+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

年収600万円の養育費相場

離婚を考える際にはその後の生活がどうなるかを厳密に考える必要性があります。
しかし多くの場合、特に女性側は衝動的に離婚してしまうことも多くそのために後悔してしまうことも多々あります。
このような事態にならないためにも、離婚する前にはきちんと準備をしておく必要があるのです。

養育費用について考えることも、その準備のうちの1つになります。生活費用を旦那さんから一定の額とはいえ、支給してもらえることになるのでこれを活用しない手はありません。
今回は年収600万円の旦那さんと結婚している奥さんが離婚する時に考えるべき点として、養育費用の相場と維持できる生活レベルについてまとめました。

年収600万円の養育費相場画像

年収600万の旦那さんとの生活イメージを再確認しましょう

はじめに考えるべき点は、現在の生活レベルを把握することです。なぜならば、離婚した後には旦那さんの収入が全くなくなってしまうために、ほぼ確実に生活レベルが下がることが想定されるためです。

まず年収600万円の体感的なイメージを確認しておきましょう。

年収600万円を単純に12か月で割った場合には、ちょうど50万円となります。月給に換算すれば50万円ということになります。
ボーナスなどがなく年棒制でもらっている場合には、この金額から税金などを差し引かれて、約40万円程が手取りになります。

実際には正社員として勤務してボーナスを含めてこの金額であることも多いでしょう。
この場合ボーナスを仮に4か月ほど年間に支給されると考えて計算すると、およそ37万円となります。
この金額から税金などを差し引かれて、約30万程度が手取りになります。

これらの収入に対し、次のような支出が考えられます。
初めに大きな支出額を占めているものは家賃です。持ち家がある場合は、ローンの返済などが事実上の家賃に該当します。ただし離婚した場合には、新しくアパートなどを借りることになる可能性が高いために、このための金額が必要です。

仮にシングルマザーと子供二人で生活する場合には、安くても8万円程は必要です。それなりの場所を確保するためには、この1.5倍から2倍の家賃が必要になります。
続いて食費が必要になります。こちらも支出を抑えることが可能ですが、子供がいればあまりにも食費を抑えるわけにもいきません。結果的に5万円程度は最低でもかかることになります。
これに携帯電話やパソコンのインターネット接続料などをはじめとする通信費用、水道光熱費用、車を所持していればそれに関連する税金の支出などが入ります。

さらに大きな費用の支出として教育費用が挙げられます。子供の年齢が幼いときにはそれほど必要ないことも多いのですが、特に中高生になるとその支出が一気に膨れ上がることが一般的です。
制服代をはじめ部活動の活動費用や遠征代などが大きな支出要因になります。どの部活動に所属するかによっても、大きく異なることがあります。
しかしこれだけさまざまな支出があっても、年収600万円あれば特段生活に困ることはありません。極端な浪費さえ避ければ生活を維持していくことは可能であり、十分な余裕もあります。

離婚をすればこの環境が失われることを意味します。そのため離婚には慎重になる必要があることも確かです。しかし、離婚した場合には次に紹介する養育費として毎月どの程度の金額をもらえるのかが重要になってきます。
では次の項目で、どの程度の金額をもらえるのかを確認していきましょう。

年収600万円の養育費相場画像2

年収600万円の養育費の相場とは

では年収600万円の旦那さんと離婚した場合、どの程度の養育費が毎月もらえる可能性があるのかを確認してきましょう。

まず初めに注意点があります。それは、ここでご紹介する金額は協議離婚を経て円満に離婚した場合で、旦那さんが誠意を見せてきちんと支払をしてくれた例になります。

現実的には以下の2点が養育費用の相場に大きな影響をもたらします。

最初の点は、離婚する際にどちらが有責であったかという点です。この点ではどちらの落ち度が原因で離婚に至ったかという点があります。
性格の不一致にしても、基本的にはどちらかが浮気をしたなどの過失がある場合がほとんどです。

そのため、その過失に応じて養育費が増減される場合があります。
当然ですが、奥さん自身が旦那さん以外の男性と浮気をして離婚された、などの場合には金額の減額どころか親権がもらえないこともあります。

もう一つの点は、奥さんの収入です。以下のシュミレーションは専業主婦で基本的に奥さんには収入がまったくない場合を想定しています。
共働きの場合は、奥さんの収入はそのまま変わらないことが多いために、この点が考慮されることが多いです。

では、具体的な金額を見てきましょう。次の金額が相場であることが多いです。

子供が1人の場合の養育費相場

初めに紹介するパターンは子供が1人のパターンです。
月々約6万円から10万円が相場になります。
年間にすると72万円~120万円の相場となります。

子供が2人の場合の養育費相場

約8万円から14万円が相場になります。
年間にすると96万円~168万円の相場となります。

子供が3人の場合の養育費相場

約10万円から14万円が相場になります。
年間にすると120万円~168万円の相場となります。

2割から4割程度の金額が養育費相場

旦那さんの手取りが約30万程度であることを考えると、その2割から4割程度の金額を養育費用途して支払ってもらえる可能性がある結果になっています。
旦那さん側の生計をたてていく必要がある関係上、基本的にはこれ以上の金額を請求することは難しくなります。
これ以上の支払いを要求すると、途中で支払いを放棄されてしまう可能性もそれに比例して上がっていくためです。

年収600万円旦那との離婚後の生活イメージ

それでは次に離婚後の生活イメージについて考えていきましょう。

今まで離婚する前に生活していた生活レベルは30万円程になります。ここから旦那さんの小遣いなどで占められていた割合を差し引くと25万程あれば、以前の生活レベルを維持することができると計算されます。
仮に支給される養育費用を、平均の10万円と仮定してみましょう。すると残りの20万円を奥さんが離婚後に稼ぐ必要がでてきます。

手取りで20万円稼ぐことを考えると、時給で言えば1300円以上のフルタイムの仕事である必要があります。通常は正社員であることが最も無難な選択肢であると考えられます。
共働きでキャリアをある程度積み重ねている場合にはそこまで大きな問題となることは少ないですが、専業主婦の場合には特に注意が必要です。

15万円程度までなら、時給1000円程度のアルバイトをフルタイムで行うことにより収入を確保できますが、これ以上は難しくなることが多いためです。
そのため生活レベルを妥協するか、より収入が高い仕事をこなしていく必要があるのです。

奥さんの稼ぎには限界があることを承知の上で

年収600万円の旦那さんと離婚した場合の養育費用の相場と、生活レベルのイメージについてまとめましたが、基本的にはキャリアのない奥さんが稼ぐことができる額には限界があることが実情です。
そのため、生活レベルを維持するためにあえて離婚しないという選択肢を選ぶ女性も増えてきています。どちらが良いとは一概には言えませんが、離婚する場合には生活レベルが落ちることを覚悟して臨む必要があります。

こうしたさまざまな点で気を付けなければならない点が多いために、離婚すると決断した場合にはそれなりの計算と決心をもって臨むことが大切です。

年収別養育費相場基礎知識

▲このページのトップへ戻る