富裕層の年収を賃金構造基本統計調査や口コミを参考に詳しく調べました。

富裕層が実際にどのくらいの年収をもらっているのか解説します

富裕層の年収は、口コミでは2000万円以上!

富裕層というと定義は曖昧な部分が多いと思います。
年収としては2000万円以上が富裕層という意見が多い中、1000万円以上でも十分に富裕層であると考える人も比較的多いです。
少なくとも1000万円以上というのが富裕層かそうでないかを区別する基準になっているように思えます。

富裕層の定義

富裕層の定義として考えると、やはり2000万円以上の年収の人という意見が多いと思いますが、1億円以上が富裕層だという意見もあり、3000万円以上の税金を納めている人を高額納税者と判断し、富裕層と呼んでいる人もいます。
しかし、ここでは年収1000万円以上の人を富裕層として扱い、考えていきたいと思います。

年収1000万円以上の日本人口は全体の何%?

年収1000万円以上の日本人は日本人口の約5%以下とされており、実際に、手取りで年収1000万円以上という人は、それよりもまだ少ないと思います。
サラリーマンの場合は年金や源泉徴収、保険料などが引かれるので、手取りは700~800万円と推定されます。

中国の富裕層はどのくらいから?

日本では年収2000万円以上が富裕層とされる事が多いのですが、中国の場合は年収200万元以上が富裕層といわれています。
200万元は日本円に換算すると約2900万円で、日本の富裕層よりも基準が高いというのが分かります。
中国の富裕層の人口は世界的に見ても多いのですが、そういった中国人富裕層は中国の全人口の1%以下とされ、中国の人口が膨大な為、ほんの一部となっています。

スポンサーリンク

超富裕層とは?

先ほど述べた年収1000万円以上、一般的には2000万円以上とされる富裕層の上に超富裕層と呼ばれる人たちがいます。
年収ではなく金融資産が10億円以上と定義され、富裕層とはビジネスや資産の作り方が大きく異なり、ビジネスで成功した人たちを指して超富裕層と呼ぶ事が多いそうです。

貧困層の年収と富裕層の年収の格差はどのくらい?

日本は格差社会というイメージが他国よりも薄いと思いますが、実際には貧困層と富裕層とでは大きな差があります。
日本国内の富裕層は約80万人といわれている中、貧困層といわれる人口は約2000万人、世界的に見ても日本は先進国の中で多くの貧困層を抱えているといえます。

スポンサーリンク

平均年収の基礎知識

▲このページのトップへ戻る