよそ200~250万円という結果でした。
カラーコーディネーターとして稼いでいる人の場合、年収およそ280万円達成しているケースもありました。
給料BANK「職業図鑑」カラーコーディネーター調べ

カラーコーディネーターは働き方や勤務先でも年収に差がある?

さまざまな企業や場所でカラーコーディネーターの活躍が求められています。
主な勤務先と平均年収はこちら。

印刷会社勤務の場合→平均年収およそ240万円
広告代理店勤務の場合→平均年収およそ320万円
インテリア業界勤務の場合→平均年収およそ280万円
ファッション業界勤務の場合→平均年収およそ300万円


カラーコーディネーターを採用しているのは主に印刷会社・広告代理店・インテリア業界・ファッション業界といった会社です。
ただ、仕事はカラーコーディネーターだけではなく、他業務も兼任するケースがほとんど。
色彩アドバイザー的な仕事も多いのです。

カラーコーディネーターのボーナス事情は?

なし

【比較】年代で平均年収・平均月収・ボーナスは変動する?

5歳毎に年代を分けて、平均年収・平均月収・ボーナス額を出した結果がこちらです。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 175.5万円 11万円 43.9万円
25~29歳 200.3万円 13万円 50.1万円
30~34歳 225.0万円 14万円 56.3万円
35~39歳 252.0万円 16万円 63.0万円
40~44歳 258.8万円 16万円 64.7万円
45~49歳 270.0万円 17万円 67.5万円
50~54歳 258.8万円 16万円 64.7万円
55~59歳 182.3万円 11万円 45.6万円
60~64歳 182.3万円 11万円 45.6万円

※あくまでも一例で、年齢と平均年収から割り出した金額になっています。
※ボーナスは年2回、4ヶ月分をもとに出したものです。

昇給や役職で年収・月収・ビーナス事情はどれくらい変わる?

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 315.0万円 20万円 78.8万円
技術職 220.5万円 14万円 55.1万円
一般職 225.0万円 14万円 56.3万円

※それぞれの年収は独自に算出されたもので、あくまでも一例です。

カラーコーディネーターが一生涯で稼ぐ推定年収はどれくらい?

平均年収と勤務年月を43年と仮定し算出した結果、推定年収はおよそ1億0750万円となりました。
平均年収250万円×43年=1億0750万円

カラーコーディネーターの詳しい仕事・業務内容とは?

色のプロフェッショナルなのがカラーコーディネーターです。
普段から私たちの身近にある色の基本情報や有効な使い方などを学び、よりデザインや効果を高めるのが主な仕事になります。

私たちが暮らす世界は色であふれています。
そのため、カラーコーディネーターのスキルが必要とされる機会は多く、仕事も多数あります。

身につけた専門知識から最新の価値や提案まで、色のプロフェッショナルが関わるものは多いのです。

カラーコーディネーターとして年収1000万円達成する方法とは?

カラーコーディネーターの30代平均年収がおよそ355万円。
都市部や地方によっても差が出てきますが、月収は大体22〜27万円ほどです。
現実的にカラーコーディネーターの求人は少ないものの、業界や企業によって重宝されます。

例)印刷会社の場合
カラーコーディネーターが色彩面の提案・商品開発
例)広告代理店
色彩による効果でより注目を集める広告の提案、マーケティング戦略

他にもアパレル・ファッション・インテリア・美容業界でカラーコーディネーターが求められています。
ただ、平均年収の通り給料は低めです。

カラーコーディネーターとして年収1,000万円達成するのであれば、独立しフリーでの仕事を増やすのがベスト。

勤務先とトラブルなく円満退社となれば、元勤め先からの依頼も可能性があります。

大手企業・有名メーカーが固定客となれば、年収1,000万円も実現可能でしょう。
ただ元々の平均年収が低いこともあるので、かなり厳しい道のりであることは否めません。

カラーコーディネーターの雇用・求人はどれくらい?

例えば、カラーコーディネーターは美容室でも求人があります。
美容室なら全国各地にあるので、そこまで求人探しに苦労することもないでしょう。

カラーコーディネーターとしてのメリットとは?

大前提としてデザインセンスが必要な仕事でもあります。
カラーコーディネーターとして取得しておくべき色彩検定1級を持っておけば、公私ともに活用できますよ。
その他資格も合わせれば、色彩講座の講師といった案件も受けられるでしょう。
さまざまな資格を取得することで、より仕事の幅が広がり年収もUPさせられます。
実績や経験を積んでいくうちに、デザインセンスが磨かれるのもメリットです。

カラーコーディネーターになる方法とは?

カラーコーディネーターという資格があるので、取得します。
カラーコーディネーターの資格は、デザイン関連・アパレル関連で働く人にとっても重要なので、近年は資格取得を目指す人が増えています。

基本的にカラーコーディネーター1本で生活するのは難しいです。
カラーコーディネーターの他に資格を併用して仕事をしている人がほとんど。
インテリアコーディネーターや建築士と併用している人も多いのです。

カラーコーディネーターの資格を取得するには、カラーコーディネーター検定試験を受験します。
地域の商工会議所が開催しているので、商工会議所で情報をチェックしましょう。
3級から1級まで取得でき、級が上がるほどに難易度も上がります。

事前にしっかり勉強して検定を受け、合格すれば履歴書に記載できるようになります。

カラーコーディネートの資格があると有利な職業例

建築士
インテリアコーディネーター
ファッションデザイナー
アクセサリーデザイナー
ジュエリーコーディネーター
上記のような仕事を目指すなら、カラーコーディネーターの資格を取得しておくと有利ですよ。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

ビューティー系職業一覧

▲このページのトップへ戻る