農家の平均年収

農家の平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:200~300万円(専業農家)

平均月収

初任給10万~20万

ボーナス等

農家による

職務内容

農家の仕事は、農作物を作ることです。米、果物その他野菜です。
農作物以外にも酪農で牛を育てたりもします。
畑を作るための、土地を買い、トラクターなどの設備を買うので、初期投資だけで1000万ぐらいはかかるといわれてます。
家族で農家をしてるのであれば、年の売り上げが2000~3000万といわれています。その半分が経費といわれているので、家族だと年収は1000万ぐらいになる農家もあるそうです。
最近は専業農家よりも兼業農家を行うところも多く、冬の間は違う仕事をして、収穫時期になれば農家をするというところも多いそうです。
家族経営をすればそれなりに年収が高くはなりますが、深夜業務やお休みなどもあまりもてないためハードたといえるでしょう。
でもその分、育った農作物に愛情を感じることも多いそうです。

スポンサーリンク

平均年収が高い仕事内容

農業を家族経営や兼業農家をするとそれなりに年収もあがるそうです。

雇用状況

現在農業に従事する人は年々少なくなっているため、地方では、それなりの需要があるそうです。
まずは従業員として働き、将来、JAなどから融資をもらったりして、経営するのがいいかもしれません。
ネットなどでも募集を募っているところもあるそうです。

利点

農作物に愛情が出る。
自分で農作物を作るため、自給自足になります。特にお米を作っていれば、お米にお金をかける必要もないとのことです。

農家の仕事に就くには?

各都道府県に新規就農相談センターというものがあります。まずはそこに相談するのが一番早いといわれています。
サラリーマンをやめて農家に転職したり、農家をやりながら、ウエブ系の仕事をしたりなど、兼業農家が増えているそうです。
20代や30代だと若手の部類といわれる職業なので、年をとってもチャンスがあるそうです。
農業経験が無いのが不安でしたら、農家で何年か働いたり、農業大学に行ってみるのも近道。
経験がなくてもできるというわけではないですが、初心者でも始められるという利点があるとおもいます。もちろん勉強や知識は必要になります。
国家資格を取得するような業種と違います。
TPPなどで自由貿易になった場合、それなりの対策を農家もするとは思いますが、マネージメント能力があれば、かなりの年収をゲットできるチャンスもあるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る