航空管制官年収を詳しく解説

航空管制官の平収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

航空管制官の年収は586万円が平均です!(専門行政職俸給表調べ)

航空管制官の年収は、平成24年度の専門行政職俸給表から調べてみると年収の平均は、586万円となりました。
給料が約34万円。
扶養手当10,000円。
特別調整額11,000円。
地域手当等45,170円。
住居手当6,130円。
その他10,128円となり
合計すると月収は約43万円でした。
それ以外に臨時報酬などもいれると約586万円となります。
航空管制官は国家公務員になるため、初任給は人事院規則九―八(初任給,昇格,昇給等の基準)によって決定されます。
初任給は総合職(大卒)182,300円。
上記のお給料などは人事院が定めています。
仕事内容は、航空機の離着指示、飛行機が安全に航行できるよう情報をパイロットに伝えるお仕事です。
業務内容は、ターミナル・レーダー管制業務では、レーダー画面を見ながら、航空機の飛行状況を確認。
パイロットにスピード高度などの指示を出す業務。
飛行場管制業務は、空域内にいる航空機を自分の目で見て確認する仕事となります。
総従業員数は約8,174人。
平均年齢は41.5歳。
平均経験年数19.4年。
となっています。

航空管制官の推定生涯年収を解説!

平均年収から推定の生涯年収を割り出しました。
586万円×38年=2億2268円。
最低でも2億2000万円以上の生涯年収をもらうことが出来ると計算されました。
退職金が約2760万円となりますので合計は2億4千万円以上となります。
一般のサラリーマンよりも若干高い水準となっております。

スポンサーリンク

航空管制官の推定年代別年収を詳しく解説!

年齢階層別の給与や、専門行政職俸給表などから算出した結果
30代で約530万円。
40代で約710万円。
50代で約820万円。
となりました。
具体的な数字ではありませんが年代によって推移した結果、年功序列と経験人数による等級の昇給により年収に変化が現れます。
特殊俸給表では最高月収が第8級の557884円となっていました。

スポンサーリンク

航空管制官なるには?

航空管制官になるには、大卒、高卒のものが国土交通省の航空保安大学校に通う必要があります。
受験資格は試験を実施する年度に30歳に達する方までとなっております。
受験内容は、1次、2次試験があり、それぞれ基礎能力試験、適性試験外国語試験。
2次試験においては人物試験、身体検査、身体測定があります。
身体試験では下記に該当するものは不合格となります。
■矯正眼鏡等の使用の有無を問わず、視力が次のいずれかに該当する者
・どちらか一眼でも0.7に満たない者
・両目で1.0に満たない者
・どちらか一眼でも、80センチメートルの視距離で、近距離視力表(30センチメートル視力用)の0.2の視標を判読できない者
・どちらか一眼でも、30~50センチメートルの視距離で、近距離視力表(30センチメートル視力用)の0.5の視標を判読できない者
■色覚に異常のある者
片耳でも、次のいずれかの失聴がある者
・3,000ヘルツで50デシベル以上
・2,000ヘルツで35デシベル以上
・1,000ヘルツで35デシベル以上
・500ヘルツで35デシベル以上
試験会場は札幌市、岩沼市、東京都、新潟市、名古屋市、泉佐野市、広島市、松山市、福岡市、宮崎市、那覇市となっています。
平成23年度では1,609名の申込みがあった中で合格者は76名とかなり倍率が高い試験となっています。
入学後は、1年間の基礎研修後、全国各地の航空交通管制部、空港において、航空機に対し、無線電話・レーダーなどにより、離着陸及び航行の安全に必要な指示を与え、また、情報の提供を行うなどの航空交通管制業務に従事します。
特に官僚のように出身大学で採用などは決めてはいないようなので誰にでもチャンスがある仕事といえるでしょう。
採用を受ける人は○○外語大など英語を得意とする学部が多いようです。

航空管制官の年収の本音

航空管制官の口コミ年収を紹介します

航空管制官 30代

年収600万円
仕事内容が一つ間違えば重大な事故につながるのでいつも真剣に仕事をしていました。チームワークなども大切な仕事です。

航空管制官 20代

年収450万円
責任感がすごい多い仕事。やりがいがある。人の命を守る大事な仕事です。

スポンサーリンク

その他公務員の年収

▲このページのトップへ戻る