東京エレクトロンの年収

東京エレクトロンに興味がある方のための基礎知識

東京エレクトロンの年収は824万円でした!(有価証券報告書調べ)

東京エレクトロンの年収は、有価証券報告書調べで824万円でした。(ここ10年間の平均)
年度別の年収推移を出してみると
平成23年832万円
平成22年710万円
平成21年887万円
平成20年1102万円
ここ10年での平均年収推移は594万円~1102万円となっています。
平成20年度が1000万円を優に超えている所を見ると、年収は非常に高く、平均年収としても824万円と十分に高い数字が出ている事が分かります。
年収のランキングを見ても同業界中では10位以内に入り、他企業平均と比較しても300万円以上高い事が分かりました。

東京エレクトロンの年代別年収を詳しく解説!

東京エレクトロンの推定年代別年収を口コミや有価証券報告書、データを基に算出しました。
30代は628万円。
40代は889万円。
50代は982万円。
と推定されています。
年収の上昇率としては全体的に高く、他企業平均よりも非常に高い事が分かりました。
特に東京エレクトロンは入社10年目での年収がとても高いという口コミがあり、30~40代の年収は他企業と比べても非常に高いそうです。

スポンサーリンク

東京エレクトロンの推定生涯年収

東京エレクトロンの生涯推定年収は3億5432万円です。
この数字はここ10年の平均年収から推定を算出しましたが、2003年の504万円から推測すると2億1672万円、2008年度の年収からは4億7386円と推定され、2億5千万円以上の差が出ることが分かりました。
生涯年収で比較すると、とても幅がありますが、年収は上昇傾向にあります。

東京エレクトロンの採用情報を解説

東京エレクトロンの新卒の初任給は、
28万7700円(大卒)
26万6300円(修卒)
となってました。(平成23年度)
新卒の初任給としてはかなり高い部類に入ります。
東京エレクトロンの選考は面接と適性試験となっており、面接の対策を十分にとっておく必要があると思います。
面接に関しての口コミを調べてみたところ、質問された内容として、志望動機や技術に対しての考え(認識など)の他に、面接で一般的に多く聞かれる内容、例えば、やりたい事や将来などが聞かれるそうです。

東京エレクトロン東北と九州の年収は本社と一緒?

東京エレクトロンの東北や九州といったグループ会社の年収は本社と比較しても差が大きいという口コミが多く、実際に公開されている方の年収を両社で比較してみると、同じ役職でも年収は100万円以上の差が出ていました。

東京エレクトロンはブラック企業ランキングに入っている理由は?

東京エレクトロンはブラック会社だという口コミが多いのですが、その理由として残業時間が多い事が挙げられます。
もちろん残業のない企業はほとんどないと思いますが、比較的多いということはいえるかもしれません。
残業が多い分残業代はつくようです。
それ以外に企業としては待遇もいいし、やりがいもある会社だという評判も高い企業です。
それぞれ個々の価値観によって捕らえ方は違ってきますが、一般的にいうブラック企業(労働基準法を無視している会社)とはいえないようです。

元東京エレクトロン社員のクチコミ年収

20代 開発

年収400万円 年功序列の色彩が強い給与体系にはなっているが、近年少しづつ成績が反映されるようになってきている。

35歳 設計

年収620万円 報酬はまあまあだと思います。能力主義で決定されます。

スポンサーリンク

工業系企業の年収をまとめた企業一覧

工業系企業などの年収や給料、採用情報等色々まとめました。

▲このページのトップへ戻る