川崎重工の年収

川崎重工に興味がある方のための基礎知識

川崎重工の年収は682万円でした!(有価証券報告書調べ)

川崎重工の年収は、有価証券報告書調べで682万円でした。
年度別の年収推移を出してみると
平成23年660万円
平成22年647万円
平成21年638万円
平成20年688万円
ここ10年での平均年収推移は638万円~711万円となっています。

川崎重工の年収は他企業の平均よりもわずかに高いというデータが出ており、2007年の年収は他企業平均よりも数万円高い程度ですが、2010年は20万円ほど差が出ています。
この年はリーマンブラザース破たんなど経済的に落ち込んだ時期でもありましたが、減少率はそれ程大きくなかったといえます。
年齢別の給料の上昇率を見てもほとんど企業平均とほぼ変わらず、平均的な年収だということが分かりました。

川崎重工の年代別年収を詳しく解説!

川崎重工の推定年代別年収を口コミや有価証券報告書、データを基に算出しました。
30代は535万円。
40代は651万円。
50代は721万円。
と推定されています。
年代別の上昇率としても他企業平均とそれほど変わらないというデータが出ています。
全体的に川崎重工の方が10万円前後上回っていますが、同業界平均として比較するともう少し差が出ており、高くなっています。

スポンサーリンク

川崎重工の推定生涯年収

川崎重工の生涯推定年収は平均年収の682万円から算出しても、2億9326万円となっており、ここ10年間の推移から算出すると2億7434万円~3億573万円と推定されます。
生涯年収として比較すると他企業平均よりも高く感じますが、実際には非常に平均に近い年収だとされています。

川崎重工の採用情報を解説

新卒の初任給は
22万8500円(大卒)
20万5500円(修卒)
となっていました。(2011年)
川崎重工の採用情報によると、求める人材像はチームとして活動する中で社員同士が切磋琢磨できるような人を求めているという事です。
選考方法はエントリーシート、面接などが行われるそうですが、志望動機を質問されたという口コミが多く、「なぜ川崎重工なのか?」という質問には答えられるようにしておくと良いと思います。

川崎重工明石工場の特徴と年収を詳しく解説!

川崎重工の明石工場では二輪車や汎用ガソリンエンジン、四輪バギー車、ジェットスキーの部品などを扱っています。
その他にも溶接用等のロボットやジェットエンジン、産業用ガスタービンの生産にも携わっています。
年収に関する口コミは様々で、募集情報には月給18万3000円となっていましたが、最低保証額という事なので役職や能力に応じて変動するものと思われます。

川崎重工の強みを詳しく解説!

川崎重工の強みとしては自動車や運送用機器業界の中で幅広い製品を扱っている点だと思います。
また宇宙事業にも携わり、造船、航空機にも携わっている中、鉄道車両は日本国内でトップ、二輪車は国内4位となっています。
そして、大卒の場合は30~40代で管理職に就く人もいるという口コミが多く、やりがいも十分にある企業だと思います。

元川崎重工社員のクチコミ年収

30代 営業

年収650円
評価ですが、年功序列が根強いとしかいえません。
しかし、しっかりと評価してくれるところはしてくれるので、安心してもいい。

20代 技術職

年収550円
報酬額については不満はありません。
普通に仕事をしていれば課長クラスまでは出世できます。

スポンサーリンク

工業系企業の年収をまとめた企業一覧

工業系企業などの年収や給料、採用情報等色々まとめました。

▲このページのトップへ戻る