アニメーターの年収を詳しく解説!

アニメーターの年収に興味がある方のための基礎知識

アニメーターの平均年収は332万円、400万円以下の年収が全アニメーターの50パーセント以上

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)によるアニメーターの労働実態調査(2009年)では、20代アニメーターの平均年収は110万円、30代アニメーターの平均年収は213万円と同年代の年収を大きく下回っていることがわかりましたが、2014年によると平均年収の実態は高くなっていました。
再度の調査によると下記となりました。(2014年度版)

平均年収:332万円
150万円~300万円以下が約35パーセント
350万~400万円以下約10パーセント
と400万円以下に半分以上の人がいました。
※日本アニメーター・演出協会(JAniCA)のデータによる

40代以上になれば、全職種平均年収とそれほど差はありません。
20~30代の若手アニメーターの給料が少ないのは、大半の人が出来高制のフリーランスであることに加え、請け負う仕事も動画など単価(1枚200円前後)の安い仕事が中心となるためです。
しかし、この厳しい若手時代に技術を磨き経験を積むと、動画→原画→作画監督とステップアップすることが可能。さらに監督まで上りつめることができれば、全職種平均年収よりも高い収入(年収1,000万円クラス)が期待できます。

業種別だと
「仕上げ」が194.9万円。
「原画」が281.7万円。
「キャラクターデザイン」になると510.4万円。
「作画監督」は563.8万円。
「監督」は648.6万円
だった。

アニメーターの年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与を算出してみました。

年齢 年収 月額給与
20~24歳 189.2万円 11.8万円
25~29歳 235.7万円 14.7万円
30~34歳 259.0万円 16.2万円
35~39歳 295.5万円 18.5万円
40~44歳 332.0万円 20.8万円
45~49歳 371.8万円 23.2万円
50~54歳 398.4万円 24.9万円
55~59歳 395.1万円 24.7万円
60~65歳 268.9万円 16.8万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で算出した結果になっております。

アニメーターの生涯推定年収は?

上記データをもとに、22歳~65歳までアニメーターを続けた場合の生涯年収を計算すると、1億4276万円となります。
これは、中卒男性の平均生涯年収1億7845万円よりも3,000万円ほど低い数字です。
にもかかわらず、アニメーター志望の若者が後を絶たないほどの人気職業なのです。

現在アニメ業界を支えているアニメーターは、駆け出し時代の生活を犠牲にしてでも働きたいという強い信念を持って業界に入った人たちです。
若手の多くは、アルバイトを掛け持ちして生活費を補っているか、親からの援助を受けながら生活しているのが現状。
そんなアニメーターが日本のアニメ産業を支えているのです。
参考:JAniCA

CGアニメーターの年収を詳しく解説!

デジタル技術を駆使してアニメーションを作成するのが、CGアニメーター。
所属している制作会社の規模や雇用形態(正社員・アルバイト・フリーランスなど)によって年収は大きく異なります。

大手制作会社所属のCGアニメーターの場合、30代の平均年収は400万~500万円ほど。
中小零細所属の場合、30代の平均年収は200~300万円。20代前半は200万円に手が届かない人も多いそうです。
フリーランスになると、仕事量は安定しないものの、平均年収は数百万単位で上がります。
制作会社で数年~十数年間働いて技術力を身につけ、業界でのコネクションをつくってからフリー契約に転向するパターンもあります。

アニメ会社で働くための画力はどのくらい必要?

アニメーターには学歴は必要ありません。
最近では専門学校や美術系大学で基礎を学び、学校の就職先斡旋・推薦でアニメーターになる道が一般的になってきましたが、画力さえあれば、高卒でも中卒でも道は開いています。
面接時に作品を提出することが求められるので、最低限デッサンやパースは勉強しておくべきでしょう。
絵と絵の間のコマを補完する動画なら、それほど高い技術力は求められませんが、原画を描くにはかなりの画力が必要です。

アニメーターの口コミ年収

元社員の年収の口コミを取り上げています。

20代・元アニメーター(女性)の口コミ

「動画マンをやっていた時期は、月収は6万円程度で生活は苦しかったです。
お金が続かなくて辞めてしまいましたが、ときどき描いていて本当におもしろい作品に出合えるので、やりがいはありました。
これからアニメーターになろうとしている人は、数年間お給料をもらえなくても生活できるくらいのお金を貯めてから挑戦したほうがいいと思います。」

20代・現役アニメーター(男性)の口コミ

「動画は1枚180円~250円です。難易度の高い動画がまわってくると稼げなくて苦労しました。
いまの給与は10万円前後。
若いうちはムリがききますが、これからが不安です。
原画をやれるようになれば、もっと収入が増えるので今はガマン。ジブリや東映など、福利厚生のある一部の大手がうらやましいです。」

エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収

▲このページのトップへ戻る