放射線技師の平均年収

放射線技師の平均年収に興味がある方のための基礎知識

放射線技師の平均年収

平均年収:510万円

平均月収

35万~36万

ボーナス等

職場によるが80万程度

放射線技師の職務内容

診療放射線技師は、病院、診療所、原子力発電所、医学研究所、放射線機器メーカーなどで仕事をすることができます。
主な仕事は、診断や治療のために放射線を患者に照射し、構造や内部の悪いものなどを調べることです。また放射線機器の管理なども行います。
簡単にいうと病院にいる、レントゲンの先生というところです。
病院以外では放射線研究、放射線管理、大気・水質などの公害測定などを行います。
医療技術の高度化が進む昨今の日本では、資格取得者の役割は大きく、その需要も高まってゆきそうです。
特に高齢化社会を迎えた今の日本にはかかせない職種となります。

平均年収が高い仕事内容

勤続10年、30代後半の技師で月収40万ぐらいになるので勤続年数が増えればそれなりの平均年収のUPが期待できそうです。

雇用状況

求人はそれなりにあるので、仕事に困ることはなさそうな職種です。
大学卒と専門卒での就職しやすさの違いについても、それほどなく。
特に専門卒の場合は専門教科と実習をするので、即戦力として雇用される状況です。

利点

比較的規則正しい勤務となる場合が多く、安定した職業なので、将来の安定にはいい職業です。
大卒と専門学校卒業で年収の差は少しでるかもしれませんが、勤続年数があれば、年収はカバーできます。

スポンサーリンク

放射線技師の仕事に就くには?

高校卒業後法律で定められた養成施設、大学、短大、専門学校で勉強をして、国家試験受験資格を取得し、国家試験に合格することが必要です。
大学で300万程度の学費がかかるそうです。
試験は毎年2月ごろに行われ、4月に合格発表です。
試験全体の6割程度がとれてれば合格となります。
合格率は約80%と高いので、難易度はそれほど高いとはいえませんが、やはり専門学校や大学で勉強や実習をする必要があるようです。
この道を目指すと決めたならがんばれると思うのでぜひとも興味を持った方は見てみてください。
医療や福祉の現場では、年齢はあまりハンデにはならないので、36歳で国家資格を取ったりする方も多いそうです。年齢制限もないようです。

スポンサーリンク

医療系の年収一覧

▲このページのトップへ戻る