派遣社員の年収の実態を27年度人事院調査票からの統計を参考に詳しく調べました。

派遣社員が実際にどのくらいの年収をもらっているのか解説します

派遣社員の年収は、平均246万円でした。(27年度人事院調査票からの統計)

派遣社員の年収は、246万円でした。
派遣社員の平均給料が20万5000円となっています。
年齢別の賃金を算出してみました。

【派遣社員年齢別の給与】
20~24歳 給与17.3万円
25~29歳 給与19万円
30~34歳 給与20万円
35~39歳 給与20万円
40~44歳 給与20万円
45~49歳 給与20.4万円
50~54歳 給与20.2万円
55~59歳 給与20.6万円
60~64歳 給与22.6万円
65~69歳 給与21.2万円

【派遣社員年齢別の年収】
20~24歳 年収208万円
25~29歳 年収230万円
30~34歳 年収240万円
35~39歳 年収245万円
40~44歳 年収242万円
45~49歳 年収244万円
50~54歳 年収242万円
55~59歳 年収248万円
60~64歳 年収272万円
65~69歳 年収255万円

正社員の平均年収が、約523万円といわれているため、総合的には約200万円~300万円の格差がつくことになります。
また、20代から50代~60代になっても年収が増えません。300万円を超えることも難しい状況となっております。

労働派遣会社から派遣されている労働者数は、約160万人といわれています。
派遣の事業としては、生産工程労務業、事務、販売、サービス業、管理業、専門的技術業とありますが、その中でも派遣社員の割合が多い業種が生産工程労務業になります。

男女別でみた派遣社員の年収を解説

男女別の派遣社員の年収を詳しく調べてみると
男性派遣社員の平均年収:279万円。
女性派遣社員の平均年収:217万円。

20代男性で最低が、214万円。最高が60代の296万円。
女性で最低が。202万円。最高年収が、35~39歳の225万円。
でした。

派遣社員の中でも高年収の業種は?

派遣社員の年収も業種によっては格差が開くようです。
事務系、サービス業、飲食店などの派遣社員は派遣業務の中でもお給料が低く年収も低いといわれてます。
派遣業務の中でも年収が300万円以上を超えるのが多い業種は、生産工程などの期間工、外資系の派遣社員、専門技術系の派遣社員となります。
特に外資系の派遣社員では、英語力があれば、月収で約30万円~40万円。
年収にすると400万円以上も稼げるところが多いようです。
派遣社員のお給料は時給制をとっているところが多く、地方だと800円~1200円。
都心だと1200円~1600円辺りが自給の平均相場となっています。
その他、派遣社員の中でも多い業務は、
テレフォンオペレーター、介護、介護事務となっております。

また産業別だと、建設業・情報通信業・学術・技術サービス業が派遣社員の中でも年収が高い部類に入ります。

派遣社員になる理由

平成19年の総合実態調査によると、派遣社員になった理由として、「自由な時間で働きたい」、「家計の補助」、「学費補助のため」、「家庭と好きなことを両立できる」、「正社員として働ける会社がない」などの理由があり、その中でもっとも多い回答があったので、自分の都合のいい時間に働けるというのが全体の4割を占めています。
しかし若年層では、正社員として働ける会社がなかったというのが全体の3割以上を占めていました。
専門的な知識を持っていない非正規の派遣社員の年収は、正社員と比べると40代になったときには年収の格差は350万円以上の格差がつくことになります。

派遣社員の年収の本音

派遣社員さんの年収の本音を聞いてみました。

女性 38歳 有名外資系事務

年収は約380万円
有名外資系の事務仕事をしてました。英語のスキルがあったのでそれを活かして旦那の家計を助けるためにはじめました。
外資系は待遇がよかったです。残業代、自社製品を半額で買うことが出来る。有給休暇も取得。
忙しい時期はお給料は40万円を超えていたこともありました。

男性 28歳 生産工程業務

年収は約180万円
ミュージシャンを目指しているのでその補助として行っています。
毎日とある工場にいき、流れ作業を行ってます。年収は相当低く、ペットボトルのふたにおまけをつけるなどの仕事をしていました。

女性 32歳 証券会社事務

年収は約220万円。
彼氏と同棲しながら家計や家賃を助けるために行ってます。
証券外務員の資格等を取得してこの業務につきました。

男性 32歳 自動車組み立て

年収は約360万円。
待遇はいいですが、やはり期間工なので未来への不安ばかりあります。

平均年収の基礎知識

▲このページのトップへ戻る