社労士(社会保険労務士)の年収

社労士の年収(社会保険労務士)に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:730万~760万円(ボーナス有)
社労士連合会の調べによると平均は670万円。
個人により格差がありますが年収350~900万円ぐらいが年収範囲となりそうです。

平均月収

40~46万程度

社労士(社会保険労務士)の年齢別年収給与ボーナス

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 421.8万円 26万円 105.5万円
25~29歳 525.4万円 33万円 131.4万円
30~34歳 577.2万円 36万円 144.3万円
35~39歳 658.6万円 41万円 164.7万円
40~44歳 740.0万円 46万円 185.0万円
45~49歳 828.8万円 52万円 207.2万円
50~54歳 888.0万円 56万円 222.0万円
55~59歳 851.0万円 53万円 212.8万円
60~64歳 599.4万円 37万円 149.9万円

※平均年収と年齢での年収による比率から独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。

ボーナス等

250万

職務内容

社会保険労務士とは労務や社会保険に関するコンサルティングを行う専門家のことです。
といってもその他にも色々と業務があります。
労働関連法令や社会保障法令に基づく書類の作成、企業の労務関係や社会保険に関する相談。給与計算、労働保険料の加入手続き、年度更新に伴う算定納付諸手続き、賃金や退職金、企業年金制度の構築、社員研修、社員教育の実施、年金の相談などです。
平均年収は760万と高い職業となっています。
最近では、労働トラブルの増加に伴い「個別労働紛争の解決の促進に関する法律」に基づき、当事者の代理を行い解決策を提案することも多くなりました。

平均年収が高い仕事内容

独立すれば平均年収は1000万以上。
その代わり、顧客を獲得することが必須です。
最近では行政書士からのスキルUPとして資格を取得したり、FP、中小企業診断士などの資格とあわせもって多角的に活動をする人も増えてます。

雇用状況

一般企業の人事・総務部勤務することがおおいですがその他にも、金融機関勤務や社労士事務所などもあります。コネがあれば独立してより年収も稼ぐことも可能です。

メリット

やはり年収が高いことがひとつの利点ではないでしょうか。国家資格の中でも一般企業に属することが多いといわれているのが、この職業です。
特に法律にも詳しくなるので、専門的知識をもってるだけでも相当メリットがあります。
コンプライアンスが強化され不要な労働トラブル・リスクが回避できるなど、有利になることができます。

社労士(社会保険労務士)の仕事に就くには?

社会保険労務士になるには、試験に合格することがまず第一関門です。
社会保険労務士試験に合格し、連合会へ登録することではれて社会保険労務士となることができます。
その他、弁護士となる資格を持っている方。
受験資格は、
大学卒業者、又は大学において62単位以上を修得済み
短期大学、高等専門学校を卒業した者
行政書士や司法書士などの定められた資格を有する者
厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
です。

試験科目は法令関係だと、労働法令(労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険徴収法)そして社会保険法令(健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法)とその他法令になります。
その他に、労働に関する一般常識や社会保険に関する一般常識も出題されます。完全マークシート方式になります。
男女の割合は男性が8割、女性が2割となり男性のほうが多い業種になります。
試験は難易度は高いですが、平均約600~800時間勉強するのが試験合格の道といわれております。

社労士(社会保険労務士)で働く面白み

もともとこの職業は、総務部や人事部などの人材でスキルアップとして得るための資格の一つでした。
そういった意味では、会計書士と同じく、特定の企業内で活躍するため、まずは就職先を求めて、その中で総務や人事の事務処理の実績を使って昇進し、やがては社労士として、人事になどに関わるようになるのが理想です。
働く面白みは、女性であればある程度の収入と地位を得られ、役職者に近い立場になれることでしょうか。
やはり、社員の進退に関することにも関係し、社外秘を多く取り扱うことになります。

資格所得者数は、受験者数に比べ、10%未満が常の難関であるがゆえに、逆に多くの中規模以上の企業では、需要はかなり多くなっています。
できるだけ若いうちに資格を有して置き、そのうえで一般社員として総務や人事部に配属し、そこからキャリアを上げていくのが理想です。
面白さは、仕事上のミスが大きな失態につながりことはなく、淡々と事務処理の対処にある点と、社会保険という妥当な法令を守れば特にイレギュラーも発生しないので、労働負担も軽いということでしょうか。

社労士(社会保険労務士)の将来性

この職業として将来を考えるなら、民営化し、これから本格的な民間企業として株式化する日本郵政事業や、グローバル企業として外資と連携して事業規模を拡大するような会社などの人事や総務などに就職を求め、社労士としての資格を有した後にキャリアアップを目指すのが、一番有効かと思えます。

再就職のために、苦労して社労士の資格を所得しても、転職自体が少ない業種ですので、あまり利点はありません。
独立系は特定事業者がアウトソーシングを将来するかどうですので、まだまだ収入としては不安定さがあります。
比較的、会社では必要なポストとなるために、利点はリストラのなどの心配が無く、安定した就業を望めることですね。
そして業績を問われることも無いので、事業所が消失しない限りは、職を失う可能性は無いでしょう。

士業系の平均年収一覧

▲このページのトップへ戻る