ベネッセコーポレーションの年収を詳しく解説

ベネッセコーポレーションに興味がある方のための役立つ情報を紹介

ベネッセコーポレーションの年収

平均年収 933万円
ここ数年の最高平均年収 946万円
業界平均年収との差(業界平均) 275万円(業界平均年収:658万円)

ベネッセコーポレーションの年度別年収

年度 平均年収
令和2年 934万円
令和1年 940万円
平成30年 946万円
平成29年 904万円
平成28年 930万円
平成27年 942万円

ここ数年での年収レンジは最低904万円~最高946万円となりました。
※現在ベネッセコーポレーションは、持株会社の株式会社ベネッセホールディンスの子会社なので、上記はベネッセホールディングスの年収水準です。
ここ数年での年収推移は614万円(最低)~1,026万円(最高)となっています。

給料:約71万円
ベネッセコーポレーションとは:現在は持ち株会社のベネッセホールディングスの子会社で、教育出版を中心としたサービス業を行っています。
本社所在地:岡山市北区南方3-7-17
ベネッセコーポレーションの設立時期:1947年11月

ベネッセコーポレーションの年収中央値を比較!【予想値】

つぎは、ベネッセコーポレーションの年収中央値を計算してみました。
平均年収jpの年収査定で取得したデータと賃金カーブなどを統計し年収中央値の平均を算出しそれを割り当ててみると、ベネッセコーポレーションの年収中央値はおよそ709万円となりました。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。

性別 年収中央値
男女計 709万円
男性 788万円
女性 630万円

ベネッセコーポレーションなどの年収企業ランキングを狙ったおすすめ新卒就活サイト

ベネッセコーポレーションや年収ランキング企業を志望するあなたのために、3条件を満たす就活サイトを厳選しました。3条件は、
・ベネッセコーポレーションや競合企業の求人(非公開)を持っている可能性がある・高い
・面接や面談対策が充実している
・就活イベントやセミナーが多数あるかどうか
就活サイトによって案件が違うので、2社は登録したほうがいいでしょう。
※横にスライドが出来ます。

サービス名 公式サイト  誰向け 有名企業 アドバイス面談 模擬面接(回数) エリア オンライン
キャリセン就活エージェント 公式サイト ベンチャー企業や
トップシェアを
誇る会社で
若いうちから活躍したい就活生
リクルート
HIS
JTB
東急リゾート
富士ゼロックス等
1時間程度 回数制限なし 首都圏・関西圏 あり
キャリアチケット 公式サイト 関東県内での
就職を狙っている人、
質の高い就職活動をしたい人
DMM
マツモトキヨシ等
1時間程度 日程が合えば何度でも 東京・神奈川・埼玉・千葉 あり
キミスカ 公式サイト スカウト型の就活が
できるため研究や卒論で
忙しく就活に手が回らない人
ニトリ
YKKAP等
相談内容による
(通常のキャリア面談とは違い求人紹介は無し)
なし 全国 あり
レバテックルーキー 公式サイト 面接テクニック以外にも
学生の志向性やスキル、入社後のキャリアパスを
考慮したファーストキャリアの
アドバイスができる
リクルートテクノロジーズ
サイバーエージェント等
相談内容による
(求人応募のタイミングでその都度)
要相談 関東 あり
エンジニア就活 公式サイト エンジニアの中でも
若いうちから裁量の
大きい仕事をやりたい人
日立システムズ
伊藤忠テクノソリューションズ等
1時間程度 回数制限なし 全国 あり
ハタラクティブ 公式サイト 未経験で20代の若者向け
これから就活を始める方
SECOM
OPENHOUSE等
30分から1時間 応募先の企業の
数だけ面接対策
東京、神奈川、
埼玉、千葉、
大阪、愛知、福岡
あり
就職shop 公式サイト 経歴や職歴に
自信のない20代若者向け
これから就活を始める方
非公開 30分から1時間 何度でも 全国 あり
チャット右画像

マリン

就活解禁ですね!狙っている企業の内定を狙いましょう!
年収ランキング企業内定を考えてる人必見!就活サイト早見表付おすすめ就活サイトまとめ 新卒向けおすすめ就活サイトまとめ
年収ランキング企業へ転職を考えてる人向け

あなたに合った転職サイトがすぐにわかる特徴まとめランキング!

