+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

セブンイレブン・ジャパンの年収を詳しく解説

セブンイレブン・ジャパンに興味がある方のための役立つ情報を紹介

セブンイレブン・ジャパンの年収は、400万円でした!

セブンイレブン・ジャパンの年収の平均は、400万円と推測されます。(口コミ調べ)
年度別の年収は、
直近のデータで、全体で平均年収401万円です。
参考:20代店長のケース:平均年収380万円~430万円
となっています。
※株式会社セブンイレブン・ジャパンは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社で上場廃止になっており、セブン&アイホールディングスの連結決済という経営形態をとっています。

年収推移は350万円(最低)~900万円(最高)あたりだと予想されます。
給料:約33万円
セブンイレブン・ジャパンとは:元々は、アメリカ発祥のコンビニエンスチェーンです。1980年代に発祥国で経営不振になり、1990年代に当時のイトーヨーカ堂が買収して、現在は日本企業となっています。
独自に開発するオリジナル商品と、企業が早くから自社の流通網を確立し、素早い商品発注をすることで業界最大手、世界最大数の店舗数を誇っています。

本社所在地:東京都千代田区2-8-8
セブンイレブン・ジャパンの設立時期:1973年11月

セブンイレブン・ジャパンの年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 178万円~228万円 14万円 57万円
25~29歳 234万円~284万円 18万円 71万円
30~34歳 212万円~312万円 20万円 78万円
35~39歳 252万円~356万円 22万円 89万円
40~44歳 279万円~400万円 25万円 100万円
45~49歳 326万円~448万円 28万円 112万円
50~54歳 370万円~480万円 30万円 120万円
55~59歳 366万円~476万円 30万円 119万円
60~65歳 224万円~324万円 20万円 81万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

セブンイレブン・ジャパンの主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職 年収 月額給与 ボーナス
主任 343万円 21万円 86万円
係長 427万円 27万円 107万円
課長 564万円 35万円 141万円
部長 624万円 39万円 156万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査の比率から独自で算出した結果になっております。

セブンイレブン・ジャパンの総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 560万円 35万円 140万円
技術職 392万円 25万円 98万円
一般職 400万円 25万円 100万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

セブンイレブン・ジャパンの大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 600万円
短大卒 451万円
高卒 384万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

セブンイレブン・ジャパンの30代・40代・50代の年代別年収

セブンイレブン・ジャパンの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約312万円~(推定)
40代で400万円~(推定)
50代で480万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約168万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

セブンイレブン・ジャパンの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定17,200万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は-645万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

仕事内容・企業偏差値・関連企業

【仕事内容】
フランチャイズ事業、コンビニエンス経営などを含む小売業です。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは50で、他グループ(他企業)では52(ローソン)、48(ニトリ)、55(三越伊勢丹)などがありました。

【セブンイレブン・ジャパンのグループ企業や関連企業】
・株式会社セブン・ミールサービス
・株式会社セブン銀行
・株式会社テルベ

セブンイレブン・ジャパンの採用・求人、面接情報・新卒初任給を解説

新卒の初任給は
4大卒
首都圏
:20万7,000円
関西・東海地区
:20万5,000円
その他地区
:20万3,000円

短大・専門卒
首都圏
:17万7,000円
関西・東海地区
:17万5,000円
その他地区
:17万3,000円
となってました。(平成26年度)

【面接で聞かれること】
・現在の小売業界をどう思っているか?またその課題とは?
・実際の仕事内容についてどの程度把握しているか?
・課題に対して、自分の取り組む姿勢とは?
・当社をあえて選んだのその理由は?

【求めてる人物像】
変革に対して、柔軟で真摯に受け止める姿勢と、何事も勉強であるをモットーに、学生では成績よりも、まずは学生らしい生活をしてきたか?といったことが最重要視されます。
会社としては業界トップではありますが、厳しい現状を見据えて、入社する意思については、小売業を選ぶ理由について、その妥当性を問われます。
トップダウンの意思決定に、キチンと柔軟性があるかどうかは重要なようです。

【採用(内定)の条件】
まず何より、業界全体の知識については事前の研究などが大いに必要です。
小売業であることを念頭に、一般消費者と取引先の意味での、顧客の違いなども勉強しておく必要があるでしょう。
また精神的、肉体面でのハードさにもどれくらい耐性があるかは、人事は見ています。
明確な入社理由は、絶対に面接時には用意するべきでしょう。

セブンイレブン・ジャパンの評判はどう?(待遇や社風)

社員の多くが、体育会系の会長を中心としたトップダウンの組織体制と言われます。
本社自体は、一般的な年功序列の日本企業といった感想を持つ人が多いですね。
社内に独自のグループ会社を持っているので、会社としての面白みもあるそうです。
大量に人材を集める代わりに、ついていけず離職者もおおいが、セキュリティに関しては他社より抜きんでており、それが社内でも感心といった評価を受けています。
月間や期間を設けての売り上げよりも、日販と呼ばれる毎日の売り上げにシビアな側面がありますね。
ノルマも非常に厳しく、基本賃金が低くても残業代で稼ぐといった風土があります。
契約社員などの非正規雇用も、非常に契約期間が長いのが特徴です。
カリスマ経営者とも呼ばれているために、ワンマンと感じることもありますが、業界トップの自負は全社員が共通に認識しています。

セブンイレブン・ジャパンの強みは何?

業界では店舗数がダントツであるにもかからわず、首都圏を中心として拠点によって出店数を調整することで知られ、日本全国展開ではまだないのが、ある種、強みになっています。
成長の伸びしろは大きく、今後も売り上げでは業界トップを維持し続けるのが堅調といわれていますね。
経営者の指示にたいする絶対的なスピードの速さは、この企業のブランドイメージをより強固なものにしています。
とにかく、会社の方向性が決まったら、徹底的に貫き通すさまは、業界でも特異な感じでしょう。

セブンイレブン・ジャパンの年収の本音

セブンイレブン・ジャパン職員の口コミ

20代 業種:店長 年収:430万円

入社から5年目でOFCになれれば、年収600万は超えると思います。
社員寮に入れるのは、直営店社員だけです。
家賃補助は役4割ほど支給されます。
定期昇給を考えると、20代、30代の給与は低くても、残業代そのほかで特に不満はないです。

30代 業種:オペレーション部 年収:500万円

金融機関のように、年収がある年齢を境に急カーブを描かないので、普通の給与に感じます。
福利厚生は万全で、フランチャイズは店舗から直接帰宅、管理部門は本社と、地区事務所へ一旦帰所してから、業務を終えて帰宅となります。
賞与の一部は手渡しとなっており、業績に応じた賞与支給式がある点は面白いです。

食品系企業の平均年収一覧

食品系企業の年収をまとめています。

▲このページのトップへ戻る