年収の手取りは実際にはいくら?

年収の手取りついての基礎知識

年収の手取りは

それぞれ年収によって、手取りというものを調査しました。
年収というのは実質、税金などが引かれる前の収入になります。
手取りじゃなくてどうして年収という言葉をだすのかは、それは税金などにより手取りには個々で不均衡なことが多いからです。
実際にもらえるのが保険や税金のせいで簡単に一概にとはいえないですが、平均の手取り年収を検証したいと思います。

年収1000万円の手取り

年収1000万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが700~800万となります。
ちなみに全体の中で、年収1000万以上もらえる人は全体の3~4%となりかなり少ないです。

年収800万円の手取り

年収800万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが500~600万となります。
所得税で250万程度引かれる計算になります。
ボーナスがない場合は月手取り約40万程度となります。

年収600万円の手取り

年収600万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが400~450万となります。
所得税で100万程度引かれる計算になります。
税金が600万だと600万以上よりも安いため、ちょうど稼ぐなら600万程度がいいのではないかとよく言われてます。

スポンサーリンク

年収400万円の手取り

年収400万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが280万~300万となります。
年収400万程度の人は全体の、約20パーセントと多いです。

年収300万円の手取り

年収300万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが200万~250万となります。
年収の中で一番多いのがこの年収300万円代です。全体の約20~30%をしめています。
20代後半から30代の方はこのぐらいの年収が一般的です。

年収500~600万程度の年収が税金も安定する?

1000万以上超えの人たちはそうそういませんが、2000万の年収をもらっていると税金は800万引かれ、1200万の手取りになります。
年収があがればあがるほど、税金も増えていく累進課税です。
だいたい500~600万程度の年収だと、税金も年に100万程度。
実際にもらえる手取りは400万程度となりますがそれなりに安定できる年収ではないでしょうか。
子供手当てや扶養控除なども含めれば手取りもあがり、450万程度にもなります。
それぞれ年収によって手取りは違いますが、ある一定の線を越えたときにいきなり税金がUPということもあるのでそこに気をつけて給料交渉をするのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高収入が期待できる士業系一覧

平均年収の基礎知識

▲このページのトップへ戻る