ベネッセコーポレーションの年齢別年収で比較してみよう【予想値】

つぎは、ベネッセコーポレーションの年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が1,043万円でした。
またベネッセコーポレーションで働き盛りの30代の年収はおよそ855万円になります。
それでは全体の年齢別年収を予測してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 314万円 22万円
25~29歳 671万円 45万円
30~34歳 726万円 52万円
35~39歳 751万円 53万円
40~44歳 840万円 60万円
45~49歳 954万円 67万円
50~54歳 1,043万円 72万円
55~59歳 1,034万円 71万円
60~65歳 678万円 49万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で予測算出した結果になっております。

ベネッセコーポレーションの男性と女性の年齢別年収の違い【予測値】

では平均年収がわかりましたが、次にベネッセコーポレーションの年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。
※企業によっては男女同一賃金になっているところもあるのであくまでも賃金統計とデータからの予測値としてご覧くださいませ。

年齢 男性 女性
20~24歳 314万円 314万円
25~29歳 770万円 671万円
30~34歳 809万円 726万円
35~39歳 837万円 751万円
40~44歳 905万円 840万円
45~49歳 1,027万円 954万円
50~54歳 1,122万円 1,043万円
55~59歳 1,111万円 1,034万円
60~65歳 731万円 678万円
チャット右画像

ヨシコ

ベネッセコーポレーションの働き盛りの30代の男女の年収を比較してみましょう。

ベネッセコーポレーションは平均年収ランキングの順位は○○位でした

では、ベネッセコーポレーションの平均年収は933万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。
是非チェックしてみましょう。

企業の平均年収ランキング

ベネッセコーポレーションの年収ピラミッドで階層を知ろう

男女年齢別の年収をみてみましたが、次はベネッセコーポレーションの社員は年代によってどの年収層にいるのかを統計を基準に年収を割り当てて算出予測してみました。 あなたの年代と是非比較してみてください。

ベネッセコーポレーションの20代の年収層
ベネッセコーポレーションの20代の年収ピラミッド
ベネッセコーポレーションの30代の年収層
ベネッセコーポレーションの30代の年収ピラミッド
ベネッセコーポレーションの40代の年収層
ベネッセコーポレーションの40代の年収ピラミッド
ベネッセコーポレーションの50代の年収層
ベネッセコーポレーションの50代の年収ピラミッド
チャット左画像

ミナミ

ベネッセコーポレーションの年収ピラミッドと他企業の年収ピラミッドを見比べてみると年代によってどのくらい差があるのかわかりますよ。

ベネッセコーポレーションの総合職・一般職・技術職の年収を解説

ベネッセコーポレーションでの企業内での職業によっても給与が変わることがあります。大まかに総合職から一般職まで分類し賃金カーブと統計から独自に予測値を立ててみました。

職種 年収
総合職 1,245万円~1,345万円
技術職 842万円~942万円
一般職 861万円~961万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から予測した結果になっております。

ベネッセコーポレーションの主任・係長・課長・部長の役職者年収

年収は役職につくだけでも年収の差がついてきます。部長クラスの年収はどのくらいなのでしょうか。一般の部長課長クラスの役職の基準年収に沿って予測値を算出してみました。

役職 平均年収
主任 936万円
係長 1,057万円
課長 1,397万円
部長 1,544万円

※平均年収jp独自に取得しているデータとベネッセコーポレーションの平均年収と掛け合わせて算出しました。

ベネッセコーポレーションの大卒・短大卒・高卒の年収予測

厚労省が出している賃金統計の学歴差年収を基準として、平均年収や業種の規模間などから一番年収差がつく50歳の時の年収で、大卒 高卒までの年収を予測してみました。※予測値となるため実際のデータとは違う可能性があります。

最終学歴 年収(50~54歳)
大卒 1,269万円
短大卒 1,084万円
高卒 923万円

※厚労省が算出した賃金統計調査から平均的な賃金比率を税理士が割り出し、それを元に計算した予測結果となっております。

ベネッセコーポレーションの男性女性別での平均年収

ベネッセコーポレーションの年収の平均を男女それぞれの40代の平均年収基準と統計を掛け合わせて予測算出しました。

性別 平均年収 給与
男性の平均年収 1,057万円 68万円
女性の平均年収 798万円 51万円

ベネッセコーポレーションの30代・40代・50代の年代別年収

ベネッセコーポレーションの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約826万円~(推定)
40代で961万円~(推定)
50代で1,153万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約337万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

ベネッセコーポレーションの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定41,323万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は23,630万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

仕事内容・企業偏差値・関連企業

【仕事内容】
通信教育の進研ゼミの運営、模擬試験や教育雑誌などの出版などを行っています。

【企業ランキング】
2ch企業偏差値ランキングでは50で、他グループ(他企業)では52(ミツカン)、55(ライオン)、58(東芝)などがありました。

【ベネッセコーポレーションのグループ企業や関連企業】
・株式会社アップ
・株式会社東京教育研
・株式会社御茶ノ水ゼミナール

ベネッセコーポレーションの採用・求人、面接情報・新卒初任給を解説

新卒の初任給は
21万5,000円(大卒/院卒)
となってました。(平成28年度予定)

【面接で聞かれること】
・日本の教育についてどう思うか?
・デジタルコンテンツについてどう思うか?
・体を使って成し遂げたことと、頭を使って成し遂げたことは?
・どうしてベネッセを受けようと思ったのか?

【求めてる人物像】
内定者の感想とほぼ同じ印象があり、向上意欲と課題解決への支援を行う事業のため、ビジネス志向でロジカルな戦略立案ができる人、好奇心とバイタリティなど、業務的には頭脳的にハードな側面があることを示唆した採用基準です。
求めるものが非常に多い企業なので、学歴とか成績は書類選考上で最初に考慮しているはずだと思われます。
この企業が掲げる「志を持った人」とは、純粋に会社に貢献でき、結果として顧客に好影響を与える人物であるということができるでしょう。
選考プロセスはやや長く、内々定の承諾も約1週間ほどかかります。

【採用(内定)の条件】
自分独自の問題解決方法といったスタンスで、グループディスカッション、逆質問では約10分間などの長めの設定など、自分の発言力を試されるような内容の面接、選考を内定者の多くが経験しています。
また書類選考の作文は、自分が頭を使って達成できたことと、体を使って目標を達成したことなどについて書くものが多く、思考について探るような内容です。
最終面接に残る率は非常に低く、かなり難関の企業ということは確かです。
内定を出すのは、最終面接で残った人の中でも第一希望にベネッセをあげる人のみといった内定者の口コミもあります。

ベネッセコーポレーションの評判はどう?(待遇や社風)

ビジネスモデルは非常によく考慮された仕組みを構築できており、社内政治と言われる影響で上司の交代が非常に近年増えているようです。
組織体制が変わるのは、半期に一度の頻度もある年が見られます。
業界自体が少子化の影響でかえって競争激化の状態で、真面目で勤勉な体質を持っていると社員からは評価されています。
女性社員は上司でも多いため、働きやすさは他企業に比べて高いでしょう。
部門ごとに雰囲気が異なり、通信教育で部門はフラット、学校向けサービスはやや体育系、社員全体では、ベネッセのサービスに親しんだ世代が非常に割合として多いです。
顧客に向けての努力や誠意に自信を持った社員も多いので、総合的に皆仲の良い社風であることは間違いないようです。

ベネッセコーポレーションの強みは何?

幼児教育全般から、思春期の受験や学校、近年では介護関係まで事業を拡大する傾向があり、あらゆる層に向けたサービスを展開、加えて一般にも認知度が非常に高い企業です。
通信教育では間違いなくパイオニアで、依然としてトップを行く企業ですね。
他社が模倣できない独自サービスとして、通信教育での模擬試験システム、就学前幼児教育でのノウハウを多数蓄積している点があげられます。
徹底した顧客志向を全社員が持ち、圧倒的な全国規模の大勢の会員数がこの企業の最大の特徴です。
特に社員では、真面目さを最大の特徴と強みとして挙げる方が多いです。

ベネッセコーポレーションで働く面白み

この企業の特徴は、社員のモチベーションと働く意識が非常に高い、真面目な人を新卒から採用しているので、社員の能力が同じという点では、新卒でも非常に働きやすさは高いようです。
ベネッセ会員から直接お便りを受け取ったり、感謝される機会も多いので、他人から認めらるという点では、非常にモチベーションの原動力になっているでしょう。
顧客の感想や満足をダイレクトに感じる職業なので、様々な人から褒められ、感謝される意味では仕事への意欲、面白さはかなりあるといって良いです。

ベネッセコーポレーションの将来性

すでに構築された高い教育サービスシステムは、他社が追従できないレベルにあるため、まず何か大きなトラブルがあっても、経営不振になるような企業ではありません。
将来性は、現在の幼児教育がどのようなレベルで変わるかにかかっていますが、逆にコストをかける家族の心理がある限りは、今後もトップレベルで収益を上げるでしょう。
新卒から比較的高い給与であり、女性の社会進出ではかなり実績もあるため、これからも注目される職場であることは間違いありません。

ベネッセコーポレーションの年収の本音

ベネッセコーポレーション職員の口コミ

30代 業種:情報システム現場リーダー 年収:800万円

入社から10年未満は年功的な給与体系で、それ以降は成果主義を取り入れています。
評価はかなり公平で、上司の交代はめまぐるしく変わります。
年度期に目標設定をしますが、それはあくまでも参考で、結果とそのプロセスで総合判断して、個人評価は決まります。
社内託児所があるため、女性の働きやすさは非常に充実しています。

30代 業種:マーケティング 年収:700万円

残業代は1分単位で全額支給されます。
退職金前払いの給与支給なので、定年までいる社員は少ないですね。
転職率も結構高いです。
残業は能動的に行う人が多く、会社もそれを許しているので、新卒でも残業込みで年収500万を超える人がおいです。
賞与は年2回で6月は前年度業績連動、12月は基本給3か月分と一律です。

文房具系企業の平均年収一覧

文房具系企業の平均年収一覧をまとめてみました。

▲このページのトップへ戻る